« 香りの行商日記 | Main | おっさんアロマの講師で名古屋に行く »

April 28, 2007

香りの図書館主催セミナー参加

昨日、香りの行商のあとに香りの図書館主催のセミナー、 エビデンスにもとづいたアロマセラピー:アロマファーマコロジーの可能性、講師 桜井 弘 京都薬科大学 教授に行ってきました。最近、精油の薬理的なことに興味をもっています。先日、薬物動態がのことを知りました。薬がどのようにして体内に吸収、拡散、排泄されるかについての学問のようです。このことを知ることによって精油の成分がどのようにして体にたいして作用するのかが分かるんではないかと素人ながら思いました。薬学の先生の話を聞いてみたいと思ってました。

セミナーでエビデンスを元に精油の活性酸素の消去能力の説明。ラベンダー精油の皮膚機能。最後に活性酸素を消去する精油が見つかったと精油名とその主要成分名をあげて説明したいただきました。とても参考になりました。文献を翻訳するのにも役に立ちました。とても良いセミナーでした。これからの精油の薬理的に説明していただけるセミナーがあると良いです。

|

« 香りの行商日記 | Main | おっさんアロマの講師で名古屋に行く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/14877827

Listed below are links to weblogs that reference 香りの図書館主催セミナー参加:

« 香りの行商日記 | Main | おっさんアロマの講師で名古屋に行く »