« 香りの図書館主催セミナー参加 | Main | 精油化学成分の抗炎症作用 »

April 29, 2007

おっさんアロマの講師で名古屋に行く

今日は名古屋に行きセミナーの講師をさせていただきました。先日、セミナーで知り合いのアロマセラピストの方にあったら名古屋に来てセミナーの講師をお願いしますと言われました。アロマセラピーに関する話をしてくださいとのことでした。

それなら以前勉強会で話しをしたキャリアオイルに関しての話をしますと伝えました。内容は圧搾から精製までの過程の説明。飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸の特徴。必須脂肪酸とプロスタグランジンの生理活性。必須脂肪酸の
体内代謝、プロスタグランジン、炎症、非ステロイド炎症剤、ステロイド炎症剤。オメガ-6とオメガー3に関しての説明。

そのほかに資料による東洋医学の木、火、土、金、水に関しての簡単な説明。光の波長、色、精油、分泌線、つぼ、惑星、音階などを表にしたものを説明。

脱線しながら過去の経験、勉強したことを基づき説明させていただきました。主催者の方の配慮によりフィトアロマ精油紹介の時間をとっていただいたのでマニアックな精油を嗅いでいただきました。

参加していただいた方は全部で13名のアロマセラピストの方でした。最後まで聞いて頂き本当にありがとうございました。ブログでいろんな文献を翻訳したことなどがとてもセミナーで説明するときに役に立ちました。

アロマセラピストさんと直接話しができたことによってどのような情報を必要としてるかがすこし解ったのでそれに関した情報を集めたいと思ってます。

セミナーの講師の機会を与えていただいたおかげで自分自身もとても勉強になりました。また、自分の話を聞いていただけたことが自分にとってうれしかったです。

名古屋に行く前はすこし不安になり主催の方に自分は正式にアロマの勉強をしたわけでなくアロマの学校で働いていたので勉強しただけて何の資格も持っていません。他の講師の先生のように上手く話せないかの知れないと
説明したら独演会でも良いと言われて安心しました。

主催者の方によると参加者の方には満足していただいたみたいです。次回はテーマを絞ってセミナーを企画していただけることになってます。テーマを頂次第情報を集め、関連する書籍を集めて万全を期したいと思ってます。テーマが自分にとって刺激になると思います。ブログの場を借りて、知らないおっさんのセミナーに参加していただた方に感謝を申し上げます。

|

« 香りの図書館主催セミナー参加 | Main | 精油化学成分の抗炎症作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/14891700

Listed below are links to weblogs that reference おっさんアロマの講師で名古屋に行く:

« 香りの図書館主催セミナー参加 | Main | 精油化学成分の抗炎症作用 »