« 緑茶(グリーンティー)精油発売 | Main | 香りの行商日記・渋谷 »

May 23, 2007

アーユールヴェーダ精油フユサンショウ

アーユールヴェーダ精油フユサンショウ

以前にも書きましたが精油には沢山の名称があります。アーユールヴェーダー、漢方、アロマセラピーによってひとつの植物名称が違っています。別々の本を読んでみるとそれぞれの名称の関連性は記述していないです。そのために取り扱う医学によって違うので別々の精油とおもうことがあります。

“アーユルヴェーダとアロマテラピー”の本を読んでいたら、トリフォリアの精油がフィトアロマ研究所販売精油フユサンショウであることがわかりました。この精油にかんしては情報が少なくて利用方法がよくわかりませんでした。

“アーユルヴェーダでは便秘に効くと記載されていました。

トリフォリア Torifolia

別名:Tumru トゥムルまたはチャイニーズ・ワイルドペッパー

このオイルは棘のあるトネリコのヒマラヤ種の種の実から作られます。アーユルヴェーダではこれを便秘に使います。私はインド人の師(彼は今年100歳です)からこれを初めて紹介されました。私は旅すると便秘がちになるため、彼が特別にこれを蒸留してくれました。お腹に塗ると効果があります。また内服すると胃腸系の腸内細菌の異常に、外服として皮膚感染症に効きます。これを他とブレンド液として使う時には非常に強力なので少量で始めることを忘れないでください。心を落ち着かせ、集中力を高め、温め、精神を明晰にしてくれます。ブレンド液はさらにフレシュにクリーンなトーンにしてくれます。

作用:消毒、抗菌、鎮痛

組織:血漿、消化器系、神経

効能:便秘、真菌感染症、寄生虫症

注意:炎症、腫脹、下痢の時には使わない

使用方法:湿布、マッサージオイル、アロマランプ、ローション

相性のよい精油:ラベンダー、ゼラニウム、シナモン、クローブ、ローズウッド、ベルガモット、サンダルウッド

“アーユルヴェーダとアロマテラピー” フレグランスジャーナル社より

フユサンショウ精油

The Nepalese Xanthoxylum essential oil has many aromatherapeutic uses. It is commonly known as Prickly Ash. The essential oil is obtained by steam distillation of the dried fruits of Xanthoxylum armatum. It is a fluid liquid in appearance and of light yellow colour.

ネパールのフユサンショウオイルは多くのアロマセラピー治療使用があります。通常山椒として知られています。エセンシャルオイルはフユサンショウの乾燥果実の水蒸気蒸留によって得られます。外見は液体で淡黄色です。

Nepalese Xanthoxylum essential oil has a refreshing, pleasant and spicy aroma. The oil is rich in linalool, and also contains limonene, methyl cinnamate and cineole. It possesses strong anti-infectious characteristics with a sedative effect on the body. It is commonly used for arthritic conditions. The oil is considered to be carminative and stomachic.

ネパールのフユサンショウオイルはリフレッシングで心地良よいスパイシーな香りです。身体への鎮静作用があり強力な抗感染特性を持っています。通常関節炎症状に使用されています。このオイルは駆風および胃刺激の作用があると考えられています。

However, the most effective action of this oil is within the circulatory system. It works well on chilblains, cramp in the legs, varicose veins and varicose ulcers. Due to its stimulating effect upon the lymphatic system, circulation and mucous membranes, it can play an important role in clinical aromatherapy.

しかし、このオイルの最も効果的な作用は循環器系にあります。霜焼け、足の痙攣、静脈瘤および静脈瘤性潰瘍に優れた効果があります。リンパ系、循環および粘膜への刺激効果のため臨床アロマセラピーにおいて重要な役割を果たすことができます。

上記フィトアロマ研究所ブログより

フユサンショウ エセンシャルオイル・精油

フユサンショウ精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

フユサンショウ精油の香りはうなぎ弁当にみかんが入っているような香りとお客様が言っていました。便秘によいのなら同じく便秘に良いスパイクナード精油とブレンドしてみたらもっと効果があるかもしれません。アーユルヴェーダ関連の精油に関して調べてみたいです。


|

« 緑茶(グリーンティー)精油発売 | Main | 香りの行商日記・渋谷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/15178721

Listed below are links to weblogs that reference アーユールヴェーダ精油フユサンショウ:

» インドエステ [インドエステ]
インドでは、アーユルヴェーダというサンスクリット語で【生命の科学】を意味するインドの伝統的学問が現在でも信頼されています。日本でいうインドエステとは、別名渾身エステともいい、アーユルヴェーダの考え方から生まれたボディケアのことをいい、インドエステサロンではオイルマッサージのことをいいます。... [Read More]

Tracked on May 31, 2007 at 09:20 PM

» ネパール アーユルベーダについて [アーユルベーダ情報サイト]
<インド・ネパール画像>インド食べ物・サモサそういう人はたいてい、アーユルヴェーダに基づく健康の話をしてくれる。 どんな野菜が体をあっためてくれて、疲れたときはこの野菜がいいとかそんなこと。 そしてもちろん野菜は新鮮なものに限る。 そういう話を聞くのは楽しか..... [Read More]

Tracked on July 13, 2007 at 06:58 AM

« 緑茶(グリーンティー)精油発売 | Main | 香りの行商日記・渋谷 »