« 限定販売特価精油:アロマショップ フィトアロマ研究所 | Main | 精油成分のリナロールおよび酢酸リナリルの抗炎症作用 »

June 12, 2007

創傷ケア疼痛軽減にアロマセラピー&音楽療法

Nursing management of wound care pain

創傷ケア疼痛の看護管理

PUBMEDより

1: Hu Li Za Zhi. 2007 Jun;54(3):87-91

Chin YF.

School of Nursing, Chang Gung University, ROC. yenfan@mail.cgu.edu.tw.

看護学科、私立長庚大学、台湾

Wound care is an important step in promoting wound healing, but it may cause wound care pain. This article aims to explore factors influencing wound care pain and the effectiveness of various interventions to alleviate it.

創傷ケアは創傷治癒の促進における重要な一歩であるが、それには創傷ケア疼痛を引き起こすことがある。本論文は、創傷ケア疼痛および創傷緩和の様々な介入の有効性に影響する要因を研究することを目的とする。

wound healing 創傷治癒

Five major factors that influence wound care pain include inappropriate dressing change techniques, inflammation response, emotion, cognition, and social-cultural factors.

創傷ケアに影響する4つの主要な要因は、不適切な包帯交換テクニック、炎症反応、感情、認知、および社会文化的要因などである。

Nurses should apply appropriate dressings and dressing change techniques to relieve wound care pain. Music therapy and aromatherapy can alleviate wound pain after dressing change. But distraction techniques should be used in conjunction with consideration of the needs of the individual subject.

看護師は、創傷ケア疼痛を緩和するために適切なドレッシングと包帯交換テクニックを適用しなければならない。音楽療法およびアロマセラピーは包帯交換後の創傷痛を軽減することができる。しかし、注意転導の手段が個々の被験者の必要性を考慮して使用されるべきである。

dressing 創被覆材、ドレッシング
distraction 注意転導

PMID: 17554674 [PubMed - in process]

関連ブログ

包帯交換時香りおよび音楽の鎮痛作用

褥瘡管理における自然療法

ホリスティック看護疼痛管理

ホーリーバジル抽出物の創傷治癒作用

疼痛緩和ためのアロマセラピー


Clinical Aromatherapy、臨床アロマセラピー雑誌について

アロマ創傷ケア、International Journal of Clinical Aromatherapyより

アロマ創傷ケアに良く使用される精油としてヘリクリサムがあります。

ヘリクリサム(イモーテル)3mlのご用命は アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« 限定販売特価精油:アロマショップ フィトアロマ研究所 | Main | 精油成分のリナロールおよび酢酸リナリルの抗炎症作用 »

Comments

うちの病棟に、未だかつて見たことがないじょく創の患者さんがいます。
日夜処置に取り組んでいますが、栄養状態が悪く、改善しません。
身体も痛いですし。

Posted by: takako | June 13, 2007 at 07:51 AM

IJCA雑誌の創傷ケア特集によると,じょく創の要因として栄養不良が出ていました。創傷ケアにフローラルウォーター、精油、植物油、蜂蜜、クレー、アロエベラなどの有効性が掲載されています。実際に病院にて看護に使用された症例が出ています。

また、クリニカル・アロマテラピー著者ジェーン・バックルの最新本AROMADERMATOLOGY・アロマ皮膚科学にはWOUND CARE(創傷ケア)の項目があります。

これらの記事を読んでみると素人ながらアロマセラピーがじょく創管理で使用できるかとおもいます。海外の病院などでは創傷ケアに一部アロマセラピーを取り入れています。

日本でも創傷ケアにアロマセラピーが取り入れられると良いと思っています。

Posted by: フィトアロマ研究所 | June 13, 2007 at 01:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/15410683

Listed below are links to weblogs that reference 創傷ケア疼痛軽減にアロマセラピー&音楽療法:

« 限定販売特価精油:アロマショップ フィトアロマ研究所 | Main | 精油成分のリナロールおよび酢酸リナリルの抗炎症作用 »