« コメント入力がエラーになる | Main | プチグレインマンダリン5ml精油新発売 »

June 24, 2007

ラベンダー精油と術前不安減少の研究

Aromatherapy and reducing preprocedural anxiety: A controlled prospective study.

アロマセラピーおよび術前不安減少:対照前向き研究

preprocedural :術前
controlled prospective study:対照前向き研究

PUBMEDより

1: Gastroenterol Nurs. 2006 Nov-Dec;29(6):466-71

Muzzarelli L, Force M, Sebold M.

Delnor-Community Hospital, Geneva, Illinois 60134, USA. lorie.muzzarelli@delnor.com

The purpose of this study was to evaluate the use of aromatherapy to reduce anxiety prior to a scheduled colonoscopy or esophagogastroduodenoscopy.

本研究の目的は予定された大腸内視鏡検査または食道胃十二指腸鏡検査法前の不安を減少するためのアロマセラピー使用を評価することになっていた。

colonoscopy 大腸内視鏡検査
esophagogastroduodenoscopy 食道胃十二指腸内視鏡検査

A controlled, prospective study was done on a convenience sample of 118 patients. The "state" component of the State Trait Anxiety Inventory (STAI) was used to evaluate patients' anxiety levels pre- and postaromatherapy.

対照、前向き研究は患者118人の簡易サンプルで行われた。状態不安・特性不安尺度(STAI)の“状態”要素がアロマセラピー使用前および使用後の患者不安レベルを評価するのに用いられた。

convenience sample 簡易サンプル
State Trait Anxiety Inventory (STAI) :状態不安・特性不安尺度

The control group was given an inert oil (placebo) for inhalation, and the experimental group was given the essential oil, lavender, for inhalation.

対照郡には吸入のために不活性オイル(プラセボ)が与えられて、実験郡には吸入のためにラベンダー精油が与えられた。

inert :不活性の

The STAI state anxiety raw score revealed that patients were at the 99th (women) and 96th (men) percentiles for anxiety. The intervention group and the control group had similar levels of state anxiety prior to the beginning of the study (t[116] = .47, p = .64).

状態不安・特性不安尺度の素点は、患者が不安に対して99th(女性)と96th(男性)のパーセンタイルであることが明らかになった。介入群と対照群には、本研究(t[116]= .47、p = .64)の開始前の状態不安は同レベルであった。

raw score 素点
percentile :パーセンタイル値

There was no difference in state anxiety levels between pre- and postplacebo inhalation in the control group (t[112] = .48, p = .63). There was no statistical difference in state anxiety levels between pre- and postlavender inhalation in the experimental group (t[120] = .73, p = .47).

対照群(t[112]= .48、p = .63)において、プラセボの吸入前および吸入後との間には状態不安レベルの相違はなかった。実験群(t[120]= .73、p = .47)において、ラベンダー精油の吸入前および吸入後との間には状態不安レベルの当為系的相違はなかった。

Although this study did not show aromatherapy to be effective based on statistical analysis, patients did generally report the lavender scent to be pleasant. Lavender is an inexpensive and popular technique for relaxation that can be offered to patients as an opportunity to promote preprocedural stress reduction in a hospital setting.

本研究はアロマセラピーが統計解析に基づいて効果的であることを示さなかったけれども、患者は概してラベンダーの香りが心地よいと報告した。ラベンダーは安価でリラックスのための人気ある方法なので病院で術前ストレス減少促進の機会として患者に提供することができる。

PMID: 17273013 [PubMed - indexed for MEDLINE

術前に香りを提供することによって不安が少しでも減少すれば手術の処置にも良い効果があるのではないかと思います。病院の一寸した気遣いによって患者が和むと思います。関連ブログ

術後の吐き気および嘔吐:ジンジャーエセンシャルオイルで予防

フィトアロマ研究所「癒しフェア」に出展・2007年7月28日・29日(土日)

|

« コメント入力がエラーになる | Main | プチグレインマンダリン5ml精油新発売 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/15548608

Listed below are links to weblogs that reference ラベンダー精油と術前不安減少の研究:

» 胃潰瘍 [胃潰瘍]
胃潰瘍は多くの人を苦しめています胃潰瘍についてのブログです [Read More]

Tracked on June 25, 2007 at 12:17 AM

« コメント入力がエラーになる | Main | プチグレインマンダリン5ml精油新発売 »