« 創傷ケア疼痛軽減にアロマセラピー&音楽療法 | Main | 杏の実ジャムとらっきょう漬け »

June 13, 2007

精油成分のリナロールおよび酢酸リナリルの抗炎症作用

Anti-inflammatory activity of linalool and linalyl acetate constituents of essential oils.

精油成分のリナロールおよび酢酸リナリルの抗炎症作用

PUBMEDより

1: Phytomedicine. 2002 Dec;9(8):721-6.

Peana AT, D'Aquila PS, Panin F, Serra G, Pippia P, Moretti MD.

Dipartimento di Scienze del Farmaco, Universita degli Studi di Sassari, Sassari, Italy. apeana@ssmain.uniss.it

Linalool and linalyl acetate are the principal components of many essential oils known to possess several biological activities, attributable to these monoterpene compounds.

リナロールと酢酸リナリルは、モノテルペン化合物に起因するいくつかの生物活性を有することで知られている多くの精油の主要成分である。

In this work, we evaluated individually the anti-inflammatory properties of (-) linalool, that is, the natural occurring enantiomer, and its racemate form, present in various amounts in distilled or extracted essential oils.

本研究において、個々に抗炎症性特性を評価したL体リナロール、すなわち、蒸留または抽出された精油にさまざまな量存在する自然発生の光学異性体、およびそのラセミ体である。

enantiomer :光学異性体 、互いに重ならない鏡像である分子種の対の一方
racemic form: ラセミ体

Because in the linalool-containing essential oils, linalyl acetate, is frequently present, we also examined the anti-inflammatory action of this monoterpene ester.

リナロール含有精油に酢酸リナリルがしばしば存在しているために、また、このモノテルペン エステルの抗炎症作用を調べた。

Carrageenin-induced edema in rats was used as a model of inflammation. The experimental data indicate that both the pure enantiomer and its racemate induced, after systemic administration, a reduction of edema.

カラゲニン誘発浮腫が炎症のモデルとして使用された。実験データは、純品の光学異性体およびそのラセミ体が、全身投与の後、浮腫の減少を誘発したことを示す。

Carrageenin :カラゲニン(起炎物質)

Moreover, the pure enantiomer, at a dose of 25 mg/kg, elicited a delayed and more prolonged effect, while the racemate form induced a significant reduction of the edema only one hour after carrageenin administration.

さらに、純品の光学異性体は、25mg/kgの量で、遅延および多くの持続作用を引き出して、一方、ラセミ体は、カラゲニン投与のわずか1時間後に大幅に浮腫の減少を誘発した。

At higher doses, no differences were observed between the (-) enantiomer and the racemate; a further increase in the dose of both forms did not result in an increased effect at any time of observation.

高用量で、(-)光学異性体とラセミ体との間では相違は観察されなかった。両方の形態で更なる投与量増加はどの観察時間で増加作用をもたらす結果にならなかった。

The effects of equi-molar doses of linalyl acetate on local edema were less relevant and more delayed than that of the corresponding alcohol.

局所浮腫に対する酢酸リナリルの等モル容量作用は関連性は薄くて対応するアルコールの作用よりさらに遅かった。

These finding suggest a typical pro-drug behavior of linalyl acetate. The results obtained indicate that linalool and the corresponding acetate play a major role in the anti-inflammatory activity displayed by the essential oils containing them, and provide further evidence suggesting that linalool and linalyl acetate-producing species are potentially anti-inflammatory agents.

これらの研究結果は酢酸リナリルの典型的なプロドラッグ作用を示唆している。得られた結果は、リナロールおよび対応の酢酸はそれらの成分含有の精油によって示されている抗炎症作用で主要な役割を演じていることをしめし、さらなる証拠がリナロールおよび酢酸リナリルを産生する植物種は抗炎症作用の可能性があることを提供している。

PMID: 12587692 [PubMed - indexed for MEDLINE]

化学論文の翻訳は難しいです。化学のことをまだよく理解できていないのに翻訳しているからです。意味が良く理解できてなくて翻訳してますがなんどもお目にかかることによってある日突然理解できることを思いながら訳してます。専門家の方で気がついたことがありましたらコメントいただけるとありがたいです。

リナロールおよび酢酸リナリル含有のラベンダー精油はアロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« 創傷ケア疼痛軽減にアロマセラピー&音楽療法 | Main | 杏の実ジャムとらっきょう漬け »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 精油成分のリナロールおよび酢酸リナリルの抗炎症作用:

« 創傷ケア疼痛軽減にアロマセラピー&音楽療法 | Main | 杏の実ジャムとらっきょう漬け »