« ローズマリーベルベノン5ml精油・コルシカ産 | Main | 肉、甘味乳がん発症リスク促進 »

July 12, 2007

ストレス記憶低下に関係

Stress Linked to Memory Decline

 ストレス記憶低下に関係

Worry, anxiety or depression may lead to mild cognitive impairment, study says.

心配、不安またはうつ病は軽度認知機能障害につながる可能性があるとの研究報告

Memory Decline 記憶低下

If you want your mind to stay healthy into your golden years, don't worry, be happy.

心が健康で黄金期を過ごしたいならば、心配するな、ハッピーになれ。

That could be the message of new research that shows those prone to worry, anxiety or depression are more likely to develop mild cognitive impairment (MCI), a condition often considered a precursor to the more-debilitating Alzheimer's disease.

そのことは、心配、不安またはうつ病に罹りやすい人々は、慢性消耗性アルツハイマー病の前兆と考えられていることが多い症状、軽度認知機能障害を発症する可能性高いことを示す新研究のメッセージであるかもしれない。

mild cognitive impairment (MCI):軽度認知機能障害

"MCI is now recognized as a very early sign of incipient Alzheimer's disease," said Robert S. Wilson, lead author of the study and a neuropsychologist at the Rush Alzheimer's Disease Center in Chicago. "We found that among healthy elderly people without evidence of cognitive dysfunction at the beginning of the study, chronic distress predicted the development of MCI."

軽度認知機能障害「MCIは、現在、初発性アルツハイマー病の最も初期徴候と認められる」と、Robert S. Wilsonは述べています。彼は本研究の指導著者で米シカゴのラッシュ大学医学センターアルツハイマー症センターの神経心理学者です。「本研究の初めに認知機能障害の所見のない健常な高齢者の間で、慢性的苦痛が軽度認知機能障害(MCI) の発病を予測したことを発見した。」

Rush Alzheimer’s Disease Center at Rush University Medical Center :ラッシュ大学医学センターアルツハイマー症センター
cognitive dysfunction :認知障害

"This is consistent with 20 years of literature on the subject," added Dr. Sam Gandy, chairman of the Alzheimer's Association's medical and scientific advisory council and director of the Farber Institute for Neurosciences at Thomas Jefferson University in Philadelphia.

「このことは被験者にたいしての20年の文献と整合している」と、Dr. Sam Gandyは述べた。彼は米国立アルツハイマー病協会医学・科学審議会の会長でフィラデルフィアのトーマスジェファーソン大学Farber神経科学研究所の所長でもあります。

But moving from these findings to knowledge that can really help individuals could be problematic.
しかし、これらの研究結果から本当に個人に役に立つことができる知識までになることは問題を含むことがありうるだろう。

"Quantifying stress is like quantifying mental activity," Gandy said. "These are things that are very difficult to standardize and quantify and measure from one human to the next. It's a big challenge to get to something specific."

「ストレスを定量化することは、精神活動を定量化するようである」と、Gandyが言った。
これらは標準化して定量化するのが極めて困難であるものである人間から次の人間までの計測であります。特定の何かを始めることは大きいチャレンジである。」、

"The most important implications are down the road," Wilson added.

「最も重要な意味することは将来のことである」とWilsonが付け加えた。

For now, even stressed people shouldn't get more stressed by the research, another expert advised.

今のところ、ストレスを受けた人々さえ調査によってよりストレスを受けたはずでなかった他の専門家はアドバイスした。

"Fifty percent of individuals who have mild cognitive impairment do not go on to develop dementia," said Dr. Gary J. Kennedy, director of geriatric psychiatry at Montefiore Medical Center in New York City. "It's not what's called a stable, highly reliable diagnosis. People should not be alarmed by the study."

「軽度認知障害である50パーセントの被験者個人は認知症を発症していないと、ニューヨーク市、モンテフィオーリ医療センター、老人精神医学責任者Dr. Gary J. Kennedy博士は述べた。「安定した極めて高い信頼性がある診断と呼ばれていることではないです。人々は本研究に驚いていてはならない。

geriatric psychiatry 老年精神医学

The study findings are published in the June 12 issue of Neurology.

本検査結果は6月12日発行のNeurology(神経学)に掲載されます。

Wilson and his colleagues had hypothesized that distress might play a role in the beginnings of Alzheimer's.

Wilsonらは、苦痛がアルツハイマー病の始まりで役割を果たすかもしれないと仮定した。

The authors used data from two larger studies -- the Religious Orders Study and the Memory and Aging Project -- to explore the relationship between psychological distress and mild cognitive impairment.

著者は、心理的苦痛と軽度認知障害の関係を調査するために、2つの大規模研究 ― 宗教の規則研究、記憶および加齢プロジェクト― からデータを使用した。

At the beginning of the study, 1,256 participants with no signs of cognitive impairment completed a test designed to assess how prone they were to distress and negative emotions. They were asked their degree of agreement with such statements as "I am not a worrier," "I often feel tense and jittery," and "I often get angry at the way people treat me."

本研究の始めに、認知機能障害の徴候のない1,256人の被験者は、苦痛およびネガティブナ感情にどのくらいかかりやすいか評価する検査を完了した。「心配性の人でない」、「緊張することが多くて神経質であると感じる」および「私に対する態度に怒ることが多い」などの記述への同意度が尋ねられた。

Participants were further evaluated every year for 12 years.

被験者は12年間毎年更に評価された。

During that time, 482 people -- 38 percent -- developed mild cognitive impairment.

その期間の間に482人 ― 38パーセントの被験者は軽度認知障害を発症した。

Those who most often experienced negative emotions were more than 40 percent more likely to develop mild cognitive impairment than those who were least prone to these emotions. This suggests that chronic psychological distress is a risk factor for mild cognitive impairment, the researchers said.

ネガティヴな感情を最も多く体験した人々はこれらの感情に最も罹りにくい人々より40パーセント以上、軽度認知障害を発症する可能性があった。このことは慢性精神的苦痛が軽度認知障害に対する危険因子であることを示唆すると研究者が述べた。

psychological distress 精神的苦痛

And the findings were independent of depression. "We do think depression is somehow associated with an increased risk of dementia, but this [study] controlled for depression," Kennedy said.

そして、研究結果はうつ病と無関係であります。「うつ病がどうも認知症のリスク増加と関係していると思いますが、この[研究]がうつ病に対して管理した。」と、Kennedyが言った。

It's unclear why this might be the case.

このことが何故そうなるのかは不明である。


考えたこと

この記事で如何に感情が病気に関連しているかがわかりました。以前、ブログの記事で感情の処理が悪いとガンの発症原因になるとの記事を翻訳しました。感情に対する処理の仕方によって脳の病気に関連することを知りました。如何にストレスの処理が大事かがわかります。以前に脳の関連翻訳で女性慢性的なストレスに弱いと出ていました。毎日のストレスを香りによって解消することが大切かと思います。いやな感情を翌日にもたらさないためにもお風呂に精油を入れてリラックスする方法もあります。ラベンダーの香りで癒されましょう。

関連ブログ

癌および癌治療への東洋医学的視点(1) 癌の原因

女性は男性よりストレスに極めて敏感?


フィトアロマ研究所「癒しフェアvol4」に出展小間番号SA-24
・2007年7月28日・29日(土日)


|

« ローズマリーベルベノン5ml精油・コルシカ産 | Main | 肉、甘味乳がん発症リスク促進 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/15738888

Listed below are links to weblogs that reference ストレス記憶低下に関係:

« ローズマリーベルベノン5ml精油・コルシカ産 | Main | 肉、甘味乳がん発症リスク促進 »