« 東京都薬用植物園植物エキス入り化粧品教室 | Main | 呼吸器系問題,The International Journal of Clinical Aromatherapyより »

July 17, 2007

初のアルツハイマー病治療用皮膚パッチ(貼付)剤米国で認可

First Skin Patch To Treat Alzheimer's Approved In The US

The Swiss drug company Novartis announced today that its new product Exelon Patch has been approved by the US Food and Drug Administration (FDA) as the first skin patch for patients with mild to moderate Alzheimer's disease.

スイス製薬会社ノバルティスは、本日、新製品エクセロン パッチ剤が軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者ための初の皮膚パッチ(貼付)剤として米国食品医薬品局(FDA)の承認を得たと発表した。

Exelon Patch:エクセロン パッチ剤(経皮吸収型製剤)

The FDA also approved the product for the treatment of patients with mild to moderate Parkinson's disease dementia, a distinct and common disorder that affects 20 per cent of people diagnosed with Parkinson's.

また、FDAは、パーキンソン病と診断された患者20パーセントに影響する顕著で一般的障害、軽度から中等度パーキンソン病型認知症患者治療ための製品を認可した。

distinct disorder :顕著な障害

Exelon Patch maintains steady bloodstream levels of the the drug rivastigmine (a cholinesterase inhibitor) for 24 hours via a transdermal patch that is applied to the back, chest or upper arm of the patient.

エクセロン パッチ剤は、背中、胸部または患者の上腕に貼付による経皮吸収型製剤介して24時間アルツハイマー病治療薬のリバスチグミン(コリンエステラーゼ阻害剤)の持続的な血流濃度を維持します。

Rivastigmine:リバスチグミン(アルツハイマー病治療薬の1つである)

This method extends the drug's tolerability and its effectiveness over a wider range of patients, some of whom may not be able to take the oral capsule version because of the increased prevalence of gastrointestinal side effects often seen with cholinesterase inhibitors.

この治療方法はより広範囲の患者にわたって薬剤の忍容性および効果を延長させます。
一部の患者は、コリンエステラーゼ阻害薬に多くみられる消化器系副作用の罹患率増大のために経口用カプセル錠剤を服用できないことがあります。

cholinesterase inhibitors:コリンエステラーゼ阻害薬
gastrointestinal side effects:消化器系副作用

Novartis said that innovation wasn't just about developing new drugs but also about finding ways to deliver existing drugs in new ways to meet the needs of patients and caregivers.

ノバルティスは、革新とはただ新薬を開発することでなくて、患者および介護者の必要性に応ずる新しい方法で既存の薬剤を運ぶ方法を見つけることである言った。

The new therapy was tested in placebo-controlled clinical trials and improved Alzheimer patients' memory, ability to do everyday things and overall functioning. Also, compared with the oral capsule, the patch version resulted in three times fewer reported incidents of nausea and vomiting.

新治療はプラセボ対照臨床治験で検証されて、アルツハイマー患者の記憶、日常生活能力および全体の機能を改善した。また、経口のカプセルと比較して、パッチ剤は結果的に悪心および嘔吐の発症が3回より少ない報告があった。

placebo-controlled clinical trials プラセボ対照臨床治験

The trial was called the international IDEAL (Investigation of Transdermal Exelon in ALzheimer's disease) clinical trial and involved nearly 1,200 patients with mild to moderate Alzheimer's disease. The efficacy of the patch version of Exelon was similar the highest doses of the capsule version, being well tolerated by patients in the target dose of 9.5 mg per 24 hours.

治験は国際IDEAL臨床試験(アルツハイマー病におけるけい皮吸収剤エクセロンの調査)と呼ばれていて、ほぼ1,200人の軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者が関係した。エクセロンのパッチ剤の有効性は、24時間につき9.5mgの目標用量患者おいて忍容性が高くて、最高用量のカプセル剤と同等であった。

Investigation of Transdermal Exelon in ALzheimer's disease:アルツハイマー病におけるけい皮吸収剤エクセロンの調査

Novartis said the product should be available in US pharmacies soon. It was submitted for approval in the European Union late last year.

ノバルティスは、製品がすぐに米国の薬局で利用できなければならないと言った。昨年後半、欧州連合で承認のために提出された。

According to the clinical trial results, the patch was preferred by over 70 per cent of caregivers because it interfered less with their daily life, was easier to use and helped them follow the treatment schedule.

臨床治験結果によれば、パッチ剤は70%以上の介護者によって好まれた。日常生活に干渉が少なくて、使いやすくて投与スケジュール遂行に役に立った。

Approximately 18 million people worldwide have Alzheimer's, with more than 5 million of them in the US. This number is expected to reach 7.7 million by 2030.

世界ではおよそ1,800万人のアルツハイマー病患者がいて、そのうち500万以上が米国人です。この数字は2030年までに約770万人に達すると思われています。

Alzheimer's is a progressive degenerative disease of the brain that impairs memory, thinking and behaviour, robbing people of their ability to carry on with their everyday lives. It affects mostly people over 65 years old.

アルツハイマー病は記憶、思考および行動を損なう脳の進行性変性疾患で、人々から日常生活を遂行する能力を奪います。65歳以上大部分の人々に影響を及ぼす。

progressive degenerative disease 進行性変性疾患

Parkinson's is also a chronic, progressive neurological disorder that affects about 1.5 million people in the US, 20 per cent of whom have Parkinson's dementia, a distinct disorder that reduces memory, decision making, and attention.

また、パーキンソン病は米国人の約150万人に影響する慢性、進行性神経障害で、そのうち20%の米国人は記憶、意思決定、および注意を減少させる顕著な障害、パーキンソンの認知症であります。

Parkinson's dementia:パーキンソン病の認知障害
decision making 意思決定

考えたこと

以前ガン患者の疼痛管理のためのパッチ剤の話を聞く機会がありました。内服の鎮痛剤は消化器系に問題を起こすことが知られています。鎮痛剤を 処方されると必ず胃腸薬がついてきます。消化器系の障害を起こさないために疼痛管理にパッチ剤を使用して皮膚から有効成分を吸収させて効果を発揮すると聞きました。今回は、あるツハイマー病に関してのパッチ剤でした。

けい皮吸収に関して興味を持っています。皮膚を介して有効成分を体内に入れて疾患を治療することです。逆に皮膚に化学薬品などの悪いものが侵入すると皮膚に湿疹ができたりするのはこのけい皮吸収の考え方によるものだと思います。

アロマセラピーマッサージ、お風呂に精油を入れて入浴などは、嗅覚か成分が吸収されるが皮膚からも吸収されるのだと思います。温泉などはこれによって有効成分が入り健康によいのかもしれません。

精油の有効な化学成分に関して学ぶことによって、アロマセラピーマッサージによって体内に吸収させて、健康効果を上げることができるかもしれません。

昨日の植物エキスを塗布することによって皮膚の健康を保つことができると言ってました。皮膚に塗布することは本当に役にたつみたいです。植物の力を発見しましょう。

フィトアロマ研究所「癒しフェアvol4」に出展小間番号SA-24
・2007年7月28日・29日(土日)

|

« 東京都薬用植物園植物エキス入り化粧品教室 | Main | 呼吸器系問題,The International Journal of Clinical Aromatherapyより »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/15789754

Listed below are links to weblogs that reference 初のアルツハイマー病治療用皮膚パッチ(貼付)剤米国で認可:

« 東京都薬用植物園植物エキス入り化粧品教室 | Main | 呼吸器系問題,The International Journal of Clinical Aromatherapyより »