« 肉、甘味乳がん発症リスク促進 | Main | 癒しフェア2007入場券 »

July 14, 2007

閉経後女性で腹部脂肪および身体心像へのアロマセラピー・マッサージ効果

Effect of Aromatherapy Massage on Abdominal Fat and Body Image in Post-menopausal Women.

閉経後女性で腹部脂肪および身体心像へのアロマセラピー・マッサージ効果

body image:身体心像、ボディー・イメージ

PUBMEDより

1: Taehan Kanho Hakhoe Chi. 2007 Jun;37(4):603-12

Kim HJ.

Department of Nursing, Wonkwang Health Science College, Korea. jm8711@naver.com.
PURPOSE: The purpose of this study was to verify the effect of aromatherapy massage on abdominal fat
and body image in post-menopausal women.

目的
本研究の目的は、閉経後女性で腹部脂肪および身体心像へのアロマセラピー・マッサージ効果を証明することになっていた。

METHOD: A Non-equivalent control group pre-post test Quasi-experimental design of random assignment was applied. All subjects received one hour of whole body massage as treatment by the same researcher every week for 6 weeks. Participants also massaged their own abdomen two times everyday for 5 days each week for 6 weeks.

無作為割付けの不等価対照群事前・事後方法準実験計画法が適用された。全ての被験者は6週間、毎週同じ研究者によるトリートメントとして1時間のフルボディーマッサージ
を受けた。参加者も、6週間、毎週5日間、毎日2回自分自身の腹部をマッサージした。

random assignment:無作為割付け
quasi-experimental design 準実験計画法

The two groups used different kinds of oil. The experimental group used 3% grapefruit oil, cypress and three other kinds of oil. The control group used grapeseed oil.

2群は、異なる種類の精油を使用した。実験群は、3%のグレープフルーツ精油、サイプレス精油および他の3種類精油を使用した。対照群はグレープシード油を使用した。


Data was collected before and after the treatment using Siemens Somatom Sensation 4, a tape measure and MBSRQ. Data was analyzed by ANCOVA using the SPSS/PC+Win 12 Version.

データはSiemens Somatom Sensation 4(マルチスライスCT装置)、巻き尺と多次元的身体と自己関係質問表を用いてトリートメントの前および後に集められた。データは、SPSS/PC+Win 12 Versionを用いて共分散分析によって分析された。

Multidimensional Body-Self Relations Questionnaire (MBSRQ).;多次元的身体と自己の関係質問表
ANCOVA:共分散分析.

RESULT: Abdominal subcutaneous fat and waist circumference in the experimental group significantly decreased after aromatherapy massage compared to the control group. Body image in the experimental group was significantly better after aromatherapy massage than in the control group.

結果
実験群の腹部皮下脂肪および腹囲は、対照群と比較してアロマセラピー・マッサージ後有意に減少した。
実験群のボディー・イメージは、対照群よりアロマセラピー・マッサージ後極めて良好だった。

CONCLUSION: These results suggest that Aromatheapy massage could be utilized as an effective intervention to reduce abdominal subcutaneous fat, waist circumference, and to improve body image in post-menopausal women.

結論
これらの結果は、アロマセラピー・マッサージが腹囲、腹部皮下脂肪を減少させて、閉経後女性でボディー・イメージを改善するために効果的介入として利用できるかもしれないことを示唆しています。

abdominal subcutaneous fat :腹部皮下脂肪
waist circumference 腹囲

PMID: 17615482 [PubMed - in process]

関連ブログ

中年女性の腹部肥満にたいするアロマセラピーマッサージ有効性

トランス脂肪摂取でお腹の贅肉増大

フィトアロマ研究所「癒しフェアvol4」に出展小間番号SA-24
・2007年7月28日・29日(土日)

|

« 肉、甘味乳がん発症リスク促進 | Main | 癒しフェア2007入場券 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/15755035

Listed below are links to weblogs that reference 閉経後女性で腹部脂肪および身体心像へのアロマセラピー・マッサージ効果:

« 肉、甘味乳がん発症リスク促進 | Main | 癒しフェア2007入場券 »