« 癒しフェア2007入場券 | Main | 初のアルツハイマー病治療用皮膚パッチ(貼付)剤米国で認可 »

July 16, 2007

東京都薬用植物園植物エキス入り化粧品教室

今日、東京都薬用植物園主催の植物エキス入り化粧品教室に参加してきました。タイトルは「化粧品に配合される植物エキスのいろいろ」でカネボウ化粧品、基盤技術研究所の方がお話しました。

http://www.tokyo-eiken.go.jp/plant/yakuyo001.html

この会を知ったのはミクシーのコミュニティー“自家製☆植物エキス”の掲示板で知りました。植物エキスには興味があったので行くことにしました。

昔から日本では植物はスキンケア化粧品として椿油(油性軟膏・保湿)、ヘチマ水(化粧水、保湿)などに使用されてきました。

化粧品会社では、昔から使用されている植物に注目して、100%天然物から、天然素材配合のスキンケア化粧品を開発しています。薬用植物を見直して、カネボウ化粧品では植物エキスを使用して、ハリ・弾力(コラーゲン)、皮膚バリア機能(セラミド)、皮膚の水分調整(アクアポリン)、美白(ヒスタミン)に効果のある化粧品を開発していると説明していました。

また、皮膚の構造、機能についての説明し、これらの植物エキスがどのように作用するのかを説明してくれたので皮膚の機能に関しての勉強ができました。

この講演を聴いていて植物の力を知ることができました。植物のことを知り、その可能性を引き出すことによって皮膚の健康が保つことができると思いました。

後半は植物園のガイドさんによる園内見学がりました。薬用植物やそのたの植物の実物みて説明を受けました。

温室でイライランの花、ホホバの木を見ることができました。ちょうどいい具合にJasminum sambac. 和名, マツリカの白い花が咲いていました。匂いを嗅いでみたら精油のジャスミン サンバックと同じ香りがしました。

また、パピルスを見つけて名札を見たら学名:Cyperus papyrus Lでカヤツリグサ科と出ていたのでこれは販売中のナガルモタ精油、Cyperus scariousと同じ仲間だと知りました。

植物園で精油の元の植物を知ることはとても役に立ちます。精油を嗅いだときにイメージがたくさんわく感じがします。また、機会があったら植物園の講座に参加してみたいです。

フィトアロマ研究所「癒しフェアvol4」に出展小間番号SA-24
・2007年7月28日・29日(土日)

|

« 癒しフェア2007入場券 | Main | 初のアルツハイマー病治療用皮膚パッチ(貼付)剤米国で認可 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/15782622

Listed below are links to weblogs that reference 東京都薬用植物園植物エキス入り化粧品教室:

» 化粧水の選択 [化粧品と肌]
お化粧は、お肌の手入れに始まり、お肌の手入れで終わると言われるほど、お肌が命です。 そんなお化粧について色々考えてみました。 [Read More]

Tracked on July 21, 2007 at 05:45 PM

» 芸能人メイクのやり方 [芸能人メイクのやり方]
芸能人のメイクや、人気の女優メイクを真似してあなたも憧れの芸能人に近づきませんか? [Read More]

Tracked on August 11, 2007 at 03:33 AM

« 癒しフェア2007入場券 | Main | 初のアルツハイマー病治療用皮膚パッチ(貼付)剤米国で認可 »