« ゆりのつぼみの水滴を飲む蝶 | Main | フィトアロマ研究所癒しフェアvol.4小間番号SA-24 »

July 05, 2007

アルツハイマー病前兆嗅覚の衰え

Problems Smelling predict Alzheimers disease

匂い識別障害でアルツハイマー病予測

Problems identifying common odors among older adults may be associated with an increased risk of developing mental impairment, such as Alzheimer’s disease, say researchers in an article published in the Archives of General Psychiatry.

高齢者で一般的な匂いの特定に問題がある人はアルツハイマー病などの精神障害発症リスク増加と関係していることがありますとアーカイブス オブ ジェネラル サカイトリ米国版に掲載された記事で研究者は述べています。

mental impairment:精神障害
Archives of General Psychiatry:アーカイブス オブ ジェネラル サカイトリ米国版

Alzheimer’s disease is a progressive brain disorder in which plaques and tangles form in the brain, gradually destroying a person’s memory and ability to learn, reason, communicate, and carry out daily activities.

アルツハイマー病は進行性の脳障害で、脳にプラークともつれが形成さされ、段階的に人々の記憶および学習、論理、コムニケーションと日常活動遂行の能力を破壊してしまいます。

progressive brain disorder:進行性の脳障害

It is now understood that people who have difficulty identifying odors have a more rapid mental decline and a shorter transition time from mild impairment to Alzheimer’s disease. Little is known, however, about the factors that predict the development of mild mental impairment.

匂いを特定するのが困難である人々は急速にメンタルの低下を有して軽度認知障害からアルツハイマー病への短い移行時間になることは現在理解されています。 しかし.軽度の精神障害の発症を予測する要因に関してはほとんど知られていないです。

mild mental impairment:軽度の精神障害

In the present study, researchers studied nearly 600 healthy older adults and asked them to identify 12 familiar odors, and scored them on their ability to do so. At the beginning of the study, and again every year for up to five years, they underwent a medical history, neurological exam, and mental function testing.

本研究において、研究者はほぼ600人の健常な高齢者を研究して、12のよく知られている匂いを特定するよう求めて、識別能力にたしてそれらを得点した。本研究の始めと、再度毎年最高5年間、病歴、神経病学的検査および精神的機能検査を受けた。

neurological exam:神経学的検査
mental function testing:精神機能検査

During the study 30% developed mild mental impairment and the risk increased as their ability to recognize odors decreased. In fact, those who scored below average on the odor identification test were as much as 50% more likely to develop mental impairment compared to those who scored above average. Impaired ability to identify odor was also associated with lower mental ability scores at the beginning of the study and a faster decline in memory of past experiences, words, and symbols.

本研究期間中、30%は軽度の精神障害を発症して匂い識別能力の減少にともなってリスクは増大した。実際に、平均以下の匂い識別検査得点の被験者は平均以上の得点をした被験者に比べた50%以上ほど精神障害を発症しやすくなります。また、匂い識別障害力は本研究開始時点で精神能力得点低下と関連していて、過去の経験、言葉、およびシンボルの記憶で急速な低下があった。

It is thought that even before symptoms of Alzheimer’s disease begin, the tangles and plaques characteristic of the disease may develop in areas of the brain responsible for processing smells. Because problems identifying odors are associated with other diseases, such as Parkinson’s, researcher suspect that other mechanisms may be involved.

アルツハイマー病の症状発症前でさえも、この疾患特有のもつれとプラークが匂いを処理を行う悩の部位で発症することがあると考えられています。匂い識別する病気はパーキンソン病などの他の疾患と関連しているために、研究者は他のメカニズムは関与していることがあることを疑っています。

Based on the findings, odor identification testing may be a useful tool for identifying people at risk of developing Alzheimer’s disease.

研究結果に基づいて、匂い識別検査はアルツハイマー病発症のリスクさらされていて人々を特定するために役立つ手段である可能性があります。

関連ブログ

精油の香りはアルツハイマー病の予防になるかも?

精油化学成分セキステルペンは脳由来神経栄養因子になるかも?

フィトアロマ研究所「癒しフェア」に出展・2007年7月28日・29日(土日)

|

« ゆりのつぼみの水滴を飲む蝶 | Main | フィトアロマ研究所癒しフェアvol.4小間番号SA-24 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/15665229

Listed below are links to weblogs that reference アルツハイマー病前兆嗅覚の衰え:

« ゆりのつぼみの水滴を飲む蝶 | Main | フィトアロマ研究所癒しフェアvol.4小間番号SA-24 »