« お月様を見て思いついたこと | Main | 皆既月食 »

August 27, 2007

語り部おっさんの独り言

今日は何を書くのか考えたが文献の翻訳は途中までのが多くて完成していないです。一気に翻訳を終了することは難しいです。時間がたって行うと進む場合があります。

時々思う事があります。何で素人が難しい医学翻訳などを時間をかけてやるのか不思議に思う事があります。医学的バックグランドがなくて試行錯誤をしながら翻訳しています。自己満足でただ翻訳をしているのかもしれませんが時間がたすにつれて医学的なことが少しずつ理解できるようになった気がしてます。

これもわからないことを楽しむことで分かってきたのだと思います。分からないことでも興味があれば試行錯誤しながらでも前に進むことができるのかも知れないです。

昔、中国語を勉強したときにテキストのなかに愚公移山(おろかな人が山を移す)のことが書いてありました。愚公の住んでるところに大きな山があって生活に不便をきたしているので山を崩して平らにしようとして山を崩すことにしまた。周りの人々は無理な話だと馬鹿にしました。愚公は自分の代で山が崩せなくても代代続けて崩せばいつかは平らになるといいました。

あるとき天帝が山を移してしまいました。一生懸命に行えばいつかは実現するのかもしれません。それには見えざるものの力が働くのかも知れません。TV番組の"Project X 挑戦者たち"を見ていたときに困難にぶつかると何かアイデアが出てきたりして解決することが多かったです。天は一生懸命に仕事をする人を助けてくれるのかも知れません。

継続は力なりと言われてますので続けて試行錯誤しながらアロマセラピー関連の文献、記事などを訳していきたいと思ってます。こ翻訳が生活の糧である精油販売に生かせられるよう頑張るつもりです。

|

« お月様を見て思いついたこと | Main | 皆既月食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 語り部おっさんの独り言:

« お月様を見て思いついたこと | Main | 皆既月食 »