« 香り行商日記と麺類の薬味 | Main | クンジア精油 »

August 11, 2007

ホルモン・レプチン食欲をコントロール

Hormone Found to Govern Desire for Food

ホルモン食欲を抑制することを解明

Leptin, a hormone that helps to control feelings of hunger, also appears to govern the desire to eat, British researchers report.

空腹感コントロールに役立つレプチンは、また、食欲を抑制するようであると、英国の研究者が報告しています。

The finding could lead to new insights into obesity and how to treat the condition, the researchers said.

この研究結果は肥満への新しい洞察および症状治療方法を導くことができるだろうと研究者が述べた。

"This work shows that the rewarding properties of food have strong effects on brain areas concerned with liking and desire, and that the tendency for some people to overeat because they like food is influenced by specific hormones and chemicals in the brain," said lead researcher Paul C. Fletcher, a member of the Department of Psychiatry, University of Cambridge, Addenbrooke's Hospital.

「本研究は、食物の報酬特性が好みおよび欲求に関係する脳部位に強い影響を及ぼして、脳内の特異ホルモンおよび化学物資によって、食べ物が好きであるために一部の人々が過食になる傾向がありますと、アデンブルック病院、ケンブリッジ大学の精神科部員、主要研究者、Paul C. Fletcher,は述べた。

psychiatry :精神医学、精神科

Leptin is produced by fat cells and circulates in the bloodstream to reach the brain, where it acts to reduce hunger and increase the feeling of fullness, according to the report in the Aug. 9 issue of Science.

科学雑誌サイエンスの8月5日号によると、レプチンは肥満細胞によって産生されて血流に循環して脳に到達し、空腹を減少させる役割を果たして満腹感を増大させます。

In the study, Fletcher's team studied two people with a rare genetic disorder and don't produce any leptin. They eat excessive amounts of food --even foods they don't especially like -- and are obese. However, when they were treated with leptin, they ate less and lost weight.

本研究で、Fletcher'sチームはまれにみる遺伝子障害でレプチンを産生しない2人の患者を研究した。特に好きでもない食べ物でさえ、多量の食べ物過食をして肥満になります。しかし、レプチンで治療すると、小食になって体重を減らした。

The researchers showed the two patients pictures of various foods while they recorded their brain activity. The scientists found that the pictures stimulated activity in the area of the brain called the striatal regions. These regions are associated with pleasant emotions and desires.

研究者は脳の活動を記録している間に2人の患者に様々な食物の画像を見せた。画像が線条体の領域と呼ばれる脳部位での活性を刺激したことを解明した。これらの領域は楽しい感情および願望と関係してます。

striatal regions 線条体の領域

One region in particular, the nucleus accumbens, was highly responsive to pictures of foods that the patients liked, the researchers found.

1つの脳領域、側坐核は患者が好きだった食品の画像に極めて反応したことを研究者が解明した。

But when the patients were treated with leptin, the pictures of foods produced a reduced response in the brain. And the response was activated mostly by foods the patients liked and only when they hadn't eaten and were hungry, the researchers said.

しかし、患者がレプチンで治療を受けると、食物の画像は脳で減少反応を産生した。そして、反応は患者が好きな食べ物、節食してないときだけおよび空腹によって最も活性したと研究者は述べた。

"Understanding how brain systems interact with hormones that signal hunger and energy stores
will provide us with a more complete picture of factors controlling eating behavior and will hopefully take us beyond some of the prevailing and simplistic assumptions about why some people have difficulties in controlling how much they eat," Fletcher said.

「脳システムがどのように、空腹およびエネルギーの蓄積に信号を送るホルモンに相互作用するのかを理解することは、摂食行動をコントロールしている因子のより完全な像を提供して、うまくいけば、何故一部の人がどの位量を食べるかをコントロールするのに問題があるかに関してある種の一般的で安易な仮定を超えたところに導いてくれるかもしれない」とFletcherは述べた。

"Such understanding will be a key step in the prevention and treatment of obesity. Importantly, the finding that the liking of food is biologically driven should encourage a more sympathetic attitude to people with weight problems," he added.

「そのような理解は、肥満の予防および治療における重要なステップになるだろう。重要なことに、食物の好みが生物学的にもたらされる解明は肥満症患者により交感神経系の姿勢をとることを促進すべきである」と彼は付け加えた。

One nutrition expert doesn't think enough is known about how leptin works to change the way obese patients are currently treated to control their appetite.

ある栄養専門家は現在食欲抑制するための治療を受けている方法を如何にしてレプチンが変更することになかについて十分知られていると思ってはいないです。

"Such an extremely small study can't provide conclusive evidence, but it adds to the growing body of research in the area of leptin and appetite," said Connie Diekman, director of university nutrition at Washington University in St. Louis and president of the American Dietetic Association.

「そのような極めて小さい研究が決定的な証拠を提供することができないがレプチンおよび食欲の分野における研究機関の増大に追加することになるとセントルイスのワシントン大学の大学栄養学部の責任者およびアメリカ ダイエット協会の理事長、Connie Diekmanが述べた。

Studies continue to support the role of leptin in appetite regulation, but they have yet to determine the exact mechanism and how to modify the process, Diekman said. "Until more research is provided, the impact of research in the area of leptin doesn't change how patients are managed when it comes to appetite control," she added.

研究は食欲制御でレプチンの役割を支持し続けが正確なメカニズムおよび如何に過程を修正するかをまだ決定していないですとDiekmanは述べた。「より多くの研究が提供されるまで、レプチン分野における研究の影響は患者が食欲コントロール関することになると如何に患者が管理するかを変更させていないと彼女述べた。

Another expert thinks the British study could lead to new obesity treatments.

もう一人の専門家は、英国の研究が新しい肥満治療に通じることになるだろうとおもいます。

"The reason we study leptin is because of the levels of obesity in society," said Michael A. Cowley, an assistant scientist in the Division of Neuroscience at Oregon Health and Science University. "This study is important, because it explains how and why people crave food."
「レプチンを研究する理由は社会における肥満度のためである」と、オレゴン健康科学大学神経科学部、科学助教授、Michael A. Cowleyは述べた。「この研究は如何にしておよび何故人は食物を切望するかを説明しているため重要であります。」

Cowley thinks this knowledge will lead to new therapies for obesity. "We become obese, because we really like hamburgers or can't stop eating doughnuts. We become obese, because we obsess about food," he said.

Cowleyはこの知識が肥満への新治療をもたらすことになるだろうと思っています。「ハンバーガーが大好きまたはドーナッツを食べることを止められないために肥満になっています。食べ物に虜になっているために肥満になっている」と彼は述べた。

This study shows that leptin can help control that obsession, so it can become a new therapeutic target, Cowley said. "This study shows that craving is modifiable by leptin," he said.

本研究はレプチンが食物強迫観念をコントロールすることに役立つことができることを示していて、新しい治療的な目標になることができると、Cowleyは述べた。「本研究は、切望がレプチンによって修正可能であることを示す」と、彼が述べた。


空腹ホルモン関連フィトアロマ研究所ブログ

空腹ホルモン レプチンと記憶の関係

脳、身体に対する脂肪の影響


睡眠不足と肥満の関係


|

« 香り行商日記と麺類の薬味 | Main | クンジア精油 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16081359

Listed below are links to weblogs that reference ホルモン・レプチン食欲をコントロール:

« 香り行商日記と麺類の薬味 | Main | クンジア精油 »