« 語り部おっさんの独り言 | Main | 新発売精油いろいろ »

August 28, 2007

皆既月食

夕食を取りながらふと外を見たときにかけらのような赤い色のお月様が見えました。いそいでデジカメを取り出して撮影しました。普通のデジカメなので暗闇の粒のような写真になってしまましたがお月様に間違いないです。眼でみてるのとカメラに写るのとは違ってきます。ところが他の人のブログを見ると美しく取れてます。今回は皆既月食を見た記念に掲載します。

2007_08280100_2

次の月の写真です。また、暗闇の中の月です。闇の中のかすかな道明かりかな?

2007_08280104


明るくなってきたお月様。写真にすじが入ってしまいました。お月さまがゆがんで取れたます。空に向けてただシャッターを切っただけです。

2007_08280112

筋金入りの満月のお月様です。これも撮影者のなせるわざです。

2007_08280115

暗闇の写真集ですが偶然にも皆既月食の一部が見れたことは嬉しかったです。空を見上げてお月様を見ることはいいことですネ。生活の中で見上げることは少ないです。パソコンを打つのにどうしても下を向きながら打ってしまいますし、読書、料理するのにも下を向いてします。見上げて空を見るのは夜が適してます。夜には月も星も眺めることができます。

ところが、お月様を見るときは観測するとは言わずお月見になりますが星は観測するといいます。お月見は文学的で星の観測は科学的です。星にもロマンがありますが月のほうのがロマンが浮かんでくるのかもしれません。
日本にはかぐや姫がおります。月を見ているといろんな空想が浮かんでくるのかもしれません。

月は周期的に形を変えながら満月になるのを繰り返します。月の形を見ることによって自分の思いを投影することもできるかもしれません。形の変化を見ながら満月になったら自分の思いが実現するのだと考えることもできます。月の光は人々をロマンティックにさせてくれます。

昔の歌謡曲で、月がとっても青いから遠まわりして帰ろう、の歌詞がいました。早く家に帰らないで月の光を浴びる月光浴をしながら帰ろうとの意味かも知れません。月の光を浴びると良いエネルギーが身体に入ってきて健康に良いのかもしれません。

取り留めのないことを書きました語り部おっさん。

|

« 語り部おっさんの独り言 | Main | 新発売精油いろいろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16271137

Listed below are links to weblogs that reference 皆既月食:

» 皆既月食を見よう [サイノメ]
2007年8月28日の満月は皆既月食でした。前回の皆既月食は2001年1月。6年ぶりの皆既月食ということで、TVや新聞などでも話題になってましたね。しかし、皆既月食の当日は天気が曇り。果たして無事に皆既月食を見ることはできたのでしょうか? [Read More]

Tracked on August 31, 2007 at 11:15 AM

« 語り部おっさんの独り言 | Main | 新発売精油いろいろ »