« ディエットアロマ精油化学成分一覧表 | Main | 第8回武術と健康法の祭典 »

September 16, 2007

プラニックヒーリング(1)

pranic healing

プラニックヒーリング

Revived and well-packaged by Master Choa Kok Sui, pranic healing is actually an ancient Indian system that heals diseased energy levels, effecting miraculous cures, and helps further spiritual growth

チョー・コク・スイ大師によって復活して十分に定型化されたプラニック・ヒーリングは実は古代インド体系で、病気になったエネルギーレベルを癒し、奇跡的な治癒をもたらして更なるスピリチュアル成長に役立ちます。

Outside, as the world awaits the solar eclipse, we sit in cramped anticipation in the auditorium of Sri Aurobindo Center in Delhi, India, waiting for the master of pranic healing, Choa Kok Sui. While two assistants thump mattresses on the floor, another strews rose petals on the audience.

外で世界が日食を待っていると、インド、デリーのシュリ・オーロビンド・センターのオーディトリアムで我々は息の詰まるような期待で座って、プラニック・ヒーリングのチョー・コク・スイ大師を待っていた。2人のアシスタントが床にマットレスを敷く間、もう一方の人はバラの花弁を観衆にまき散らす。

Soon, in strides the stocky Master, a 40-something, Manila-based Roman Catholic businessman of Chinese descent. Chemical engineer, spiritual teacher, writer, globetrotter and healer, Choa Kok Sui repackaged and introduced the ancient science of pranic healing to the world in 1987. Today, thanks to his efforts, numerous healing centers and retreats dot 26 countries around the globe.

まもなく、がっしりした大師は大股で歩く、40歳幾つかの中国人祖先のマニラ本拠のローマカトリック教会のビジネスマン、化学エンジニア、スピリチュアルティーチャー、作家、世界観光旅行家およびヒーラー、チョー・コク・スイは、1987年に古代科学のプラニック・ヒーリングを世界に紹介した。今日、大師の努力によって、多数のヒーリング・センターおよびリトリートは、世界26カ国に点在する。

So what is pranic healing all about? Let's say it gives you the power to resolve a host of physical, emotional and mental problems by moving your hands in a certain prescribed manner. Unbelievable? Surely, you may argue, such paranormal healing skills belong to yogis of the Himalayas. But then, how do you account for a friendly neighbor or a colleague at work brandishing such abilities?

それで、プラニック・ヒーリングの全てはなんであるか? ある決められた方法で手を動かすことによって多くの身体的、感情的および精神的問題を解決するパワーを与えると言おう。信じられない?必ず ― 主張することになる ― そのような超越的なヒーリング・スキルは、ヒマラヤのヨガ行者が行っている。だが、そのような能力を振りかざしているワークで親しい隣人または同僚をどのように説明するのですか?

According to pranic healing, disease first appears in the energy body before rooting itself in the physical body. Any blockage, excessive build up of energy or depletion of it prevents prana (life-force energy) from flowing easily. This results in corresponding problems for the physical body. In this no-touch therapy, the healer transfers energy to heal the patient's invisible energy body, which interpenetrates the physical body and extends a few inches from the skin's surface. Unusual though such information may seem, it is well documented in ancient Indian scriptures, such as the Taittiriya Upanishad, which deals with the body and its five layers.

プラニック・ヒーリングによれば、病気は身体自身に根付く前にエネルギー体に現れます。どのようなブロック、エネルギーの過剰蓄積または不足がプラーナ(気のエネルギー)のスムーズな流れを妨げる。このことは身体にたいして対応する問題を生じさせます。この手かざし療法において、治療者は患者の見えないエネルギー体を癒やすためにエネルギーを移動させて、そのエネルギーが身体に浸透して、皮膚表面から数インチ広がります。そのような情報は異常なことであるかもしれないが、身体および身体の5層を論じているタイッテリーヤ ウパニシャッドなどの古代インド文献に実証されています。

Taittiriya Upanishad:タイッテリーヤ ウパニシャッド(古代ウパニシャッド文献)
no-touch therapy ノータッチ療法
interpenetrate :染み込む、浸透する

Many still dismiss such concepts as totally unscientific. Take Jitender S. Khamesra, a marketing executive based in Mumbai, India. Perfectly healthy, Khamesra met a pranic healer who told him that he was a "potential diabetic" and advised pranic healing, a suggestion promptly brushed aside. A few weeks later, however, Khamesra was diagnosed highly diabetic. Today, he asks with palpable unease: "Could steps taken earlier really have kept the disease at bay?"

全く非科学的であるとして、まだ多くの人々はそのような概念を退けます。Jitender S. Khamesra、ムンバイに拠点を置くマーケティング会社の役員を取り上げよう。全く健康なKhamesraは潜在的に糖尿病があると伝えたプラニックヒーラーに会いました。彼はプラニックヒーリングを勧めましたが、その勧めを即座に断った。しかし、数週間後に、Khamesraは重度糖尿病であると診断された。今日、不安で尋ねます。まさに早急に糖尿病を食い止めることができる処置をとれるのか?

So, how did the healer know of Khamesra's impending health problem? According to pranic healers, we live in ananta urja (a sea of energy). Pranic healing provides you with the know-how to use these subtle energies to spur on the body's process of self-recovery. Most pranic healers develop the ability to scan or feel energy bodies by activating and sensitizing first the chakras on their palms, and later, at an advanced stage, those on the fingertips. Sustained experiential work helps pranic healers scan the chakras and even small body organs.

それで、どのようにしてヒーラーはKhamesraの差し迫った健康問題を知ったのか?プラニック・ヒーラーによると、我々はananta urja(エネルギーの海)の中に生きている。プラニック・ヒーリングは、自己治癒の身体過程に刺激するこれらのサトルエネルギーを使用するためのノウハウを提供します。多くのプラニック・ヒーラーは、最初に手上のチャクラを活性化および敏感化することによってエネルギー体をスキャンまたは感じる能力を高めて、後に、高度の段階で指先の能力を高めます。持続的経験ワークは、プラニック・ヒラーがチャクラおよび小さな体の器官でさえスキャンすることに役立ちます。

They learn to discriminate between vibrations of a healthy and an unhealthy aura. For instance, even before a person suffers from cough and cold, the bio-plasmic throat and lungs will be depleted of prana. After scanning, the healer cleanses the diseased energy from the aura and affected chakras. Then, the chakras are energized by prana sourced from the sun, earth or air.

健康なオーラ波動と不健康なオーラの波動を区別することを学びます。たとえば、ある人が咳と風邪を患う前に、バイオプラズマ体の喉および肺はプラーナを減少することになる。スキャンの後、ヒーラーはオーラおよび病気にかかったエネルギーを浄化します。それから、チャクラは太陽、大地または空気から供給されるプラーナによって活性化されます。

Says Ashima Singh, a pranic healer-teacher based in New Delhi, India: "I've seen arthritis go away, hormonal disturbances settle and frigidity overcome with this system." Emphasizing the importance of pranic healing's preventive aspect, Ashima says that people generally come for healing long after the disease has manifested itself, whereas it is much faster to clear the energy body in the early stages.

インド、ニューデリーをベースにしているプラニック・ヒーラー教師、Ashima Singhは述べています。「この方法で関節炎症状が消え、ホルモン障害が治って、不感症を克服したのを知っています。」 プラニック・ヒーリングの予防的側面を強調して、人々は通常病気の症状が現れた後遅くなって治療に来ますので、初期の段階にエネルギー体を浄化することははるかにはやいですと、Ashimaは述べてます。

frigidity :不感症

考えたこと
今日はなんの記事を掲載するかと悩んだときに思い浮かんだのがこの記事です。全部はまだ訳せていないですがとりあえず掲載します。スピリチュアル アロマセラピー関連の翻訳をしているときに検索で見つけたものです。
病気の前兆が体のエネルギーに現れるとの記事に興味を持ちました。体もエネルギー体であるのでエネルギーの流れが悪くなるとゆがんできます。ある本によると磁石で鉄粉を動かすと形が変わります。体のなかの磁石がエネルギーになるのでエネルギーを正常に流れるようにすれば体の病も癒されるとの考えです。これらのことに興味を持ってます。

何事も浄化することが大切なことがわかります。お片付け、トイレ掃除、ガラクタを捨てることによって運が開かれると本に書いてあります。綺麗なところには良いことが集まるのかもしれません。

精油の香りも自然に近い優しい香りが良いです。最近、香りが良いとのことでナグチャンパ精油が少しづつ売れてきてます。良い香りにはお客様集まってきます。

ナグチャンパ3ml精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« ディエットアロマ精油化学成分一覧表 | Main | 第8回武術と健康法の祭典 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16469713

Listed below are links to weblogs that reference プラニックヒーリング(1):

« ディエットアロマ精油化学成分一覧表 | Main | 第8回武術と健康法の祭典 »