« 英語の語り部おっさん | Main | 吉村作治の早大エジプト発掘40年展 »

September 08, 2007

人工着色料、添加物普通の幼児および子供に多動性行動発症

Food Additives May Make Kids Hyper

食品添加物子供を多動性にすることをもある。

Artificial Colors, Additives Boost Hyperactive Behavior in Toddlers and Children, Study Shows

人工着色料、添加物幼児および小児の多動性行動を促進すると、研究が示している。

Artificial coloring 人工着色料
Additive 添加物
Hyperactive Behavior:多動性行動
toddler :幼児

Artificial coloring and preservatives in food can increase hyperactivity in kids, a new British study shows.

食品の人工着色料と保存料は小児で多動性を増加させることになると、新英国研究が示してます。

Researchers from the University of Southampton in the U.K. evaluated the effects of drinks containing artificial colors and additives on 3-year-old and 8- and 9-year-old British kids and found that the additives made hyperactive behavior worse -- at least up to middle childhood.

英国のサウサンプトン大学研究者は、3歳と8歳および9歳の英国の小児への人工着色料および保存料含有のドリンクの作用を評価して、添加物が、少なくとも幼児期半ばまで、多動性行動を亢進
することを解明した。

The link between such food additives and hyperactivity has been long debated. "The importance of our work is that effects have been found for 3-year-old and for 8- and 9-year-old children in the general population, not just for those diagnosed with attention deficit hyperactivity disorder (ADHD), " says Jim Stevenson, PhD, professor of psychology at the university and a co-author of the study, published online Sept. 6 in The Lancet. "The size of the effects is similar to that found for children with ADHD."

そのような食品添加物と多動性の関連は長い間討議されてきた。本研究の重要性は、「注意欠如多動性障害(ADHD)と診断された患者の方々でなくて、普通の母集団の3歳と8歳および9歳の小児に多動性の作用が解明されたことですと」、科学雑誌The Lancet.9月6日のオンライン版で、 大学心理学教授および本研究の共同草稿者、Jim Stevenson, PhD,博士は述べています。

But a U.S. expert said that scientific evidence overall does not point to a definitive link between additives and hyperactivity. He said it is premature, based on these study results, to suggest a public policy change. But the U.K. Food Standards Agency, which funded the study, has already revised its advice to parents about what to feed their children.

しかし、米国専門家は、科学的証拠が全体的に添加物と多動性との明確な関連を示していないと述べた。これらの研究結果に基づいて、政策転換を示唆することは時期早々であると彼は述べた。本研究に資金援助した英国食品基準庁(FSA)は小児に何を食べさせるかについての両親へのアドバイスを修正した。

考えたこと
この記事によると、注意欠如多動性障害(ADHD)の患者でない普通の小児でも人工着色料、食品添加物いりの
食品を摂取することにより多動性の行動が起きる可能性があることを示してます。「最近の研究は、この障害は神経伝達物質(神経の刺激を脳まで伝える物質)の異常により生じるものであることを示しています。メルクマニャル
より。」

最近、書いたブログでエタノールはGABAに作用して鎮静効果を産生します。脳内には促進して活発にさせる受容体があります。素人ながら思ってことは、人工着色料、食品添加物は脳関門を通りぬけてシナプスの受容体までいき刺激して異常な神経伝達物質を発生させるのかもしれません。

思うに大人にもこれらの人工着色料や食品添加物を沢山摂取すると脳の機能に影響を与えるかもしれません。
添加物の入っていない食品摂取に心がけたいです。そのためには食品のラベルを読むことをお勧めします。プレインヨーグルトを朝食にたべてますがメーカーによって原材料が違ってます。

|

« 英語の語り部おっさん | Main | 吉村作治の早大エジプト発掘40年展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16386716

Listed below are links to weblogs that reference 人工着色料、添加物普通の幼児および子供に多動性行動発症:

« 英語の語り部おっさん | Main | 吉村作治の早大エジプト発掘40年展 »