« ベルガモット精油ラットの海馬でアミノ酸神経伝達物質濃度増強 | Main | スパニッシュセージ精油および成分テルペンのコリンエステラーゼ阻害作用 »

September 25, 2007

リナロールの鎮静作用

Linalool modifies the nicotinic receptor–ion channel kinetics at the mouse neuromuscular junction

リナロールマウス神経接合部でニコチン受容体・イオンチャンネルの動力学を修飾

L. Re1, S. Barocci, S. Sonnino, A. Mencarelli, C. Vivani, G. Paolucci, A. Scarpantonio, L. Rinaldi and E. Mosca
Institute of Experimental and Clinical Medicine, Laboratory of Pharmacology, University of Ancona, 60131, Ancona, Italy
Accepted 8 February 2000. ; Available online 12 March 2002.

Abstract

要約

Linalool is a monoterpene compound reported to be a major component of essential oils in various aromatic species. Several linalool-producing species are used in traditional medical systems. Among these is Aeolanthus suaveolens G. Dom (Labiatae) which is used as an anticonvulsant in the Brazilian Amazon.

リナロールは様々な芳香植物種精油主要な成分であると報告されているモノテルペン化合物です。 いくつかのリナロール産生種が伝統的医療のシステムで使用されます。 これらの中にAeolanthus suaveolens G.があります。抗けいれん薬としてブラジルのアマゾンで使用されるシソ科植物です。

Psychopharmacologicalin vivo evaluation of linalool showed that this compound has dose-dependent marked sedative effects at the central nervous system (CNS), including hypnotic, anticonvulsant and hypothermic properties.

リナロオールの精神薬理学的評価は、in vivoで、この化合物が催眠、抗けいれんおよび体温効果の作用を含んで中枢神経系(CNS)において容量依存で鎮静作用を示した。

Psychopharmacological 精神薬理学的
hypnotic :催眠
hypothermic :体温降下

It has been suggested that these neurochemical effects might be ascribed to the local anaesthetic activity of linalool. The present study reports an inhibitory effect of linalool on the acetylcholine (ACh) release and on the channel open time in the mouse neuromuscular junction.

これらの神経化学物質の作用はリナロールの局所麻酔作用に起因するかもしれないことを示唆してきた。現在の研究はマウスの神経筋接合部においてアセチルコリン(ACh)放出およびチャンネルのオープン時間に対するリナロールの抑制作用を報告している。

neurochemical 神経化学物質

These findings could provide a rational basis to confirm the traditional medical use of linalool-producing plant species. Indeed, our data demonstrate some interactions in the modulation of the ACh release at the mouse neuromuscular junction, which are well correlated with the suggested molecular mechanisms.

これらの研究結果はリナロール産生植物種の伝統的使用を確認する合理的根拠を提供するかもしれません。 事実、我々のデータはマウス神経筋接合部におけるアセチルコリン放出の調節でいくつかの相互作用を示唆していて、相互作用は示唆された分子メカニズムでよく関連している。


Linalool induced a reduction of the ACh-evoked release. The possibility that this effect could be ascribed to some interaction with pre-synaptic function is noteworthy. Moreover, the inhibitory effect induced on the kinetics of the miniature end-plate current decay demonstrates a local anaesthetic action, either on the voltage or on the receptor-activated channels.

リナロールはアセチルコリンによって発生した放出の減少を誘発した。 この作用がシナプス前機能とのいくつかの相互作用に起因することが出来た可能性は注目に値します。 さらに、微小終板電位電流低下の動力学で誘発された抑制作用は、電圧、または、受容体活性チャンネルへの局所麻酔作用を示している。
presynaptic function :シナプス前機能

Author Keywords: loose patch clamp, neuromuscular junction, natural extracts, calcium

著者のキワード:

キーワードを書いてください: 緩やかなパッチ・クランプ、神経筋接合部、天然抽出物、カルシウム
patch clamp パッチクランプ

|

« ベルガモット精油ラットの海馬でアミノ酸神経伝達物質濃度増強 | Main | スパニッシュセージ精油および成分テルペンのコリンエステラーゼ阻害作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16574497

Listed below are links to weblogs that reference リナロールの鎮静作用:

« ベルガモット精油ラットの海馬でアミノ酸神経伝達物質濃度増強 | Main | スパニッシュセージ精油および成分テルペンのコリンエステラーゼ阻害作用 »