« エタノールGABA応答増強 | Main | ピンクロータス精油届け・香りの行商 »

September 04, 2007

リナロール抗けいれん作用

Anticonvulsant properties of linalool in glutamate-related seizure models.

グルタミン酸関連発作モデルにおけるリナロール抗けいれん作用

PUBMEDより

1: Phytomedicine. 1999 May;6(2):107-13. Links

Elisabetsky E, Brum LF, Souza DO.

Departamento de Farmacologia, Universidade Federal do Rio Grande do Sul, Porto Alegre, Brazil. elisasky@vortex.ufrgs.br

ブラジル

In order to investigate the pharmacodynamic basis of the previously-established anticonvulsant properties of linalool, we examined the effects of this compound on behavioral and neurochemical aspects of glutamate expression in experimental seizure models.

以前に立証されたリナロールの抗けいれん作用への薬力学的基盤を調査するために、実験的発作モデルでグルタミン酸塩発現の行動および神経化学的側面へのこの化合物作用を調査した。

pharmacodynamic 薬力学(生体内での薬物作用に関する学問)
seizure :発作
glutamate expression グルタミン酸発現

Specifically, linalool effects were investigated to determine its inhibition of (i) L-[3H]glutamate binding at CNS (central nervous system membranes), (ii) N-methyl-D-aspartate (NMDA)-induced convulsions, (iii) quinolinic acid (QUIN)-induced convulsions, and the behavioral and neurochemical correlates of PTZ-kindling.

具体的に、(i)中枢神経(中枢神経系の膜)でL-[3H]グルタミン酸結合、(ii) NMDA誘発のけいれん、(iii) キノリン酸(QUIN)誘発のけいれん、およびPTZキンドリングの行動および神経化学の関連物の阻害を決定するためにリナロール作用が調査された。

L-[3H]glutamate binding : L-[3H]グルタミン酸結合
central nervous system membranes 中枢神経系の膜
quinolinic acid:キノリン酸
PTZ-kindling.:PTZキンドリング

The data indicate that linalool modulates glutamate activation expression in vitro (competitive antagonism of L-[3H]glutamate binding) and in vivo (delayed NMDA convulsions and blockage of QUIN convulsions). Linalool partially inhibited and significantly delayed the behavioral expression of PTZ-kindling, but did not modify the PTZ-kindling-induced increase in L-[3H]glutamate binding.

このデータは、リナロールが、in vitroで( L-[3H]グルタミン酸結合の競合的拮抗)、in vivoで(NMDAのけいれんの遅延およびQUINけいれんのブロック)グルタミン酸活性発現を調節した。リナロールはPTZキンドリングの行動発現を有意に阻害して遅延させたが、 L-[3H]グルタミン酸結合でPTZキンドリング誘発による増強を修正しなかった。

(competitive antagonism 競合的拮抗
glutamate activation expression グルタミン酸活性発現

PMID: 10374249 [PubMed - indexed for MEDLINE]

アロマショップ フィトアロマ研究所よりのお知らせ

精油・キャリアオイル割引販売(9月1日より9月30日)

精油購入検討中方に香りのムエット(試香紙)サンプル提供

考えたこと
QUIN convulsionsやPTZキンドリングに関して調べたが探せなくてどのようなことなのか把握していないです。しかし、この文献でリナロールの抗けいれん作用について学術的に説明しています。

精油の成分が脳に到達して作用を及ぼしていることが少しづつ先日の講演でヒントをつかみ調べていくうちにいろんな文献を読むことよってわかってきました。難しい脳の文献でも細かいところまで完全にわからなくても大まかな精油成分の作用機序が判れば良いと思っています。

世界にはいろんなことを研究している人がいることをPUBMEDで知りました。検索ワードを入れると未知の世界に誘導してくれます。そこでわからないことを調べるとまたあらたな発見があります。調べることが好きなおっさんです。

わからないことでも興味があるとだんだんに分かってきます。この興味はどこから沸いてくるのでしょうか。理科系でないのに医学的なことに興味があります。アロマセラピーを通して医学的なことに興味をもちました。

|

« エタノールGABA応答増強 | Main | ピンクロータス精油届け・香りの行商 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16343278

Listed below are links to weblogs that reference リナロール抗けいれん作用:

« エタノールGABA応答増強 | Main | ピンクロータス精油届け・香りの行商 »