« スパニッシュセージ精油および成分テルペンのコリンエステラーゼ阻害作用 | Main | サンダルウッド精油主要成分サンタロール睡眠障害に効果 »

September 28, 2007

ラベンダー精油吸入冠血流予備能改善

Relaxation effects of lavender aromatherapy improve coronary flow velocity reserve in healthy men evaluated by transthoracic Doppler echocardiography.

ラベンダー アロマセラピーのリラックス作用経胸壁冠動脈ドプラエコー図よる評価で健常男性で冠血流予備能改善

coronary flow velocity reserve:冠血流予備能
transthoracic Doppler echocardiography:経胸壁冠動脈ドプラエコー図

PUBMEDより

1: Int J Cardiol. 2007 Aug 7;

Shiina Y, Funabashi N, Lee K, Toyoda T, Sekine T, Honjo S, Hasegawa R, Kawata T, Wakatsuki Y, Hayashi S, Murakami S, Koike K, Daimon M, Komuro I.

Department of Cardiovascular Science and Medicine, Chiba University Graduate School of Medicine, 1-8-1 Inohana, Chuo-ku, Chiba City, Chiba 260-8670, Japan.

千葉大学大学院医学研究院、医学研究院先端応用医学講座循環病態医科学

PURPOSE: It has been reported that mental stress is an independent risk factor for cardiovascular events and impairs coronary circulation. Lavender aromatherapy, one of the most popular complementary treatments, is recognized as a beneficial mental relaxation therapy.

目的

精神的ストレスが心血管イベントに対して独立した危険因子であり、冠循環を損なうと報告されました。 ラベンダー・アロマテラピーは、最もポピュラーな補完療法の一つで、有益な精神リラックス療法として認識されている。

independent risk factor 独立した危険因子
coronary circulation 冠循環

However, no study has examined the effect of this therapy on coronary circulation. We aimed to assess the effect of lavender aromatherapy on coronary circulation by measuring coronary flow velocity reserve (CFVR) with noninvasive transthoracic Doppler echocardiography (TTDE).

しかし、どの研究も冠循環へのこの治療の作用を調べておりません。非侵襲的な経胸壁冠動脈ドプラエコー図
(TTDE)を用いて冠血流予備能(CFVR)を測定することによって冠循環へのラベンダー アロマセラピー作用を評価することを目的とした。

Noninvasive:非侵襲的な

MATERIAL AND METHODS: We enrolled 30 young healthy men (mean age 34+/-4.7 years, range 24-40 years). Coronary flow velocities in the left anterior descending coronary artery were recorded by TTDE at rest and during hyperemia induced with an intravenous infusion of adenosine triphosphate (ATP).

材料および方法

健常な30人の男性(平均年齢34+/-4.7年齢は、24歳-40歳の間)を登録した。左冠動脈前下行枝の冠血流量速度は、休息時およびアデノシン三リン酸(ATP)の静脈注入で誘発された充血の間に経胸壁冠動脈ドプラエコー図
によって記録された。

Coronary flow velocities 冠動脈血流速度
left anterior 左冠動脈
coronary artery 冠動脈
intravenous infusion 静脈内投与
hyperemia 充血
adenosine triphosphate (ATP). アデノシン三リン酸

CFVR was calculated as the ratio of hyperemic to basal mean diastolic flow velocity. CFVR was assessed at baseline and immediately after lavender aromatherapy (four drops of essential oil diluted with 20 ml of hot water and inhaled for 30 min). Simultaneously, serum cortisol was measured as a marker of stress hormones. To exclude the relaxation effects of rest, the same measurements were repeated in the same volunteers without aromatherapy as a control study.

冠血流予備能(CFVR)は、基礎平均の拡張期血流速度に対しての充血比として算出された。冠血流予備能(CFVR)は、基線およびラベンダー アロマセラピー(ホットウォーター20mkに4滴の精油を希釈して30分間吸入)直後に評価された。同時に、血中コルチゾールはストレス ホルモンのマーカーとして測定された。休息のリラックス作用を除外するため、同じ測定が対照試験としてアロマセラピーなしで同じボランティアで繰り返された。

ratio of hyperemic 充血比
serum cortisol 血中コルチ ゾール
ratio of hyperemic 充血比
serum cortisol 血中コルチ ゾール

RESULTS: CFVR measurements were obtained in all volunteers (100%). Blood pressure and heart rate responses to ATP infusion were not affected by lavender aromatherapy. Serum cortisol significantly decreased after lavender aromatherapy (8.4+/-3.6 to 6.3+/-3.3, p<0.05), but remained unchanged in controls (9.1+/-3.5 to 8.1+/-3.9, p=ns).

結果

冠血流予備能(CFVR)測定は、全てのボランティア(100%)で得られた。アデノシン三リン酸(ATP)注入に対する血圧およびで心拍数反応は、ラベンダーアロマセラピーによる影響を受けなかった。血中コルチ ゾールは、有意にラベンダー アロマセラピー(6.3+/-3.3に対する8.4+/-3.6、p<0.05)後に減少したが、対照(8.1+/-3.9に対する9.1+/-3.5、p=ns)おいては変化しなかった。

In addition, CFVR significantly increased after lavender aromatherapy (3.8+/-0.87 to 4.7+/-0.90, p<0.001), but not in controls (3.9+/-0.8 to 3.9+/-0.8, p=ns).

加えて、冠血流予備能(CFVR)は有意にラベンダー アロマセラピー(3.8+/-0.87 to 4.7+/-0.90, p<0.001)後に増加したが、対照群(3.9+/-0.8 to 3.9+/-0.8, p=ns). においては増加しなかった。

CONCLUSIONS: Lavender aromatherapy reduced serum cortisol and improved CFVR in healthy men. These findings suggest that lavender aromatherapy has relaxation effects and may have beneficial acute effects on coronary circulation.

結論

ラベンダー アロマセラピーは血中コルチゾールを減少させて、健常な男性で冠血流予備能(CFVR)を改善させた。これらの研究結果は、ラベンダー アロマセラピーにはリラックス作用があって、冠循環への有益な促進作用ある可能性を示唆する。

PMID: 17689755 [PubMed - as supplied by publisher]

|

« スパニッシュセージ精油および成分テルペンのコリンエステラーゼ阻害作用 | Main | サンダルウッド精油主要成分サンタロール睡眠障害に効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16602273

Listed below are links to weblogs that reference ラベンダー精油吸入冠血流予備能改善:

« スパニッシュセージ精油および成分テルペンのコリンエステラーゼ阻害作用 | Main | サンダルウッド精油主要成分サンタロール睡眠障害に効果 »