« パソコン不調 | Main | オイゲノールとド-パミン »

September 11, 2007

リナロールとドーパミン放出

Conductor compounds of phenylpentane in Mycoleptodonoides aitchisonii mycelium enhance the release of dopamine from rat brain striatum slices.

ブナハリタケの菌糸体のフェニルペンタ伝道化合物ラット脳内線条体スライスからのドーパミン放出を亢進

Mycoleptodonoides aitchisonii.:ブナハリタケ
mycelium 菌糸体

PUBMEDより

Okuyama S, Sawasaki E, Yokogoshi H.

Laboratory of Nutritional Biochemistry, COE Program in the 21st Century and Cooperation of Innovative Technology and Advanced Research in Evolutional Area (CITY AREA), University of Shizuoka, 52-1 Yada, Shizuoka 422-8526, Japan. okusanshizuoka@hotmail.com

静岡大学

Monoterpene compound is a major component of essential oils in various aromatic species. Previous reports about the monoterpene compound linalool and its effect on the brain neurotransmitters glutamic acid, GABA and acetylcholine, but not catecholamines, have been reported.

モノテルペン化合物は様々な芳香植物種精油の主要な成分である。脳内神経伝達物質グルタミン酸、GABAおよびアセチルコリンに関するモノテルペン化合物リナロールおよびその作用ついて以前の研究で報告されていたがカテコールアミンの研究報告はなかった。

Monoterpene compound モノテルペン化合物
aromatic species 芳香植物種
neurotransmitters 神経伝達物質


catecholamine:カテコールアミンはα-カテコール核とフェノールヒドロキシ期に対するmとp位の2つの炭素鎖上にアミン基を有する複合体の総称。アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンの3種類がある。交感神経終末から分泌されるノルアドレナリンは近傍の作用臓器に作用し、副腎髄質から分泌される。アドレナリンおよびノルアドレナリンは循環血中に入り遠隔の臓器に作用する。

Dopamine:ドーパミンはノルアドレナリン、アドレナリンの前駆物質であるとともにそれ自体が中枢神経、腎、循環器、消化器系に対し特有の作用をする。 最新医学大辞典 第3版 医歯薬出版より

In this study, we investigated the effect of linalool or conductor compounds of phenylpentane, including 1-phenyl-3-pentanol and 1-phenyl-3-pentanone, on dopamine release using rat striatal slices. The edible mushroom Mycoleptodonoides aitchisonii belongs to the Climacodontaceae family, and its cultivate medium or mycelium contains derivatives of the fragrant conductor compound, phenylpentane.

この研究で、ラットの線条体スライスを用いてドーパミン放出について、リナロールまたは1-phenyl-3-pentanol and 1-phenyl-3-pentanoneを含むフェニルペンタの誘導性化合物の作用を調査した。食用きのこ・ブナハリタケは マツカサタケ科に属し、きのこの栽培培地または菌糸体にはフェニルペンタの芳香性の伝道化合物を含有している。

phenyl pentane フェニルペンタン
Climacodontaceae family マツカサタケ科
striatal slices 線条体スライス
1-phenyl-3-pentanolと1-phenyl-3-pentanone:ブナハリ茸培養菌糸体に含まれる香気成分
cultivate medium 栽培倍地
mycelium :菌糸体
Mycoleptodonoides aitchisonii:ブナハリタケ

Compared to basal levels, 2.5 microg linalool increased dopamine from striatal slices 3-fold. A 4-fold increase in dopamine release resulted from 2.5 microg 1-phenyl-3-pentanol administration, while a half dose of this compound induced a 2.5-fold increase. A greater than 2-fold increase resulted with 2.5 microg 1-phenyl-3-pentanone.

基本濃度に比べて、2.5マイクログラムのリナロールは線条体スライスからのドーパミン放出を3倍に増加させた。ドーパミンの4倍放出は2.5マイクログラムの1-phenyl-3-pentanol投与によって生じて、この化合物の半分の容量は2.5倍を誘発した。2.5倍を超える増加量は2.5マイクログラ1-phenyl-3-pentanone
で生じた。

These data indicate that striatum has sensitivity for these fragrant compounds and different releasing effects result with differ structures. These actions may affect other neurotransmitters and influence brain function.

これらのデータは線条体がこれらの芳香化合物に対して感受性を有しいて、様々な放出作用は異なる構造の結果である。これらの作用は他の神経伝達物質に作用して脳機能に影響を与えることがある。

PMID: 15279496 [PubMed - indexed for MEDLINE]

考えたこと

脳と精油の関係文献を調べていたらこれを見つけて翻訳することにした。リナロールがドーパミン放出を促進することがわかった。先日、エタノールがGABAを刺激して抑制物質をだすことを知った。この文献によるとリナロールがグルタミン酸およびアセチルコリンに関係すると紹介されていたのでこのことも調べて見たいです。精油の化学成分の作用エビデンスが見つかるととても嬉しいです。

|

« パソコン不調 | Main | オイゲノールとド-パミン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16418461

Listed below are links to weblogs that reference リナロールとドーパミン放出:

« パソコン不調 | Main | オイゲノールとド-パミン »