« 精油成分の抗酸化活性 | Main | 洋書を読んで病気に対する様々な見方を知る »

October 21, 2007

香水およびフィトチンドによるGABAA受容体増強

Potentiation of GABAA receptors expressed in Xenopus oocytes by perfume and phytoncid.

香水およびフィトチンドによってアフリカツメガエルに発現したGABAA受容体増強

Potentiation:増強
phytoncid フィトンチッド

PUBMEDより

1: Biosci Biotechnol Biochem. 1999 Apr;63(4):743-8

Aoshima H, Hamamoto K.

Department of Physics, Biology and Informatics, Faculty of Science, Yamaguchi University, Japan. aoshima@po.cc.yamaguchi-u.ac.jp

To study the effects of perfume and phytoncid on GABAA receptors, ionotropic GABAA receptors were expressed in Xenopus oocytes by injecting mRNAs that had been prepared from rat whole brain.

GABAA受容体への香水とフィトンチッドの作用を研究するたに、イオンチャネル型GABAA受容体はラット全脳から準備された伝令RNAを注射するとによって、アフリカツメガエルの卵母細胞で発現された。

Essential oil, perfume and such phytoncid as leaf alcohol, hinokitiol, pinene, eugenol, citronellol and citronellal potentiated the response in the presence of GABA at low concentrations (10 and 30 microM), possibly because they bound to the potentiation-site in GABAA receptors and increased the affinity of GABA to the receptors.

精油、香水および青葉アルコール、ヒノキチオール、ピネン、オイゲノール、シトロネロールとシトロネラールなどのフィトンチッドは低濃度(10および30microM)でGABAの存在下で応答を増強した。多分、それらがGABAA受容体の増強部位に結合して、受容体に対するGABAの親和性を増強したためである。

Since it is known that the potentiation of GABAA receptors by benzodiazepine, barbiturate, steroids and anesthetics induces the anxiolytic, anticonvulsant and sedative activity or anesthetic effect, these results suggest the possibility that the intake of perfume or phytoncid through the lungs, the skin or the intestines modulates the neural transmission in the brain through ionotropic GABAA receptors and changes the frame of the human mind, as alcohol or tobacco does.

ベンゾジアゼピン系抗不安薬、バルビツレート(鎮痛催眠薬 )、ステロイドおよび麻酔薬によるGABAA受容体増強は、抗不安、抗けいれんおよび鎮静の活性または麻酔作用を誘発するので、これらの結果は、肺、皮膚または小腸通して香水またはフィトンチッドの摂取がイオンチャネル型GABAA受容体を通して脳内の神経性伝達を調節してアルコールまたはタバコのようにヒト心の枠組みを変化させることを示唆している。

Benzodiazepine;ベンゾジアゼピン系抗不安薬
Barbiturate:バルビツレート(鎮痛催眠薬 )
Steroids:ステロイド
anesthetics 麻酔薬
anxiolytic:抗不安
anticonvulsant:抗けいれん

PMID: 10361687 [PubMed - indexed for MEDLINE]

考えたこと

日ごろ香りによってGABAA受容体増強しておけば神経性の疾患にかかりにくいかと思いました。脳に対して良い作用する香りがあれば、よくない香りは逆な作用をするのかと思いました。香りは脳の神経栄養因子になるとことの文献を翻訳してことがあります。宗教儀式には必ず香りが利用されています。儀式に使用される香りは脳が安らいで穏やかな気持ちにさせてくれます。インカの聖なる木、パロサントの香りは邪気を払い、心を穏やかにしてくれる香りです。お客様はパロサント精油を瞑想のときに使用するととても良いと言われました。この香りも脳のGABAA受容体に結合して鎮静効果を発現してるのかもしれません。

|

« 精油成分の抗酸化活性 | Main | 洋書を読んで病気に対する様々な見方を知る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16832439

Listed below are links to weblogs that reference 香水およびフィトチンドによるGABAA受容体増強:

« 精油成分の抗酸化活性 | Main | 洋書を読んで病気に対する様々な見方を知る »