« 第64回日本循環器心身医学会に参加して | Main | 香りは嗅覚系を経て免疫機能回復 »

October 29, 2007

香りによる免疫機能回復メカニズム

Interactions of Sensory/and Immune Systems(Stress and Immunology : Interaction of sensory/and immune systems)

感覚系と免疫系との相互作用(ストレスと免疫:感覚系と免疫系との相互作用)

横山 三男 1

Yokoyama Mitsuo 1

1久留米大学医学部免疫学

1Department of Immunology, Kurume University Shool of Medicine

キーワード 神経系 免疫系 感覚系 情報伝達
        neuronal system immune system sensory system interaction

抄録

The neuronal and immune systems are ontogenically independent organs with an independent function which preserves the homeostasis of the body. The recent evidence provided information that immune system could be activated by non-antigenic stimulus e.g.stress.

神経系および免疫系は個体発生学的に独立器官であって、身体の恒常性(ホメオスタシス)を保持する独立した機能を持っている。最新の証拠は免疫系が非抗原性の任意のストレスによって活性化が出来るだろう情報を提供した。

homeostasis:恒常性(=ホメオスタシス)

The information on bidirectional communication between the neuronal and immune systems has been growing, while increasing evidence suggests that neuromodulators released from the neuronal systems influence the immune cells.

神経系と免疫系との双方向コミュニケーションへの情報は増加していた、一方増大する証拠は神経系から放出される神経修飾物質系が免疫細胞に影響することを示唆している。

bidirectional communication 双方向コミュニケーション
neuromodulators 神経修飾物質系

In addition, the activated immune cells release an array of immunomodulators that influence the physiologinc function of the nervous system. An attempt was made to recover the altered immune function following the exposure to stress by the treatment of the olfactory system with various fragrances.

さらに、活性化した免疫細胞は神経系の生理学的機能に影響する免疫調整物質を放出する。試みは、さまざまな香りで嗅覚系のトリートメントによってストレスへの暴露に続いて変化した免疫機能を回復することであった。

Immunomodulators:免疫調整物質

Through the deta with the experimentally designed models it was also defined that the individual sensitivity to the fragrances was found to be modulated by the genetic background of the individual.

実験的にデザインされたモデルによるデータを通して、また、香りに対する個々の感受性が個人の遺伝的バックグランドによって修飾されると解明されたことが定義された。

考えたこと

e.g.stress.を調べて任意のストレスと翻訳したが厳密にどんなストレスをさしているのかがわかりません。英語で調べたら(e.g. stress, fear, anger, doubt, frustration, impatience etc. )任意のストレス、不安、怒り、疑い、フラストレーション、短気など)を指すみたいです。

また、香によって神経系の問題が良くなると免疫系に良い影響をあたえるようです。精油の選択によってこのメカニズムで免疫系が鍛えられると風邪の予防になるかもしれません。


|

« 第64回日本循環器心身医学会に参加して | Main | 香りは嗅覚系を経て免疫機能回復 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16915920

Listed below are links to weblogs that reference 香りによる免疫機能回復メカニズム:

« 第64回日本循環器心身医学会に参加して | Main | 香りは嗅覚系を経て免疫機能回復 »