« 桂花(金木犀)の香り摂食促進物質「オレキシン」抑制 | Main | フィトアロマ研究所語り部の会「10月30日(火)」お知らせ »

October 13, 2007

アロマセラピーマッサージ救急病棟看護師ストレス減少

Aromatherapy Massages With Music Dramatically Reduced Stress Levels In Nurses

ミュジック付きのアロマセラピー マッサージ看護師のストレスレベル急激に減少

Science Daily — Nurses working in an accident and emergency department reported that their anxiety levels fell dramatically when they were given aromatherapy massages while listening to music, according to recent research in the Journal of Clinical Nursing.

救急病棟に勤務している看護師は、英国の臨床看護雑誌での最新研究によると、音楽を聞ながらアロマセラピー・マッサージを受けると、看護師の不安レベルが急激に減少したと報告した。


Two 12-week alternative therapy sessions were provided over the course of a year. 86 nurses participated in the study, with 39 taking part in both the summer and winter sessions. Researchers found that 60 per cent of the staff - 54 per cent in summer and 65 per cent in winter - suffered from moderate to extreme anxiety.

2つの12週代替療法セッションは1年コースで行われた。本研究に参加した86人の看護士で、夏および冬のセッション両方に参加したのは39人であった。研究者は、スタッフの69% ― 夏で54%および冬の65%が中程度から強度な不安に悩んでいた。

But this fell to just eight per cent, regardless of the season, once staff had received 15-minute aromatherapy massages while listening to relaxing new-age music.

しかし、季節にかかわらず、看護師がリラックス用のニューミュージックを聞きながら15分のアロマセラピー マッサージを受けるならばこの数字が丁度8%に落ちた。

The study also sought to examine whether there were any seasonal differences in stress levels.
"There's always been a perception that staff feel more stressed in the winter months -- when they deal with more serious respiratory and cardiac cases -- and the stress levels we recorded would seem to support this" says Marie Cooke, Deputy Head of the School of Nursing and Midwifery at Griffith University, Queensland, Australia.

また、本研究は、ストレス レベルにおいてどんな季節的相違があるかどうかについて調査しようとした。「看護師は、冬の月によりストレスを受ける感じがあるとの認識を常に持っていた。その時は、重篤な呼吸器および心臓の症例を処置して、記録したストレスレベルはこのことをサポートするようであると、オーストラリア、クイーンズランド、グリフィス大学、看護師と助産師科、教頭、Marie Cookeは述べてます。

"But when we analysed the workload figures and case distribution we found little difference between winter and summer patient levels during the study periods. Staff dealt with just over 10,700 patients each season and the number of deaths and the percentage of patients in each triage category (which determines how quickly people need to be seen) was fairly consistent between the seasons.

「しかし、作業負荷の数値およびと症例分布を分析したとき、研究期間の間冬と夏との患者ストレス レベルにほとんど相違を見出せなかった。看護師はそれぞれの季節にちょうど10,700人以上の患者を看護して、それぞれのトリアージ・カテゴリー(いかに早く患者を診なければいけなかを決定)死亡数および患者のパーセンテージは季節間でかなり一貫していた。

Triage:トリアージ(患者の治療優先順位を決めるための医学的ふるい分け)

"However the fact remains that providing alternative therapy was more effective during the winter months. During both study periods the number of staff feeling stressed fell to eight per cent, but there was a greater reduction in winter, when the number fell from 65 per cent, than in the summer, when the pre-massage score was 54 per cent.

「しかし、代替療法を提供するのは冬の月の間により効果的だったという事実はあります。研究期間の間にストレスを感じている看護師の数は8%に減少したが冬に大きな減少があって、夏より数字は65%から減少して、マッサージ前の数値は54%であった。

As well as measuring staff's anxiety levels before and after aromatherapy massages, 68 responded to a detailed occupational stress survey -- 33 who had taken part in the summer sessions and 35 from the winter sessions.

アロマセラピー・マッサージの前後に看護師の不安レベルを測定すると同様に、68人がに詳細な職業ストレス調査に答えた ― 夏のセッションに33人参加および冬の35人参加。

The survey - which included measuring occupational stress factors such as pressure of responsibility, quality concerns, role conflict, job satisfaction and self esteem - was carried out before and after each 12-week period.

責任へのプレシャー、質の問題、役割葛藤、職務満足度および自尊感情などの職業ストレス要因の測定を含んだ調査は各12週期間の前後に行われた。

quality concerns 質の問題
role conflict 役割葛藤
job satisfaction 職務満足度
self esteem 自尊感情

It revealed that occupational stress levels were consistent between the summer and winter trials.
Staff who took part in the study had an average age of 38 and had spent just over seven years working in the emergency department. 80 per cent were female and 60 per cent worked full time. Comparisons with national statistics showed that the sample had more male and full-time staff than national averages.

職業性ストレス・レベルが夏と冬の臨床試験との間で整合していることを明らかにした。本研究に参加した看護師の平均年齢は38歳であって、救急病棟にちょうど7年以上勤務していた。80%は女性で、60%はフルタイム勤務であった。全国統計との比較は全国平均よりサンプルが男性およぶフルタイム勤務の看護師が多かったことをしめした。

occupational stress:職業性ストレス

Massages were provided by a qualified therapist who sprayed aromatherapy mist above the heads of participants and then massaged their shoulders, mid back, neck, scalp ,forehead and temples, while they listened to relaxing music on headphones.

マッサージは認定アロマセラピストによって行われて、参加者の頭上にアロマセラピーミストをスプレイされて、ヘッドホンでリラックス ミュジックを聞きながら、看護師の肩、背中の中央、首、頭皮、額およびこめかみをマッサージをした。

Participants, who were seated in a quiet room, were able to choose the essential oil used, from rose, lavender, lime or ocean breeze -- a combination of lavender, ylang ylang, bergamot and patchouli.

静かな部屋に座った参加者は、ローズ、ラベンダー、ライムまたは海のブリーズ(ラベンダー、イランイラン、ベルガモットおよびパチョリのブレンド)から使用する精油を選択することができた。

Sixteen massages were carried out over a two-day work period each week, with the names of all staff working those days put into an envelope and selected at random.

16のマッサージは、毎週、2日の就業期間にわたって行われて、これらの日に働く全ての看護師の名前が封筒に入れられて無作為に選ばれた。

"There is scope for a lot more research into this area," concludes Dr Cooke.

「この分野への多くの研究の余地がある」と、Dr Cooke.は結論しています。

"We would be interested to see if different types of alternative therapy produced different results and whether factors such as age, gender and health status had any effect on the outcome.

「異なる種類の代替療法が異なる結果をもたらしたかどうか、および年齢、性と健康状態などの要因が結果にどのような影響を及ぼしたかを調べることに興味を持っている。

"But what is clear from this study is that providing aromatherapy massage had an immediate and dramatic effect on staff who traditionally suffer high anxiety levels because of the nature of their work.

「しかし、本研究により明らかなことは、アロマセラピー・マッサージを提供することが看護師仕事の性格上のために伝統的に高い不安レベルに苦しむスタッフに即効的で劇的な効果を及ぼしたことであります。

"Introducing stress reduction strategies in the workplace could be a valuable tool for employers who are keen to tackle anxiety levels in high pressure roles and increase job satisfaction."


「職場でのストレス対策導入は重圧がかかる役割で不安レベルに取り組む職員に対する有益な道具になることが出来て職務満足を増加させることができるだろう。」

stress reduction strategie:ストレス対策

考えたこと

看護を受ける方にたいしてのアロマセラピー マッサージのことはよく掲載されてます。看護をする職業の看護師さんもストレスを受ける仕事です。病院として看護師さんのストレス減少対策は看護師さん不足のおり大変重要だと思います。この記事でアロマセラピーマッサージが看護師さんのストレス減少に役に立つこ実証してます。まず、病院の看護師さん確保のためにアロマセラピーを受けてもらい、看護師さんの受けた体験を看護に生かせないかを研究して、アロマセラピーが医療現場に入れればいいなーと思いました。

|

« 桂花(金木犀)の香り摂食促進物質「オレキシン」抑制 | Main | フィトアロマ研究所語り部の会「10月30日(火)」お知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16751179

Listed below are links to weblogs that reference アロマセラピーマッサージ救急病棟看護師ストレス減少:

« 桂花(金木犀)の香り摂食促進物質「オレキシン」抑制 | Main | フィトアロマ研究所語り部の会「10月30日(火)」お知らせ »