« 調香の考え方と技術について | Main | 第64回日本循環器心身医学会に参加して »

October 27, 2007

グレープフルーツジュース成分フロクマリン物質の発がん化阻害

Grapefruit juice gets anti-cancer fillip

グレープフルーツジュースの抗がん刺激

Grapefruit juice and its active components, furocoumarins, may inhibit cytochrome P450 enzymes involved in the activation of compounds into cancer-causing compounds, suggests new research from the US.

グレープフルーツ・ジュースおよびその活性成分、フロクマリンには物質を活性化して発がん物質化に関与するチトクロームP450酵素を阻害する可能性があると、米国からの新調査は示唆している。

Researchers from Texas A&M University report that extracts from grapefruit juice could inhibit the enzymes at concentrations of 25 per cent or lower,

テキサスA&M大学よりの研究はグレープフルーツ・ジュースの抽出物が25%または低濃度で酵素を阻害することができるだろう。

"Grapefruit juice bioactive components may act as potent inhibitors of cytochrome P450 enzymes that are involved in activation procarcinogen to carcinogen," wrote the authors in the Journal of Food Science.

「グレープフルーツ・ジュースの生理活性成分は、癌原物質を癌物資へ活性化することに関与するチトクロームP450酵素の有効な阻害剤として働くかも知れない」と、Food Scienceジャーナルの著者が書いた。

procarcinogen 癌原物質

"This represents a unique mechanism in the anticarcinogenesis strategy, part of which includes reducing the generation of reactive oxygen species."

「このことは抗がん性物質戦略においてユニークな機構で、その一部は活性酸素種の生成を減少さえることを含みます。」

anticarcinogenesis 抗がん性物質

Grapefruit contain flavonoids, which have received much attention because of their ability to scavenge free radicals. Recently, American and Chinese researchers reported that one specific flavonoid, naringenin, has anti-cancer effects beyond that of an antioxidant (Journal of Nutritional Biochemistry, Vol. 17, pp. 89-95).

グレープフルーツはフリーラジカルを消去する能力があるために多くの注目を浴びたフラボノイドを含有しています。最近、米国および中国の研究者は、1つの特異的なフラボノイド(ナリンゲニン)にはその抗酸化を超えた抗がん作用があると報告した。

Another study from Israeli scientists reported that eating a red grapefruit daily could lower blood cholesterol by 15 per cent (Journal of Agricultural and Food Chemistry, doi:10.1021/jf058171g).

イスラエル科学者のもう一つの研究は、毎日赤いグレープフルーツの摂食は15%まで血中コレステロールを低下させるだろうと報告した。

The new study investigated the effects of grapefruit and its active components on the activity of different enzymes in the cytochrome P450 group. These enzymes are involved in the metabolism and detoxification of many environmental carcinogens, fatty acids, fat soluble vitamins, and 60 per cent of currently-marketed drugs, stated the researchers.

新研究はチトクロームP450群で異なる酵素の活性へのグレープフルーツおよび活性成分の作用を検査した。これらの酵素は代謝および多くの環境発がん物質、脂肪酸、脂溶性ビタミン、および現在市販の薬剤の60%の解毒に関連しています。と研究者は述べた。

Lead researcher B.S. Patel and co-workers looked at the enzyme inhibiting effects of seven different grapefruit and pummelo juices, in addition to five furocoumarins isolated from grapefruit juice - paradisin A, dihydroxybergamottin, bergamottin, bergaptol, and geranylcoumarin.

主任研究者のB.S. Patelらは、異なる7のグレープフルーツおよびポメロジュース、さらにグレープフルーツ・ジュースより単離したフロクマリン― paradisin A、dihydroxybergamottin、ベルガモチン、bergaptolおYOBI
geranylcoumarin の酵素阻害作用を調べた。

They report that both juices inhibited cytochrome CYP3A4 and CYP2C9 isoenzymes at a concentration of 25 per cent, while inhibition of the CYP2D6 isoenzyme was less at all the concentrations tested.

彼らは、両方のジュースは25%の濃度でチトクロームCYP3A4およびCYP2C9アイソザイムを阻害したと報告している。一方、CYP2D6アイソザイムの阻害は検査された全ての濃度でより少なかった。

それぞれ、これの後にdihydroxybergamottin、bergamottin、bergaptolとgeranylcoumarinが続いた。
「グレープフルーツ・ジュースによるチトクロームP450酵素とそのソラーレンの抑制は十分に吸収されなかった薬の生物学的利用能を改良する際に若干の臨床利点を提供する、そして、服用必要条件を減らしなさい、そして、最後に、コストを下げて、健康を利用することはグレープフルーツ・ジュースを消費することで利益を得る」と、研究者が述べた。

Moreover, paradisin A was reported to be the most active inhibitor amongst the furocoumarins. This was followed by dihydroxybergamottin, bergamottin, bergaptol, and geranylcoumarin, respectively.

さらに、paradisin Aはフロクマリン類のなかで最も活性がある阻害剤であると報告された。それぞれ、これの後にdihydroxybergamottin、ベルガモチン、bergaptolとgeranylcoumarinが続いた。

"Inhibition of cytochrome P450 enzymes by grapefruit juices and its furocoumarins offers some clinical advantages in improving bioavailability of poorly absorbed drugs and reduce the dose requirements and ultimately reducing the cost and harnessing the health benefits of consuming grapefruit juice," stated the researchers.

「グレープフルーツ・ジュースおよびそのクマリンによるチトクロームP450酵素の阻害はある種の臨床利点を提供します。それは、吸収しにくい薬剤の
生物学的利用能の改善および究極のコスト削減とグレープジュース摂取の健康への有益性の利用であります。と研究者は述べた。

|

« 調香の考え方と技術について | Main | 第64回日本循環器心身医学会に参加して »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16893648

Listed below are links to weblogs that reference グレープフルーツジュース成分フロクマリン物質の発がん化阻害:

» 「グレープフルーツ」 に関する口コミ、評判、ショッピング情報のブログリンク集 [ブログの口コミ、評判、いい商品!]
グレープフルーツでの検索結果をマッシュアップして最新ブログからの口コミや評判、ショッピング情報をまとめています [Read More]

Tracked on November 16, 2007 at 05:20 AM

« 調香の考え方と技術について | Main | 第64回日本循環器心身医学会に参加して »