« ブログ書き始めて今日で1,000回目 | Main | 精油成分の抗酸化活性 »

October 19, 2007

柑橘系精油成分モノテルペンモノアミン放出増加

Flavor components of monoterpenes in citrus essential oils enhance the release of monoamines from rat brain slices.

柑橘系精油風味成分のモノテルペンラット脳スライスからモノアミン放出増強

Monoamine:モノアミン(酸化を促進する酵素)

PUBMEDより
1: Nutr Neurosci. 2006 Feb-Apr;9(1-2):73-80.

Fukumoto S, Sawasaki E, Okuyama S, Miyake Y, Yokogoshi H.

Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology of Japan, University of Shizuoka, Suruga-ku, Japan. syuichi_fukumoto@pk.pokka.co.jp

Citrus essential oils have been utilized widely in traditional medicine, and there are various reports of actions such as effects on behavior and effects on pain stimulation response due to exposure.

柑橘系精油は伝統医学で広く利用されていて、暴露の結果として疼痛刺激の反応に対する行動および作用についての効果などの様々な報告がある。

However, there are no reports concerning effects on neurotransmitters after ingestion, and uptake within the brain. We used brain tissue slices to investigate the effect of compounds in lemon essential oil on monoamine release.

しかし、投与後の神経伝達物質に対する作用、および脳内の取り込みへの作用に関する報告がない。脳組織スライスを使用して、モノアミン放出へのレモン精油の化合物を調査した。

We investigated R-limonene, gamma-terpinene and citral, major components of lemon essential oil; S-limonene, an isomer of R-limonene and metabolites of these compounds.

レモン精油の主要成分、R-リモネン、γ-テルピネンおよびシトラール;R-リモネンの異性体、S-リモネンおよびこれら化合物の代謝物を調査した。

Metabolite:代謝物

The effect of each compound on monoamine release from brain tissue slices was found to be dose-dependent. R-Limonene and its S-isomer demonstrated differences with regard to monoamine release from brain tissue. S-Limonene and its metabolites were found to have a stronger effect than the R-isomer. Limonene metabolites taken up in vivo were also found to have a stronger effect on monoamine release than both the R-form and the S-form.

脳組織スライスからのモノアミン放出に関して各々の化合物の作用は容量依存であるとわかった。R-リモネンおよびそのS-異性体は脳組織からのモノアミン放出に関して相違を示した。S-リモネンおよびその代謝物はR-異性体より作用があることがわかった。また、in vivoで取り上げたリモネン代謝物はR-リモネンとS-リモネンの両方よりモノアミン放出に強い作用があることを解明した。

In an investigation of dopamine release using stratum slices, terpinene and pinene demonstrated no clear differences in activity attributable to isomers. However, rho-cymene, a gamma-terpinene metabolite, was found to have a stronger effect than gamma-terpinene. These results suggest that the metabolites of these monoterpene compounds contained in citrus essential oils have a stronger effect on monoamine release from brain tissue than the monoterpene compounds themselves.

組織層スライスを用いてドーパミン放出の調査で、テルピネンおよびピネンは異性体に起因している活性で明確な差を示さなかった。しかし、ロ-シメン(γ-テルピネン代謝物)はγ-テルピネンより強い作用があることがわかった。これらの結果は、柑橘系精油に含有するこれらのモノテルペン化合物の代謝物がモノテルペン化合物単体よりモノアミン放出に強い作用があることを示唆している。

PMID: 16913049 [PubMed - indexed for MEDLINE]

考えたこと

このことは精油成分そのものより体内に入って代謝してあらたな代謝物になった成分が効果あることを示しています。以前、リモネンが抗ガン作用がるのはリモネンの代謝物にあることをブログに書きました。精油が体内に吸収されてどのよう代謝するのかしないのかに関しての資料はあまりないです。精油成分がどのように代謝して薬理効果を上げるのかが知りたいです。精油成分が細胞の受容体と結合して新しい成分を作り、それが作用を及ぼし体に役に立つ物を放出するのかもしれません。これらのメカニズムがわかると薬剤として使用できるのかもしれません。

リモネン体内代謝産物の抗腫瘍作用

乳がん化学予防におけるモノテルペン(リモネン)

ディエトアロマ・オーガニックレモン精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« ブログ書き始めて今日で1,000回目 | Main | 精油成分の抗酸化活性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16812856

Listed below are links to weblogs that reference 柑橘系精油成分モノテルペンモノアミン放出増加:

« ブログ書き始めて今日で1,000回目 | Main | 精油成分の抗酸化活性 »