« 香りによる免疫機能回復メカニズム | Main | 今日のつぶやき »

October 30, 2007

香りは嗅覚系を経て免疫機能回復

Psychoneuroimmunology(Basic Research of Psychosomatic Medicine)

精神神経免疫学(心身医学の基礎研究)

Psychoneuroimmunology 精神神経免疫学

横山 三男 1

Yokoyama Mitchel Mitsuo 1

1久留米大学医学部免疫学講座

1Department of Immunology, Kurume University School of Medicine

キーワード 免疫応答 サイトカイン 神経伝達物質 五感 自律神経系

        immune response cytokine neurotransmitter the five senses autonomic nervous system

抄録

Cytokines released from activated T lymphocytes effect not only immune circuit but also the nervous system. Neurotransmitters or neuropeptides released after nervous stimulation transmit signals to the nerve system as well as to the immune system. Therefore, bidirectional signal interactions are found to be acrossed between the nervous and immune systems  Therefore, bidirectional signal interactions are found to be acrossed between the nervous and immune systems

活性化Tリンパ球から放出されたサイトカインは、免疫学的回路だけでなく神経系にも作用する。神経刺激が神経系と同様に免疫系に信号を送付後に神経伝達物質または神経ペプチドが放出された。従って、双方向的信号相互作用が神経系と免疫系との間で交差したことが解明された。

activated T lymphocytes :活性化リンパ球
immune circuit 免疫学的回路
neuropeptides 神経ペプチド
nervous stimulation 神経刺激

Various reports have been accumulated the facts that different forms of stress influence immune regulation either up or down in immune response. In general, the immune response is known to be decreased after various forms of stress applited to mice, and the altered immune response was returned to the normal level by the exposure to aromatic fragrances in the stressed-mice.

さまざまな報告は異なる形式のストレスが免疫応答における免疫調節の上昇かそれとも下降のどちらかに影響を与える証拠を蓄積した。一般に、免疫応答はマウスに適用した様々な形態のストレス後に低下することは知られていて、ストレスを受けたマウスに芳香を暴露することによって正常レベルに戻った。

immune regulation 免疫調節

Furthermore, the alteration of the immune response was not able to recover by the pretreatment of the stressed mice with procain before the exposure to the fragrance.

さらに、免疫応答の変化は香りへの暴露前にストレスを受けたマウスにプロカインの前処置によって回復することができなかった。

Procain:プロカイン、局所麻酔薬の一つ

The results indicate that the sensory system of the body may regulate immune function, and the effect of the fragrance on the stressed mice with decreased immune response was proved to be recovered via the olfactory system. Further sudies on the effects of the olfactory system by a variety of fragrance which reflect to immune responses together with other sensory systems are expected to be carried out.

この研究結果は身体の感覚系が免疫機能調整している可能性があって、免疫応答低下のストレスを受けたマウスへの芳香作用は嗅覚系を介して回復されることが証明された。他の感覚系と共に免疫応答に反映する様々な芳香によっての嗅覚系の作用に関する更なる研究が実施されることを期待する。

|

« 香りによる免疫機能回復メカニズム | Main | 今日のつぶやき »

Comments

大変興味があります。
香りを嗅ぐとほっとしますもの。
もっと研究がされればいいのにと思います。しかも人間で。

Posted by: takako | October 31, 2007 at 08:56 PM

香りを嗅ぐとほっとする気分を病院で入院されてる患者さまにも味わえる機会があるといいですね。ブログに今月はアロマ重点の月と書いてありました。医療現場にアロマセラピー普及にがんばってください。人間での文献を探していくつもつもりです。

Posted by: おっさんアロマ本人 | November 02, 2007 at 09:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/16925320

Listed below are links to weblogs that reference 香りは嗅覚系を経て免疫機能回復:

« 香りによる免疫機能回復メカニズム | Main | 今日のつぶやき »