« フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油発売 | Main | がんレポート:体重減がん発症減少 »

November 30, 2007

野菜・果物の抗酸化物質時ともに増加

先日、検索をしていたら次の記事を見つけました。Fruit, veg antioxidant profile increases with time、果物、野菜の抗酸化物質は時間とともに増加。

The antioxidant capacity of fresh fruit and vegetables does not decrease during storage, and the polyphenol content even increases, suggests new research.

新鮮な果物および野菜の抗酸化力は保存中に減少しなくて、ポリフェノール内容量はより増加すると新研究は示唆している。

この記事を読んだときにバナナのことを思い出しました。以前、TVの番組でバナナが熟してきて皮に黒い点ができているバナナを食べると健康に良いと言っていました。

なぜ果物および野菜は抗酸力が増えるのでしょうか。抗酸化力を強めることによってはすぐに腐らないようにしているのか知れません。

時間とともに失われるビタミンやミネラルがあるかもしれませんが逆に抗酸化力が増えるなら古くなって野菜・果物を食べることはそれなりに健康に良いことがわかりました。

|

« フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油発売 | Main | がんレポート:体重減がん発症減少 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油発売 | Main | がんレポート:体重減がん発症減少 »