« 翻訳に関して | Main | アロマセラピーなどのガン患者非薬物疼痛管理 »

November 22, 2007

月桃精油の血管拡張作用

Cardiovascular effects of the essential oil of Alpinia zerumbet leaves and its main constituent, Terpinen-4-ol, in rats: role of the autonomic nervous system.

月桃葉精油およびその主要成分テルピネン-4-olのラットにおける血管拡張作用:自律神経系の役割。

1: Planta Med. 2002 Dec;68(12):1097-102.

Lahlou S, Galindo CA, Leal-Cardoso JH, Fonteles MC, Duarte GP.

Departamento de Fisiologia e Farmacologia, Universidade Federal de Pernambuco, Recife-PE, Brasil. lahlou@npd.ufpe.br

Cardiovascular effects of intravenous ( i. v.) treatment with the essential oil of Alpinia zerumbet (EOAZ) were investigated in rats. Additionally this study examined (I) whether the autonomic nervous system is involved in the mediation of EOAZ-induced changes in mean aortic pressure (MAP) and heart rate (HR), and (II) whether these changes could be, at least in part, attributed to the actions of terpinen-4-ol (Trp-4-ol), the major constituent of EOAZ.

月桃精油の静脈内投与の血管拡張作用はラットで調査された。さらに、この研究では下記のことが調査された。

(I)自律神経系が平均動脈圧(MAP)および心拍数(HR)において月桃精油誘発変化の介在に関与しているかどうか。

(II)これらの変化が少なくとも月桃精油の主要成分、テルピネン4-olの作用によるものかどうか。

Cardiovascular effects:血管拡張作用
intravenous (i.v.) treatment 静脈内投与
mean aortic pressure (MAP) 平均動脈圧
HR heart rate 心拍数

In both pentobarbitone-anaesthetised and conscious rats, i. v. bolus injections of EOAZ (1 to 20 mg/kg) elicited immediate and dose-dependent decreases in MAP. In anaesthetised rats, EOAZ decreased HR only at higher doses (10 and 20 mg/kg), while changes of this parameter were not uniform in conscious rats.

麻酔されたラットおよび意識下ラットにおいて、月桃精油(10と20mg/kg)の静脈ボーラス投与は、平均動脈圧(MAP) の低下を急速および容量依存で引き起こした。麻酔されたラットで、月桃精油は高用量(10と20mg/kg)だけで心拍数を減少させ、一方、このパラメーターの変化は意識下ラットとは一致しなかった。

Pentobarbitone:ペントバルビタール
conscious rats :意識下ラット
bolus injection:ボーラス投与

Hypotensive responses to EOAZ were of the same order of magnitude or duration, irrespective of whether the animal was under general anaesthesia. Pretreatment of anaesthetised rats with bilateral vagotomy did not modify significantly the hypotensive and bradycardic responses to EOAZ.

動物が全身麻酔下にいたかどうかにかかわりなく、月桃精油へ降圧反応は、同じ順序の大きさまたは期間であった。両側迷走神経切離術をもつ麻酔されたラットの前処置は、有意に月桃精油への降圧性で徐脈性の反応を修正しなかった。

bilateral vagotomy 迷走神経切断
bradycardic responses:徐脈反応

In conscious rats, i. v. injections of bolus doses (1 to 10 mg/kg) of Trp-4-ol also elicited immediate and dose-dependent decreases in MAP.

意識下ラットにおいて、また、テルピネン4-olの静脈ボーラス投与(1 to 10 mg/kg)は、平均動脈圧(MAP) の低下を急速および容量依存で引き起こした。

However, these hypotensive effects were significantly greater than those evoked by the same doses of EOAZ (1 to 10 mg/kg). Intravenous pretreatment of conscious rats with either methylatropine (1 mg/kg) or hexamethonium (30 mg/kg) had no significant effects on the EOAZ-induced hypotension.

しかし、これらの降圧作用は、月桃精油(1~10mg/kg)の同容量によって引き起こされた降圧作用よりかなり大きかった。メチルアトロピン(1mg/kg)またはヘキサメトニウム(30mg/kg)どちらかによる意識下ラットの静脈内投与は月桃精油によって誘発された降圧作用に顕著な影響を及ぼさなかった。

These data show that i. v. treatment with the EOAZ in either anaesthetised or conscious rats induced an immediate and significant hypotension, an effect that could be partially attributed to the actions of Trp-4-ol. The hypotension appears independent of the presence of an operational sympathetic nervous system, suggesting that the EOAZ may be a direct vasorelaxant agent.

これらのデータは、麻酔をかけられたラットまたは意識下ラットのどちらにおいての月桃精油の静脈投与は急速で顕著な降圧作用を誘発して、この作用は一部テルピネン4-ol作用に帰することになるだろうことを示している。この降圧作用は機能中の交換神経系から独立しているように思われて、月桃精油には直接的血管弛緩作用がある可能性を示唆する。

PMID: 12494337 [PubMed - indexed for MEDLINE]


月桃精油の抗高血圧作用

ツリーバジル精油降圧作用メカニズム

|

« 翻訳に関して | Main | アロマセラピーなどのガン患者非薬物疼痛管理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 翻訳に関して | Main | アロマセラピーなどのガン患者非薬物疼痛管理 »