« おっさんの日記 | Main | あけましておめでとうございます。 »

December 31, 2007

大晦日に考えたこと

あと数時間で2007年もおわりです。今年はいろん講座や講演を聞きにいきました。2月のロン・グバー先生のセミナーを聞きに行きました。そこで、知り合いアロマセラピストさんに出会いました。ブログを読んでいて、ブログに書いてあることを話してくれないかとの誘いがありました。そこで、5月に名古屋まで行き話をさせていただき、精油の紹介までさせてい頂きました。そこでは、キャリアオイルの製造過程、キャリアオイルの脂肪酸、脂肪酸の体内代謝と炎症に関して、などを話ました。セミナーのために資料づくりをしました。とても勉強になりました。主催者さんおかげで10月にも名古屋に行き精油関係に関して話をさせていただきました。

また、7月には、ブログの読者の方で精油の化学セミナーでご一緒っさせていただいてるアロマセラピストさんのご依頼でアロマセラピストの方に関してお箸っさせていただきました。

12月には、ブログでも紹介しましたが大阪に行き、精油に関して話をさせていただきました。

今年は、ブログの読者の方のおかげでセミナーに招かれてお話する機会を与えていただき感謝しております。

毎日、アロマセラピーに関して書いてきたおかげかと思ってます。時々、何で無料で情報をだしているのかといわれることがあります。しかし、フィトアロマ研究所を知っていただくには情報の提供をしていくのが一番だと思っています。何故なら私自身はアロマセラピーに関する資格は何も持っていないですし、どこの組織にも所属していないです。それで、まだ知られていないブランドの精油、キャリアオイルを販売しています。個人で販売してますので宣伝力、資本もないですのでひたすらブログでフィトアロマ研究所を知っていただくために書いてます。

来年の機会を頂きお話ができればありがたいと思ってます。話すネタを仕入れるためにアロマセラピーの可能性を追求したいと思ってます。

7月下旬の東京での癒しフェアに出店しました。主催者側からの電話を頂き、いい機会かと思い出店しました。決めたがいいがどのようにディスプレーするか、値札のづくりやその他のことを考えていなかったのでどうしたら良いかと思案してました。以前、お世話になったお客様があるところでフェアーの精油販売の手伝いをしたと聞いたことを
思いだして、電話をしたら引き受けてくれました。彼女は商品を運べ販売ができる状態にしてくれました。彼女、ルミさんには、現在、フィトアロマ研究所のメルマガの原稿を書いて頂いてます。

フィトアロマ研究所では、12月から実際にアロマセラピーを行っている方に原稿を依頼して書いていただくようにしました。そのトップバッターがルミさんです。ルミさんは、夫婦で、石垣島移住に向けて野菜自給自足修行中の方です。東京で農作業をしながらアロマセラピーを実践されてます。土に触れて植物の心がわかり、植物のエセンスである精油を良く理解されている方です。植物の生き方、育つ環境、形等がわかると精油の作用もわかるような気がします。

これからのメルマガには、知り合いの他のアロマセラピストさんに依頼して原稿を書いてもらう予定です。現在、海外在住のアロマセラピストさんにラヴェインサラのレシピーの原稿を書いていただく依頼をしてます。将来的には様々な方にアロマセラピーに役立つことを書いていただきたいと思ってます。

海外からの精油輸入ではあまり知られていない精油を販売してきたので、これからはもっと精油の活用法に関して調べなければ販売に結びつきません。数を増やすことに集中するのではなくてそれぞれの精油に関しての情報収集に集中しなければいけないと思うようになりました。

今年からフローラルウォーター1リットルの取り寄せ販売を始めました。ネット販売はしてませんが価格表には案内してます。特に、ネロリは人気があります。フローラルウォーターの種類を増やしたいと思ってます。今度、サンプルとしてピンクロータス、プルメリアなどのフローラルウォーターが1月に入荷します。

来年はフィトアロマ研究所の精油・キャリアオイルを知っていただく機会を増やさしていくつもりです。今年はブログのアクセス数が20万件超しましたが、ブログに関してはアロマセラピーにお役に立つ海外の情報を収集したいと思ってます。

来年が読者の皆様にとって良い年になることを祈ってます。


|

« おっさんの日記 | Main | あけましておめでとうございます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« おっさんの日記 | Main | あけましておめでとうございます。 »