« 野菜・果物の抗酸化物質時ともに増加 | Main | がんレポート2:出来る限りスリムに »

December 01, 2007

がんレポート:体重減がん発症減少

Report says drop weight to cut cancer

体重減がんを減少させるとレポートは述べている

What people eat and how fast they grow are both significant causes of cancer, but many people still incorrectly believe that factors such as pesticides on food are bigger causes, experts reported on Wednesday.

人々は何を食べてどの位速さで成長するかの両方はがんの最も重要な原因であるが、まだ、多くの人々は誤って食品への農薬などの因子がより大きな原因であると信じている。と専門家は水曜日に報告した。

Breastfeeding reduces the risk of cancer for mother and child, and tall people have a higher risk of cancer than shorter people, the report found.

母乳育児は母と小児のために癌のリスクを減らして、背の高い人々は低い人よりがんのリスクが高いですと報告書は解明した。

"We need to think about cancer as the product of many long-term influences, not as something that 'just happens,'" Dr. Walter Willett, a nutrition expert at the Harvard School of Public Health in Massachusetts, told a news conference.

「何かが丁度起こることでなくて、長期間にわたる影響の産物であるとガンについて考える必要があります。」マサチューセッツ州、ハーバード公衆衛生大学院、栄養学専門家、Dr. Walter Willettは記者会見で述べた。

Harvard School of Public Health ハーバード公衆衛生大学院

The report, released jointly by the World Cancer Research Fund and the American Institute for Cancer Research, is the result of five years of study by nine teams of scientists.

世界癌研究基金(World Cancer Research Fund)と米国癌研究財団(American Institute for Cancer Research)との共同で発表された報告書は9つのチーム科学者の5年間の研究結果である。

They reviewed 7,000 studies on diet, exercise, weight and cancer.

ダイエット、運動、体重およびがんに関しての7,000の研究を概説した。

Most of what they recommended is in line with what health experts, including governments and the World Health Organization, have long been advising -- that diets based on fruits, vegetables and whole grains and that go easy on red meats, dairy products and fats protect against heart disease, diabetes and cancer.

報告書で最も推奨したことは政府および世界保健機構が長く助言していたものと一致している-果物、野菜および全粒穀物に基づく食事および赤肉、乳製品および脂肪を避けることは心臓病、糖尿病およびガンの予防になります。

They found evidence that factors such as hormones that cause the body to grow quickly may be involved in some cancers.

身体の成長促進を引き起こすホルモンなどの因子はある種のガンに関与するかもしれない証拠を解明した。

"We found that tallness is also probably linked to increased risk for ovarian, pancreatic and pre-menopausal cancer as well," said Willett. He stressed that tall people are not destined to get cancer but should take care to maintain healthy habits.

「また、多分、身長の高さが同様に卵巣がん、すい臓がんおよび乳がんに対しての発症リスク増大に関連していることを発見した。」とWillettは述べた。背の高い人ががんになることになってはいないが健康的な習慣を維持することに気をつけるべきだ。

ovarian cancer 卵巣がん
pancreatic cancer すい臓がん

The groups make keeping a healthy weight their No. 1 recommendation to reduce the risk of cancer.

研究グループはがん発症リスク軽減のためのNo.1提言は健康的な体重を維持することであります。

考えたこと

がんのリスクを減らすには健康的な体重を維持することが一番であると書いてありました。健康な体重を維持するためには食事のことを考える必要があります。現在では体に良いと言われている有機栽培野菜や果物、保存料や着色量を使用していない食べ物を摂取するかたが増えています。しかし、体重増のかたは多いいです。良いものをたくさん摂取すると太ることになります。脂肪酸を変更して健康に良い植物油を販売してますがことてたくさん
摂取すると太ります。

人はなぜ太ることがわかっていてもどか食いをしてしまうのでしょうか。口がさみしいと言って食べしまいます。これは心が満足していない、つまんないから食べることによって心を満たします。幼児のころは泣いて乳を飲むと
心が満たされて泣きやみます。

この心を満たして、体も満たして太る原因になる摂食行動を少しでも減らすには食べることの以外で心を満たすにはアロマセラピーなどの五感を使うことが大切かも知れません。

食べたくなったら香りを食べて満足させるとカウチポテトなどの食べる回数が減少するかもしれません。がん予防には減量が一番大切なので減量になる方法の開発が大切です。

いつものとおりとりとめもなく思いついたことを書きました。

|

« 野菜・果物の抗酸化物質時ともに増加 | Main | がんレポート2:出来る限りスリムに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 野菜・果物の抗酸化物質時ともに増加 | Main | がんレポート2:出来る限りスリムに »