« クレメンタイン5ml精油発売中 | Main | ジンジャーグラス・精油発売 »

January 18, 2008

海外の精油仕入について

海外のアロマセラピー文献を翻訳するとなると英語の用語、化学、植物、医学等いろんな用語を調べて、日本語の言い回しを確認します。検索をしているうちにまだ日本では知られていない精油にぶつかります。

興味があると本来の翻訳の調べものから精油の方に興味がわきそれを調べることになってしまいます。興味のわく精油は、その国の伝統医療、アユールヴェダー、中医学などに使用されている植物の精油、香りが良くて香水の原料になるような精油などです。

最近発売したジンジャーリリー精油はとても好評です。香りを嗅ぐと身体が反応すると言われました。自分でも脊椎のところになにかを感じます。これは、アユールヴェダー関係に興味があったときに見つけてとりあえず少量購入してみました。香りへのお客様の反応がよかったので本格的に販売しました。

そして、精油に関する資料を集めました。日本語での資料はあまりないので英語で検索して集めました。集めることによって、また、他の精油を見つけることがあります。

香りの商売のために、知らない精油はまず購入してみていいか悪いかを判断します。このために、無駄な精油を
購入することになります。しかし、これも経験になります。

先日、新しいところからピンクロータス精油を購入しましたがアブソリュートでしたが以前購入したところの精油とは濃度、色、香りは違っていました。ピンクロータスは今まで、3箇所から購入しましたが全部香りは違っていました。

供給先によって精油の香り、品質の違うことがよくわかります。これも、いろんなところから購入して初めてわかります。

また、いろんなところから購入することによてどんな精油がくるのかを楽しむことができます。これらによって感覚が磨かれて、新しい精油を探すのに役にたちます。

これからも新しい精油探しを続けたいです。売れ筋精油が見つかるこを祈りながら!

|

« クレメンタイン5ml精油発売中 | Main | ジンジャーグラス・精油発売 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« クレメンタイン5ml精油発売中 | Main | ジンジャーグラス・精油発売 »