« ストレスで免疫低下原因ウィルスにより子宮頸癌発症 | Main | インド産サンダルウッド精油 »

February 17, 2008

ティートリー精油炎症性微小血管への作用

Regulation of Wheal and Flare by Tea Tree Oil: Complementary Human and Rodent Studies

ティートリー精油による小さな腫れおよびフレアーの制御:補完療法のヒトおよび齧歯類での研究

Wheal:小さな腫れ 、発赤を中心とした2-3mmの範囲に浮腫を伴った腫れ。
Flare:フレア、腫れの周辺数cmの範囲にも血管拡張による紅潮。 .

Zeinab Khalil*, Annette L Pearce†, Narmatha Satkunanathan*, Emma Storer†, John J Finlay-Jones†,‡ and Prue H Hart

1.National Ageing Research Institute, University of Melbourne, Parkville, Victoria, Australia
2.Department of Microbiology & Infectious Diseases, School of Medicine, Flinders University, Adelaide, Australia
3.Telethon Institute for Child Health Research, Centre for Child Health Research, University of Western Australia, Perth, Australia

Correspondence: Dr. Prue H. Hart, Telethon Institute for Child Health Research, PO Box 855, West Perth 6872, Australia. Email: prueh@ichr.uwa.edu.au

Anstract

抜粋

When applied 20 min after injection of histamine into human forearm skin, tea tree oil (TTO) reduces the developing cutaneous vascular response.

ヒト前腕皮膚にヒスタミン投与20分後に塗布すると、ティートリー精油(TTO)は皮膚血流変化発症を減少させる。

cutaneous vascular response :皮膚血流変化

In this study, the effect of TTO on inflammatory microvascular changes was dissected at the base of an experimental blister on rat skin. 1,8-Cineole, representing 2% of TTO, reduced vascular changes induced by sensory neuropeptides released when the distal portion of a cut sciatic nerve was electrically stimulated. The pre-terminal modulatory effect of 1,8-Cineole was confirmed in tests in sensory-denervated rats.

本研究において、炎症性微小血管の変化へのティートリー精油(TTO)作用がラット皮膚の基部で分析された。ティートリー精油(TTO)の2%に相当する1,8シネオールは、末梢神経切断の遠位部が電気的に刺激されるときに放出された感覚神経ペプチドによって誘発された血管変化を低下させた。1,8シネオールの末梢調節作用が感覚神経切断ラットの検査で確認された。

microvascular changes 微小血管の変化
blister 水疱
vascular changes 血管変化
sensory neuropeptides 感覚神経ペプチド
distal portion 遠位部
sciatic nerve 末梢神経
modulatory effect 調節効果

Terpinen-4-ol (approximately 40% TTO) reduced substance P-induced microvascular changes and protein extravasation by a direct nitric oxide-mediated effect on the microvasculature, without sensory nerve involvement. α-Terpineol (3% of TTO) regulated both pre- and post-sensory nerve terminals.

テルピネン-4-ol(ティートリー精油のほぼ405%)は、感覚神経の関与なしで微小血管へ直接一酸化窒素仲介作用することによってP-誘発の微小血管の変化およびタンパク質の漏出を低下させた。α-テルピネオールは両方の前回および後回感覚神経終末を調節した。

protein extravasation タンパク質の漏出
nitric oxide-mediated effect 一酸化窒素仲介作用
sensory nerve involvement 知覚神経の関与
microvasculature 微小血管
sensory nerve terminals 感覚神経終末

In human skin, terpinen-4-ol applied 10 min after histamine injection, but not α-terpineol or 1,8-cineole, regulated the developing wheal and flare suggesting that the histamine-induced responses in humans (at the dose used in this study, 50 L of 330 M histamine) are in large part determined by histamine directly affecting the vasculature via post-terminal-mediated events.

ヒトの皮膚で、α-テルピネオールまたは1,8-シネオールでなくて、ヒスタミン投与10分後塗布されたテルピネン4-olは小さな腫れおよびフレアーの発症を制御して、ヒトでヒスタミン誘発反応(本研究使用量50 L of 330 M ヒスタミン)は、後回の終末仲介剤を介して直接血管に影響するヒスタミンによって主に決定されることを示唆した。

The underlying strength of these studies is the use of a well-established rat physiologic model to differentiate the mechanism of regulation of microvascular changes by modulatory agents.

これらの研究の基の力は仲介剤による微小血管の変化を制御する機構を区別する安定したラットの生理モデルの使用である。

Keywords

キーワード

sensory nerves, skin blisters, skin inflammation, substance P, terpenes

感覚神経、皮膚の水疱、皮膚炎症、物質P,テルペン

|

« ストレスで免疫低下原因ウィルスにより子宮頸癌発症 | Main | インド産サンダルウッド精油 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ストレスで免疫低下原因ウィルスにより子宮頸癌発症 | Main | インド産サンダルウッド精油 »