« インド発行精油の本 | Main | コーヒーと豆まき »

February 02, 2008

ローズアブソリュートの溶剤について

今回、ローズ(Rosa damascena)アブソリュート精油を仕入れて発売することになり、取引先に溶剤にヘキサンを使用しているのかと確認したら下記の返事がきました。

We used Food Grade ethanol for solvent extraction. We do not use Hexen.

溶剤抽出には食品グレイドのエタノールを使用している。ヘキサンは使用してない。

アブソリュートは一般的にヘキサンを使用しているのでフェイシャルなどには溶剤抽出のローズは使用したくなとアロマセラピストさんから聞きます。ローズでは香り的には溶剤抽出の方がフェニチルアルコールの含有が多いために良い香りになると言われています。

フェニチルアルコールの含有量(香料と調香の基礎知識より)

ローズオイル(ブルガリア)2.88%  
ローズオイル(トルコ)  1.44%
ローズアブソリュート(モロッコ)74.06%

取引先からの溶剤に関しての情報で改めて溶剤について調べてみました。

溶剤抽出法(Solvent extraction)

揮発性溶剤(ヘキサン、石油エーテル、アルコールなど)などによって花香成分を抽出する方法

   溶剤        アルコール
花   → コンクリート    →  アブソリュート
  抽出 濃縮     抽出     濃縮


(香料と調香の基礎知識より)

溶剤抽出精油を調べていたら海外の精油の説明で食品グレイドの溶剤使用と出ていたのでヘキサンでも食品グレイドがあるのかと思っていました。このことでエタノール溶剤抽出の精油だと理解することができました。

以前、植物性サプリメントの抽出に関して調べていたら、日本ではビルベリーなどの植物エキス抽出溶剤として含水エタノールを使用しており、外国ではアセトンを使用していることを知りました。

アブソリュート精油の溶剤として身体に安全なエタノールを使用してRosa damascena精油を販売することができます。来週末には日本に到着することになっています。

|

« インド発行精油の本 | Main | コーヒーと豆まき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« インド発行精油の本 | Main | コーヒーと豆まき »