« The doctrine of signatures:特徴説 | Main | 精油照応表ができないかと? »

April 30, 2008

The doctrine of signatures:特徴説(2)

But, in the Upper Amazon, the system is probably more mnemonic than it is philosophical. Signatures provide a way to remember the uses of a plant. Here are some more examples.


mnemonic :簡略記憶記号

•Sangre de grado, dragon’s blood (Croton lechleri), is a tree whose red latex looks like blood and thus used to treat wounds, ulcers, and skin infections. I have also often heard the sap referred to as sacha iodo, jungle iodine. This is a new signature; the sap is good for wounds because it resembles the iodine of biomedicine.

サングレ・デ・グラード・ドラゴンブラッド(Croton lechleri), は木の赤い樹液が血の見えるので、それゆえ、創傷、潰瘍、および皮膚感染治療に使される。また、sacha iodo, ジャングルのヨードとして言及され樹液と聞きことが多いです。これは、新しい特徴説である。樹液がバイオ医薬品のヨウ素に似ているために損傷に効きます。

•Uña de gato, cat’s-claw (Uncaria guianensis), is a vine whose stems have small hook-like appendages, so the plant is used to claw out tumors and inflammations.

ウニャ・デ・ガト=猫の爪、キャッツ・クローUncaria guianensis)は蔓性植物で、その茎は小さいフックのような付属枝がある。それで、草木は腫瘍および炎症をかきむしりことに使用される。

Uncaria guianensis :キャッツ・クロー

•Shimipampana, arrowroot (Maranta arundinacea), has a root that is considered to look like a fist, and therefore is used as a pusanga to tame a an ill-tempered or jealous spouse or, made into a lotion and applied to the face, to guarantee success in business or in litigation.

クズウコン(Maranta arundinacea)は握りこぶしように見えると思われる根茎を有していて、したがって、気難しくまたは嫉妬深い妻をおとなしくさせるpusangaとして使用され、または、ローションにして顔に塗布すると商売またはビジネスまたは訴訟の成功を保証するものとして使用される。





特徴説でパラケルススのことを調べていたらThe Hermetic Law of Correspondenceヘルメスの照応の法則があることを知りました。これに興味を持っています。


« The doctrine of signatures:特徴説 | Main | 精油照応表ができないかと? »


Post a comment

(Not displayed with comment.)

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

« The doctrine of signatures:特徴説 | Main | 精油照応表ができないかと? »