« フィトアロマ研究所第11回横浜スピコン・2008年6月15日(日)出展 | Main | セスキテルペン豊富な精油脳内酸を増加? »

May 30, 2008

ヤローブルーOGとフランキンセンス オーマンの精油届く

ヤローブルーOGとフランキンセンス オーマンの精油届く

先日、お客様からヤローの精油はありませんかとのメールがありました。それで、取り寄せてみますとお答えしました。その精油が今日届きましたのでお客さまに香りのサンプルを送付することにしています。

ヤロー精油の香りは怒りを解放してくれると聞いています。怒りの抑制は腰痛、乳ガン、うつ病のもとになると以前ブログに書きました。ヤロー精油のブレンドで怒り解放になるのを探してみたいです。

今回の精油は、ヤローブルー(Achillea millefolium)のオーガニックでブルガリア産です。

また、お客さまと話したときにフランキンセンスのオーマン産がないですかと聞かれたのでこれもサンプルで取ってみました。学名は、通常に売られているBoswellia carteriiでなくて、Boswellia sacraでした。これから成分内容を調べてみようと思ってます。

現在、ローズマリーCO2を販売していますがコンプリートのために形状はワックス状態になっているためにドロッパーからでこないためお客さまはスポイトで吸い上げて使用しています。香りは植物のローズマリーの葉の香りそのものです。普通の精油より化学成分は
豊富です。

フランキンセンスおよびジンジャヤーのCO2はセレクトなので液状になっていますのでドロッパーから出てきます。同じセレクトでもサンプルで取り寄せたマグノリア リリーCO2(Magmolia fargesii)は蝋みたいに固まっています。

ローズマリーCO2のセレクトを見かけたので液状かどうか調べるためにサンプルを取り寄せました。今日、着いたのでチェックしてみたら液状でした。香りもとても良かったです。

フィトアロマ研究所第11回横浜スピコン・2008年6月15日(日)出展

尚、当日券1500円が1300円になるチラシがございますのでご希望の方はフィトアロマ研究所にメールで連絡を頂ければ無料で送付いたします。

第11回横浜スピコン出展一覧表

|

« フィトアロマ研究所第11回横浜スピコン・2008年6月15日(日)出展 | Main | セスキテルペン豊富な精油脳内酸を増加? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フィトアロマ研究所第11回横浜スピコン・2008年6月15日(日)出展 | Main | セスキテルペン豊富な精油脳内酸を増加? »