« 今夜の手作りおかず | Main | アロマコスメトロジー講演 »

May 23, 2008

ローズオイル成分ゲラニオールの抗腫瘍作用

ローズオイル成分ゲラニオールの抗腫瘍作用

Isoprenoids, a broad class of mevalonate-derived phytochemicals ubiquitous in the plant kingdom, suppress the proliferation of tumor cells and the growth of implanted tumors. Volatile isoprenoid constituents of food products spanning seven plant families have been characterized into 179 isoprenoids.

植物界に遍在しているメバロン酸生成フィトケミカルの広範種、イソプレノイドは、腫瘍細胞の増殖および埋め込まれた腫瘍の増殖を抑制する。7つの植物の科にわたる食品の芳香イソプレノイド成分は179イソプレノイドに特徴づけられた。

Isoprenoids :イソプレノイド
mevalonate-derived メバロン酸生成
phytochemicals フィトケミカル
plant kingdom植物界
implanted tumors 埋め込まれた腫瘍
plant families 植物の科

Individual isoprenoids suppressed the proliferation of B16 and HL-60 promyelocytic leukemia cells with varying degrees of potency. Cell cycle arrest at the G0-G1 phase and apoptosis account, at least in part, for this suppression. These findings suggest that the cancer-protective property of fruits, vegetables, and related products is partly conferred by the cumulative impact of volatile isoprenoid constituents (Smith-Warner et al, 2001; Tatman and Mo, 2002).

それぞれのイソプレノイドは有効性の様々な度合でB16 およびHL-60の前骨髄球性白血病細胞の増殖を抑制した。G0-G1相の細胞周期停止およびアポプトーシスは少なくとも一部でこの抑制を説明する。これらの知見は、果物、野菜、および関連製品のガン予防特性は、一部で、芳香イソプレノイド成分の積み重ねられた効果によって与えられたことを示唆する。

promyelocytic leukemia  前骨髄球性白血病
potency:効能、有効性

For instance, geraniol, is an acyclic dietary monoterpene, found in aromatic herb oils. The anti-tumor efficacy of geraniol was evaluated on TC-118 human tumors, transplanted into Swiss nu/nu mice. Geraniol (150 μM) caused a two-fold reduction of thymidylate synthase and thymidine kinase expression in cancer cells.

例えば、ゲラニオールは芳香植物オイルにみられる非環式食物モノテルペンである。ゲラニオールの抗腫瘍作用はスイスヌードマウス移植されたTC-118のヒト腫瘍で評価された。ゲラニオール(150 μM)はガン細胞でチミジル酸シンターゼおよびチミジンキナーゼの発現を2倍減少させた。

acyclic 非環式の
synthase 合成酵素
thymidine kinase チミジンキナーゼ

In nude mice, the combined administration of 5-fluorouracil (20 mg/kg) and geraniol (150 mg/kg) caused a 53% reduction of the tumor volume, whereas a 26% reduction was obtained with geraniol alone (Carnesecchi et al, 2004).

ヌードマウスで、5‐フルオロウラシル(20mg/kg)とゲラニオール(150mg/kg)の併用投与は腫瘍体積の53%減少を引き起こしたのに、実は26%減少はゲラニオール単独で得られた。

nude mice ヌードマウス
5-fluorouracil 5-フルオロウラシル(抗ガン剤)
tumor volume 腫瘍体積

Geraniol exerts an anti-tumor activity against various cancer cells both in vitro and in vivo (Duncan et al, 2004). Geraniol has also been shown to inhibit Caco-2 cell growth by reducing DNA synthesis leading to a blockade of the cells in the S-phase of the cell cycle (Carnesecchi et al, 2001).

ゲラニオールは、生体外および生体内の両方でさまざまなガン細胞に対して、抗腫瘍作用を強力に発揮する。また、ゲラニオールは、細胞周期のS期細胞で細胞障害をもたらすDNA合成減少することによってCaco-2細胞(ヒト結腸癌由来細胞)増殖を阻害することを示した。

Caco-2:ヒト結腸癌由来細胞
S-phase of the cell cycle 細胞周期のS期

In addition, geraniol increased the cytotoxicity of 5-FU and enhanced the uptake of the drug in human colon cancer cell lines (Carnesecchi et al, 2001).

さらに、ゲラニオールは5‐フルオロウラシルの細胞毒性を増加させて、ヒト大腸ガン細胞株で薬剤の吸収を増加させた。

cancer cell lines ガン細胞株
cytotoxicity 細胞毒性

 

|

« 今夜の手作りおかず | Main | アロマコスメトロジー講演 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今夜の手作りおかず | Main | アロマコスメトロジー講演 »