« スパイクナード(ナルドの香油)精油について | Main | NPO法人心身医学臨床研究会大会セミナー »

June 07, 2008

アロマセラピーと多発性硬化症(1)

最近、アロマセラピストのお客様からMultiple Sclerosis 多発性硬化症の方のトリートメントをされていると精油注文のときに知りました。アロマセラピーでこの病気に関しての海外での記事はないかと探してみて、見つけたものです。その一部を訳しました。

Multiple Sclerosis Resouces Centreのウエッブの記事、アロマセラピーからです。

アロマセラピーと多発性硬化症

People visit an aromatherapist for many different reasons. On the first visit a detailed case history is taken which may take up to an hour.Usually the patient will then have a soothing massage using essential oils specifically chosen to fit the patient and the condition. Sometimes the patient will be given a preparation to use in the bath or to be inhaled at home to back up the treatment. If a patient is too ill or frail to undergo massage and has difficulty with baths, then inhalation of the oils would be more appropriate.

人々は多くの様々な理由でアロマセラピストを訪ねます。最初の訪問で詳細なケースヒストリーが取られ、最高で1時間位かかります。その時に、通常、患者および症状に適合する精油を特に選択し、それを用いて、鎮静効果のあるマッサージを受けます。時々、トリートメントをバックアップするために家庭で風呂で使用または吸入用の調合剤を渡されます。患者がマッサージを受けるにはあまりにも病気または病弱および風呂に入るのが困難な場合、その時には、精油の吸入が最も適しているだろう。

Aromatherapy cannot cure any disease. There is no magic bullet・/em> in complementary therapies. However, the therapy can help as a support therapy on different levels, both the mental and physical well-being of the patient. Each person is treated as an individual. This is especially important when dealing with MS where the disease may present in different ways.

アロマセラピーはどのような病気も治すことはできない。補完療法において特効薬はないです。しかし、療法は、様々なレベル、患者の精神的および身体的の健康の両方で支持療法として役に立つことができます。各人は個人とし治療されます。このことは、この病気は様々な形で現れることがある多発性硬化症MSを治療するときに特に重要です。

support therapy 支持療法

Essential oils are able to penetrate the skin and enter the bloodstream. Some essential oils have anti-inflammatory properties; others bring about a feeling of relaxation; others are stimulating. Many are known to have such potent effects on the mind that they can change your mood in minutes.

精油は皮膚に浸透して血流に入ることができます。ある精油は抗炎症作用を有しています。他の精油はリラックスの感覚をもたらします。他のは刺激します。精油は数分であなたの気分を変えることができるくらいな強力な作用を心に及ぼすことが多く知られています。

If you are using essential oils yourself, be careful to always dilute them in water or a carrier oil. Undiluted, they should not be put directly on the skin. You can add a few drops of essential oils into a bath. Or you can make a room vapouriser by adding a few drops of oil into a bowl of warm water, or a vapouriser with a candle.

自分自身で精油を使用するならば、水またはキャリアオイルに精油を常に希釈することに気おつけなさい。希釈しないで、精油を直接皮膚に塗布すべきではない。数敵の精油をバスタブに入れることはできます。または、1杯の温水に2、3滴の精油を加えることによってルームヴェポライザーまたはキャンドルでヴェポライザーになります。

To get the full health benefits of aromatherapy, it is best to see a professional aromatherapist.

アロマセラピーの最も有益な健康効果を得るためには専門家のアロマセラピストに見てもらうことがベストです。

Aromatherapy and Multiple Sclerosis

アロマセラピーと多発性硬化症

Juniper or rosemary are good for MS

多発性硬化症にジュニパーまたはローズマリーの精油が良い

For a good night's sleep: lemongrass and orange. Place a few drops in a diffuser in your bedroom.

良い眠りのためには、レモングラスおよびオレンジの精油。ベットルームのディフューザーに数滴入れる。

There are a variety of oils which can help deal with the differing aspects of MS. Newly diagnosed people can be helped to work through the initial impact of the diagnosis. Neroli oil can be very useful and if there are neuro-muscular problems Rosemary is a good choice as it is a neuro-muscular relaxant. Hypericum (St Johns Wort) is another good choice for MS and it blends well with other oils as it has no noticeable aroma.

多発性硬化症の様々な側面に対処することに役立つことのできる沢山の種類の精油があります。新たに多発性硬化症と診断された患者が診断の最初の衝撃を克服することに役立つことができます。ネロリ精油は極めて有益で、神経筋肉疾患があるならば、ローズマリーは神経筋肉弛緩剤として良い選択です。オトギリソウ属(セント・ジョーンズ・ワート)は多発性硬化症MSのためのもう一つの良い選択で、目立つ芳香を有してないので他の精油とブレンドしやすいです。

neuromuscular problem 神経筋肉疾患

|

« スパイクナード(ナルドの香油)精油について | Main | NPO法人心身医学臨床研究会大会セミナー »

Comments

ご無沙汰しております。以前 石垣島出身で現在米国でマッサージプラクティショナーをしている者とコメントを残したことがあります。
知り合いに多発性硬化症の方が数名おります。多発性硬化症は診断されるまで最初は別の病名を下されたりと診断に時間がかかることがあるようです。肉体的、精神的苦痛を考えると胸が痛みます。今度にこの記事のことを紹介してみますね。

Posted by: ミキ | June 08, 2008 at 04:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スパイクナード(ナルドの香油)精油について | Main | NPO法人心身医学臨床研究会大会セミナー »