« アントロポゾフィー医学講座 | Main | オーラピーリング »

June 29, 2008

ペパーミント精油およびイランイラン精油の芳香による認知機能および感情の調節

Modulation of cognitive performance and mood by aromas of peppermint and ylang-ylang.

ペパーミント精油およびイランイラン精油の芳香による認知機能および感情の調節

modulation :調節
cognitive performance 認知機能

PUBMEDより

1: Int J Neurosci. 2008 Jan;118(1):59-77

Moss M, Hewitt S, Moss L, Wesnes K.

Human Cognitive Neuroscience Unit, Division of Psychology, University of Northumbria, Newcastle upon Tyne, United Kingdom. mark.moss@unn.ac.uk

ヒトの認知神経科学ユニット、心理学部、ノーサンブリア大学、英国

Cognitive Neuroscience:認知神経科学

This study provides further evidence for the impact of the aromas of plant essential oils on aspects of cognition and mood in healthy participants. One hundred and forty-four volunteers were randomly assigned to conditions of ylang-ylang aroma, peppermint aroma, or no aroma control.

本研究は、健常被験者で認知機能および感情の側面への植物性精油芳香作用にたいするさらなる証拠を提供する。144人のボランティアは、イランイラン芳香、ペパーミント芳香または芳香管理でない条件に、無作為に割り当てられた。

healthy participants 健常被験者

Cognitive performance was assessed using the Cognitive Drug Research computerized assessment battery, with mood scales completed before and after cognitive testing. The analysis of the data revealed significant differences between conditions on a number of the factors underpinning the tests that constitute the battery.
認知機能は、認知テスト前後に完了した感情尺度で認知薬物研究のコンピューター化された機能検査を用いて評価した。データの分析で、機能検査を構成するテストの根拠となる多くの因子上の条件間で有意差がみられた。

Cognitive Drug Research 認知薬物研究
mood scales:感情尺度

Peppermint was found to enhance memory whereas ylang-ylang impaired it, and lengthened processing speed. In terms of subjective mood peppermint increased alertness and ylang-ylang decreased it, but significantly increased calmness.

ペパーミントは記憶を増強するのにたしてイランイランは記憶を損なって処理スピードを長くした。主観的な感情に関して、ペパーミントは覚醒を増強してイランイランは覚醒を減少させたが有意に平静さを増加させた。

alertness 覚醒

These results provide support for the contention that the aromas of essential oils can produce significant and idiosyncratic effects on both subjective and objective assessments of aspects of human behavior. They are discussed with reference to possible pharmacological and psychological modes of influence.

これらの研究結果は、精油の芳香が人間行動の側面の主観的および客観的評価の両方に重要で得意な作用を産生できる主張にたいしの支持を提供する。それは、考えられる薬理的および心理的感情の影響に関して述べられている。

PMID: 18041606 [PubMed - indexed for MEDLINE]

関連ブログ

認知症に認知増強特性のセージ、メリッサ、ローズマリー

スパイクナード(ナルドの香油)精油認知症記憶障害改善?

|

« アントロポゾフィー医学講座 | Main | オーラピーリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アントロポゾフィー医学講座 | Main | オーラピーリング »