« スパイクナードのアセチルコリンエステラーゼ阻害活性 | Main | スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性(1) »

August 30, 2008

スパイクナード根茎のパーキンソン症候群減衰効果

Attenuation by Nardostachys jatamansi of 6-hydroxydopamine-induced parkinsonism in rats: behavioral, neurochemical, and immunohistochemical studies.

6-ヒドロキシドパミン誘発されたパーキンソン症候群ラットのスパイクナードによる減衰:行動、神経化学、免疫組織化学の研究

Attenuation:減衰
6-hydroxydopamine(6-OHDA):6-ヒドロキシドーパミン、神経毒
parkinsonism:パーキンソン症候群
immunohistochemical:免疫組織化学の

PUBMEDより

Ahmad M, Yousuf S, Khan MB, Hoda MN, Ahmad AS, Ansari MA, Ishrat T, Agrawal AK, Islam F.
Neurotoxicology Laboratory, Department of Medical Elementology and Toxicology, Jamia Hamdard (Hamdard University), Hamdard Nagar, New Delhi 110062, India. mahmad7@jhmi.edu

Parkinson's disease (PD) is one of the commonest neurodegenerative diseases, and oxidative stress has been evidenced to play a vital role in its causation. In the present study, we evaluated whether ethanolic extract of Nardostachys jatamansi roots (ENj), an antioxidant and enhancer of biogenic amines, can slow the neuronal injury in a 6-OHDA-rat model of Parkinson's.

パーキンソン病(PD)は最も一般的な退行性神経変性疾患の一つであって、酸化ストレスが病気の原因で重要な役割を演じていることを立証した。本研究で、生体アミンの抗酸化および増加であるスパークナード根茎のエタノール抽出物がパーキンソン病の6-OHDA-ラットモデルにおいて神経損傷を遅らせることができるかどうかを評価した。
neurodegenerative diseases:退行性神経変性疾患
biogenic amines:生体アミン
neuronal injury  神経損傷

Rats were treated with 200, 400, and 600 mg/kg body weight of ENj for 3 weeks.On day 21, 2 microl of 6-OHDA (12 microg in 0.01% in ascorbic acid-saline) was infused into the right striatum, while the sham-operated group received 2 microl of vehicle.

ラットは、3週間スパイクナード根茎の体重kg/200、400および600mgで処置された。21日に、2マイクロの6-ヒドロキシドーパミン(アスコルビン酸―生理食塩水に0.01%の12マイクログラム)が右側の線条体に注入されて、一方、偽手術群には2マイクロの賦形剤が投与された。

ascorbic acid アスコルビン酸
saline:生理食塩水
striatum:線条体
vehicle:賦形剤

Three weeks after the 6-OHDA injection, the rats were tested for neurobehavioural activity and were sacrificed after 6 weeks for the estimation of lipid peroxidation, reduced glutathione content, the activities of glutathione-S-transferase, glutathione reductase, glutathione peroxidase, superoxide dismutase and catalase, quantification of catecholamines, dopaminergic D2 receptor binding and tyrosine hydroxylase expression.

6-ヒドロキシドーパミン注射の3週後にラットは神経行動機能を検査されて、6週間後に下記の評価のために犠牲になった。脂質過酸化、還元型グルタチオン量、グルタチオン S-トランスフェラーゼの活性、グルタチオン還元酵素、グルタチオンペルオキシダーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼとカタラーゼ、カテコールアミンの定量、ドパミンD2 受容体結合とチロシン水酸化酵素発現。

neurobehavioural 神経行動機能
lipid peroxidation 脂質過酸化
reduced glutathione content 還元型グルタチオン量
glutathione-S-transferase グルタチオン S-トランスフェラーゼ
glutathione reductase  グルタチオン還元酵素
glutathione peroxidase, グルタチオンペルオキシダーゼ
superoxide dismutase スーパーオキサイドディスムターゼ
catalase カタラーゼ
quantification of catecholamines:カテコールアミンの定量
dopaminergic D2 receptor binding ドパミンD2 受容体結合
tyrosine hydroxylase チロシン水酸化酵素

The increase in drug-induced rotations and deficits in locomotor activity and muscular coordination due to 6-OHDA injections were significantly and dose-dependently restored by ENj.

6-ヒドロキシドパミン注射のため運動活性および筋肉の協調で薬物誘発の回転と欠損の増加がスパイクナード根茎によって用量依存的に回復した。

locomotor activity 運動活性

Lesioning was followed by an increased lipid peroxidation and significant depletion of reduced glutathione content in the substantia nigra, which was prevented with ENj pretreatment.

障害を起こさせることは黒質での脂質過酸化増加および還元型グルタチオン含有量の有意な減少が続いて、このことはスパイクナード根茎で予防された。

substantia nigra :黒質

The activities of glutathione-dependent enzymes, catalase and superoxide dismutase in striatum, which were reduced significantly by lesioning, were dose-dependently restored by ENj.

A significant decrease in the level of dopamine and its metabolites and an increase in the number of dopaminergic D2 receptors in striatum were observed after 6-OHDA injection, and both were significantly recovered following ENj treatment.
障害を起こさせることによって顕著に減少した線条体のグルタチオン依存の酵素、カタラーゼおよびスーパーオキサイドディスムターゼの活性は用量依存的に回復した。ドパミン濃度の顕著な減少とその代謝物、線条体のドパミンD2 受容体数の増加が6-ヒドロキシドーパミン注射後に観察されて、両方はスパイクナード根茎処置に続いて有意に回復した。
glutathione-dependent enzymes グルタチオン依存の酵素

All of these results were exhibited by an increased density of tyrosine hydroxylase immunoreactive (TH-IR) fibers in the ipsilateral striatum of the lesioned rats following treatment with ENj; 6-OHDA injection had induced almost a complete loss of TH-IR fibers.

これらの結果の全ては、スパイクナード根茎での処置に続いて障害ラットのip左右の線条体でチロシン水酸化酵素免疫反応性 (TH-IR)線維の密度増加によって示された。6-ヒドロキシドーパミン注射は全てのチロシン水酸化酵素免疫反応性 (TH-IR)線維損を誘発した。

ipsilateral striatum 左右の線条体
tyrosine hydroxylase チロシン水酸化酵素
immunoreactive fibers 免疫反応性線維

This study indicates that the extract of Jatamansi might be helpful in attenuating Parkinsonism.

この研究はスパイクナードの抽出物がパーキンソン症候群を減衰するにおいて役に立つかもしれないことを示している。

PMID: 16500697 [PubMed - indexed for MEDLINE]

関連ブログ

オイゲノールとド-パミン

ネパール原産ヒマラヤ精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« スパイクナードのアセチルコリンエステラーゼ阻害活性 | Main | スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スパイクナードのアセチルコリンエステラーゼ阻害活性 | Main | スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性(1) »