« スパイクナード根茎のパーキンソン症候群減衰効果 | Main | スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性(2) »

August 31, 2008

スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性(1)

Health Benefits of Spikenard Essential Oil

スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性

The health benefits of Spikenard Essential Oil can be attributed to its properties like anti bacterial, anti fungal, anti inflammatory, deodorant, laxative, sedative and uterine

スパイクナード精油の健康有益性は抗菌、抗真菌、抗炎症、デオドラント、鎮静および子宮強壮の作用に帰することになる。

This plant is very famous in the Indian Subcontinent by the name of Jatamansi and is very much used in herbal medicines. Several herbal medicinal preparations based on this plant can be found in the markets, particularly of India and a few of its neighbouring countries.

この植物はジャタマンシの名称でインド亜大陸において極めて有名であって、生薬で非常に使用されている。この植物に基づいた幾つかのハーブ治療薬が、特にインドおよびその幾つかの近隣諸国の市場で見ることができる。

Indian Subcontinent インド亜大陸
Jatamansi ジャタマンシ

This plant is native to Nepal and is called Nardostachys Jatamansi in botanical terminology. The main traditional use of this plant was on skin and female reproductive organs such as uterus and ovaries. Due to its earthy and somewhat wet soil like smell, resembling that of moss, it is also used in aromatherapy as a sedative and calming agent.

この植物はネパール原産で、学名Nardostachys Jatamansiと呼ばれている。
この植物の伝統的な使用は、皮膚および子宮と卵巣などの女性生殖器に関してである。苔に似ているその土および何か土壌ような匂いのため、また、鎮静剤および神経安定剤としてアロマセラピーでも使われる。

The essential oil of Spikenard is extracted by steam distillation of the resin obtained from this plant and it contains aristolene, calarene, clalarenol, coumarin, dihydroazulenes, jatamanshinic acid, nardol, nardostachone, valerianol, valeranal and valeranone as its chief components, which attribute to its medicinal properties.

スパイクナード精油はこの植物から得られる根茎を水蒸気蒸留によって抽出されて、その薬効作用があるとされる主要成分として、アリストレン、カラレン、clalarenol,クマリン、デハイドロアズレン、jatamanshinic acid、nardol、nardostachone(ケトン)、バレリアノールおよびバレラノンを含有している。

The uses of Spikenard discussed above are not its only uses. Its essential oil has a number of other medicinal uses which are display below

上記で述べられるスパイクナード使用はその唯一の用途でない。スパイクナード精油には下記に表示してある他の多数の医薬的用途がある。

Anti Bacterial: This is one of the properties which makes this oil (and of course, Spikenard), a potent remedy for many skin ailments resulting from bacterial infections. And not only on skin but it helps terminate the bacterial growth inside the body too. It can be applied on wounds to protect them from bacterial infection and is found effective in curing bacterial infections in urethra, urinary bladder, kidneys, athlete’s foot, cholera, food poisoning, septic, tetanus etc.

抗菌作用

抗菌作用はこの精油(もちろんスパイクナード)が細菌感染症による多くの皮膚疾患治療を可能にする作用のひとつである。そして、皮膚疾患ばかりでなくて、体内の細菌増殖もまた終了することに役にたつ。細菌感染症から皮膚を予防するために創傷に塗布することが出来て、尿道感染症、膀胱、腎臓、水虫、コレラ、食中毒、敗血症、
破傷風などを治療することに有効であることが解明されている。

bacterial infections: 細菌感染症

Anti Fungal: This property, aided by the anti bacterial property, makes Essential Oil of Spikenard an efficient skin care agent. It helps cure ailments caused by fungal infections on the skin and inside, such as food poisoning by fungus, dermatitis, patches on skin, itches, deformation in skin, psoriasis etc.

抗真菌作用

抗菌特質により援助によるこの作用はスパイクナード精油がスキンケア薬剤に有効である。皮膚および真菌による食中毒、皮膚炎、皮膚班、かゆみ、皮膚変形、乾癬などの皮膚および体内の真菌感染症によって引き起こされた疾患を治療するのに役に立ちます。

fungal infections 真菌感染症
Anti Fungal 抗真菌

|

« スパイクナード根茎のパーキンソン症候群減衰効果 | Main | スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スパイクナード根茎のパーキンソン症候群減衰効果 | Main | スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性(2) »