« スパイクナード抽出物の肝臓保護活性 | Main | スパイクナード根茎のパーキンソン症候群減衰効果 »

August 29, 2008

スパイクナードのアセチルコリンエステラーゼ阻害活性

Screening of Indian medicinal plants for acetylcholinesterase inhibitory activity.

アセチルコリンエステラーゼ阻害活性のためのインド薬用植物のスクリーニング

PUBMEDより

1: Phytother Res. 2007 Dec;21(12):1142-5

Mukherjee PK, Kumar V, Houghton PJ.

Department of Pharmacy, Pharmacognosy Research Laboratories, Franklin-Wilkins Building, King's College London, 150 Stamford Street, London SE1 9NH, UK. pulokm@gmail.com

The cholinergic hypothesis of Alzheimer's disease (AD) has provided the rationale for the current pharmaco-therapy of this disease, in an attempt to reduce the cognitive decline caused by cholinergic deficits.

コリン欠乏によって引き起こされる認知症を減少させるためにアルツハイマー病(AD)のコリン仮説はこの疾患で現在の薬物療法の正当性を提供した。

cholinergic deficits コリン欠乏
cognitive decline 認知症

Nevertheless, the search for potent and long-acting acetylcholinesterase (AChE) inhibitors that exert minimal side effects in AD patients is still ongoing. AChE inhibitors are currently the only approved therapy for the treatment of Alzheimer's disease; only a limited number of drugs are commercially available.

それでも、アルツハイマー患者に最少の副作用である強力で長時間作用するアセチルコリンエステラーゼ阻害薬への研究はまだまだ進行中である。

acetylcholinesterase (AChE) inhibitors アセチルコリンエステラーゼ阻害薬
minimal side effects 最小の副作用

Hydroalcohol extracts of six herbs, Andrographis paniculata, Centella asiatica, Evalvulus alsinoides, Nardostachys jatamansi, Nelumbo nucifera, Myristica fragrans used in Indian systems of medicine, were tested for in vitro acetylcholinesterase inhibitory activity based on Ellman's method in 96-well microplates using AChE obtained from bovine erythrocytes.

インド医学システムに使用されている6つハイドロアルコール抽出の薬草、穿心蓮(センシンレン)、ツボクサ、Evalvulus alsinoides,、スパイクナード、ハス、ナツメグは、牛の赤血球から得られたアセチルコリンエステラーゼを用いて96ウェルプレート用遠心機でEllman分光光度法に基づく生体外アセチルコリンエステラーゼ阻害活性用を検査した。

Andrographis paniculata:穿心蓮(センシンレン)、キツネノマゴ科
Centella asiatica:ツボクサ、セリ科
Nardostachys jatamansi, :スパイクナード、オミナエシ科
Nelumbo nucifera, :ハス、ハス科
Myristica fragrans:ナツメグ、ニクズク科
96-well microplates :96ウェルプレート用遠心機

The results showed that the hydroalcohol extract from Centella asiatica, Nardostachys jatamansi, Myristica fragrans, Evalvulus alsinoides inhibited 50% of AChE activity at concentrations of 100-150 microg/mL.

研究結果は、ツボクサ、スパイクナード、ナツメグ、Evalvulus alsinoides,が100-150 microg/mL.濃度でアセチルコリンエステラーゼ活性の50%を阻害したことを示した。

Andrographis paniculata and Nelumbo nucifera extracts showed a weak inhibition of acetylcholinesterase with IC(50) values of 222.41 +/- 19.87 microg/mL and 185.55 +/- 21.24 microg/mL, respectively. Physostigmine was used as a standard and showed inhibition of acetylcholinesterase with an IC(50) value of 0.076 +/- 0.0042 microg/mL.

穿心蓮(センシンレン)およびハスの抽出物は、それぞれ、222.41 +/- 19.87 microg/mL および185.55 +/- 21.24 microg/mL,のIC(50)値でアセチルコリンエステラーゼの弱い阻害を示した。フィゾスチグミンが標準として使われて、0.076 +/- 0.0042 microg/mL のIC(50)値で、アセチルコリンエステラーゼ阻害を示した。

Physostigmine フィゾスチグミン

PMID: 17639556 [PubMed - indexed for MEDLINE]

関連ブログ

スパニッシュセージ精油および成分テルペンのコリンエステラーゼ阻害作用

|

« スパイクナード抽出物の肝臓保護活性 | Main | スパイクナード根茎のパーキンソン症候群減衰効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スパイクナード抽出物の肝臓保護活性 | Main | スパイクナード根茎のパーキンソン症候群減衰効果 »