« 日光暴露による皮脂スクアレン過酸化に対するミルラ精油効果 | Main | 欠品中の中国の香り精油 »

August 04, 2008

ネパール産精油について

現在、フィトアロマ研究所ではネパール原産精油を広めたくどのようにして精油が作られてどのような考えで精油が作られているのかを紹介するために現地から写真などを提供してもらってます。

今回、どんぉような考えでハーブ植物が栽培されているのかをご紹介いたします。取引先から送られた説明を翻訳ししました。

ネパールの豊かな生物多様性は豊富な薬用および芳香植物を提供します。取引先はこれらの再生可能な天然資源を利用して、栽培、加工および母なる自然のこれらの素晴らしい贈り物の販売に積極的に関与した。

薬用および芳香植物の栽培と生産に地域および先住民の人々が参加する農業協同組合を設立した。組合が雇用の提供および地域の森林および農民所有の私的農地での栽培促進することによって人々に機会を与えることで、これらの人々の社会経済状態は上昇しました。

組合は、芳香植物の栽培および生産での技術移転によって特権的でない農民および先住民の人々に手助けをして収穫または栽培した原料に対しの買い取りを保証した。


|

« 日光暴露による皮脂スクアレン過酸化に対するミルラ精油効果 | Main | 欠品中の中国の香り精油 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日光暴露による皮脂スクアレン過酸化に対するミルラ精油効果 | Main | 欠品中の中国の香り精油 »