« スパイクナード抽出物の抗うつ薬なような作用 | Main | スパイクナードのアセチルコリンエステラーゼ阻害活性 »

August 28, 2008

スパイクナード抽出物の肝臓保護活性

Nardostachys jatamansi protects against liver damage induced by thioacetamide in rats.

スパイクナードはラットでチオアセトアミドによって誘発した肝臓障害を守る。

thioacetamide: チオアセトアミド

PUBMEDより

1: J Ethnopharmacol. 2000 Aug;71(3):359-63

Ali S, Ansari KA, Jafry MA, Kabeer H, Diwakar G.

Department of Biochemistry, Faculty of Science, Hamdard University, -1100 62, New Delhi, India.

Nardostachys jatamansi is a medically important herb of Indian origin used for centuries in Ayurvedic and Unani systems of medicine for the treatment of various ailments. In the present paper, a 50% ethanolic extract of the rhizomes of N. jatamansi is shown to possess hepatoprotective activity.

スパイクナードは様々な疾患治療のためにアユールヴェーダおよびユナニ医学システムで何世紀もの間使用されるインドの起源の医学的に重要な薬草である。本研究で、スパイクナード根茎の50%エタノール抽出物は肝臓保護活性を有していることを示している。

hepatoprotective activity 肝臓保護活性

Pretreatment of rats with the extract (800 mg/kg body wt, orally) for three consecutive days significantly ameliorated the liver damage in rats exposed to the hepatotoxic compound thioacetamide.

連続3日間抽出物(800mg/kg体重、経口投与)で前処置したつラットは肝毒性物のチオアセトアミドに暴露されたラットの肝臓障害を有意に改善した。

liver damage 肝臓障害
hepatotoxic compound 肝毒性物

Elevated levels of serum transaminases (aminotransferases) and alkaline phosphatase, observed in thioacetamide alone treated group of animals, were significantly lowered in N. jatamansi pretreated rats.

チオアセトアミドデノミで処置された動物群で観察された血清トランスアミナーゼ(アミノ基転移酵素)およびア.ルカリ性ホスファターゼの高濃度がスパイクナード前処理したラットで有意に減少した。

serum transaminases:血清トランスアミナーゼ
alkaline phosphatase:ア.ルカリ性ホスファターゼ
aminotransferases:アミノ基転移酵素

Pretreatment of the animals with the extract also resulted in an increase in survival in rats intoxicated with LD90 dose of the hepatotoxic drug.

また、抽出物で前処置した動物はLD90(90%の動物が死ぬ薬の量)の肝毒性の薬物で中毒にさせられたラットにおいて結果的に生存が上昇した。

PMID: 10940571 [PubMed - indexed for MEDLINE]

関連ブログ

スパイクナード(ナルドの香油)・精油

スパイクナード精油の肝臓に良い理由上記ブログより

このオイルは主に神経系と心臓の調整作用に使われて、バレリアンオイルと同様に神経の緊張、イライラ、不眠、不整脈、動悸に効果てきです。東洋医学から考えると肝気と全身の気を整える。鎮痙作用や消化作用により便秘、腸の仙痛みに適する。肝血の循環を促進し、強壮するため、痔と静脈瘤にもよいとされ、さらに卵巣機能不全と貧血にも進められます。肝血とは血と肝の機能的な関係を表し、皮膚を適度に潤す働きとも関わります。肝血を補い、炎症を抑えるスパイクナードオイルは、皮膚炎や乾癬のような症状に効果的です。

スピリットとアロマテラピーより

|

« スパイクナード抽出物の抗うつ薬なような作用 | Main | スパイクナードのアセチルコリンエステラーゼ阻害活性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スパイクナード抽出物の抗うつ薬なような作用 | Main | スパイクナードのアセチルコリンエステラーゼ阻害活性 »