« 精油の化学成分表をみて | Main | ジュニパーネパール精油化学成分表 »

August 14, 2008

ネパール原産ジュニパー精油ついて考える

最近、ネパール原産のジュニパー精油を輸入しました。発売にあたりネパールのジュニパーに関して調べていたら下記のことを見つけました。

ヒマラヤ地域の最も古代の儀式の一つは、山の頂上でジュニパーを燃やしてその場所を浄化し神聖化して、天界の扉を開くための芳香の煙の梯子で地上に神が降りてくるように祈った。

この文章を読んでジュニパーの煙が日本の神様の依代だとと思いました。依代(ヨリシロ):神霊が招き寄せられて乗り移るもの。樹木・岩石・人形などの有機体、これを神霊のかわりとして祭る。(広辞苑より)

古代のネパールでは神様を呼び寄せるための儀式にジュニパーの燃やした煙が使用されたことを知りました。ネイティヴ アメリカンもジュニパーの葉を乾燥させて、スエットロッジなどで熱い石の上にのせ、浄化と精霊を呼びよせるのに使用したと書かれています。

ジュニパーの香りが場を浄化し、神聖化して神・精霊を呼び寄せることに役立つことが分かりました。神様はこちらが意識的に呼び寄せないと来てくれないのかもしれません。また、来ていだく場所を指定してそれのしるしを明示しなければいけません。

神様は舞い降りてくるときには降りる場所を示す印が必要になります。それが、樹木、岩石、人形だったのです。以前、英国のリフレクソロジーの先生と話した時に、ハリーポッターが何故三角帽子を被っているのは神様が降りてくる目印なるからだと言っていました。

また、日本の神様の降りてくる依代として岩石があります。これは現代に直せばパワーストーンをもつことにより神霊が降りてくる場所になるのかもしれません。これによって神との一体化がはかれ邪気が祓えて元気になるのかもしれません。

また、聖なる木や植物の香りを身にまとうことにより、神霊が降りてくるのに役にたつのかも知れません。

ネパール産のジュニパーのことを調べていて上記のようなことを考えました。

また、現在、ネティヴアメリカンが使用したジュニパーの精油がないか探してるところです。

ネパール原産ヒマラヤ精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ


|

« 精油の化学成分表をみて | Main | ジュニパーネパール精油化学成分表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 精油の化学成分表をみて | Main | ジュニパーネパール精油化学成分表 »