« ネパール原産フユサンショウ精油成分分析表 | Main | スパイクナード抽出物の肝臓保護活性 »

August 27, 2008

スパイクナード抽出物の抗うつ薬なような作用

Inhibition of MAO and GABA: probable mechanisms for antidepressant-like activity of Nardostachys jatamansi DC. in mice.

モノアミンおよびギャバの阻害:マウスでスパイクナードの抗うつ薬のような作用にたいする可能なメカニズム

MAO :monoamine モノアミン
antidepressant:抗うつ薬

PUBMEDより

1: Indian J Exp Biol. 2008 Apr;46(4):212-8. Links

Dhingra D, Goyal PK.

Department of Pharmaceutical Sciences, Guru Jambheshwar University of Science and Technology, Hisar 125 001, India. din_dhingra@rediffmail.com

Ethanolic extract (100, 200 and 400 mg/kg, po) of N. jatamansi administered for 14 successive days to Swiss young albino mice (either sex) produced significant antidepressant-like effect in both tail suspension and forced swim tests. The efficacy of the extract was found to be comparable to imipramine (15 mg/kg, po) and sertraline (20 mg/kg, po).

スイスの若いアルビノ(白色変種)マウスに連続14日間投与されたスパイクナードエタノール抽出物(100, 200 および400 mg/kg, 経口で)はマウス尾部懸垂および強制水泳検査の両方で顕著な抗うつ剤のような作用を産生した。抽出物の効能は、イミプラミン(15mg/kg、経口)およびセルトラリン(20mg/kg、経口)と同等であるとわかった。

imipramine:イミプラミン(抗うつ剤)
sertraline セルトラリン(抗うつ剤)

Ethanolic extract (200 mg/kg, po) did not show any significant change on locomotor activity of mice as compared to control; hence it did not produce any motor effects. Further, the extract decreased the whole brain MAO-A and MAO-B activities as compared to control, thus increased the levels of monoamines. The antidepressant effect of the extract was also significantly reversed by pretreatment of animals with baclofen (GABAB agonist); when tested in tail suspension test.

エタノール抽出物(200mg/kg、経口)は、対照と比較してマウスの自発 運 動 充 進に顕著などのような変化を示さなかった。したがって、どのような運動作用を産生しなかった。さらに、抽出物は、対照と比べて脳全体のモノアミンオキシダーゼAとBの活性を減少させて、したがって、モノアミン濃度を増加させた。また、抽出物の抗うつ作用は、マウス尾部懸垂検査をした時にバクロフェン(ギャバ作動薬)で動物を前処理によって逆転させた。

baclofen バクロフェン

The results suggested that the antidepressant-like effect of the extract may also be due to interaction with GABAB receptors, resulting in decrease in the levels of GABA in mouse brain. Thus, the extract may have potential therapeutic value for the management of mental depression.

研究結果は、また、抽出物の抗うつ薬のような作用がギャバ受容体に相互作用による可能性もあることもあり、結果ことしてマウスの脳でギャバ濃度を減少させたことを示唆した。それゆえ、精神・うつ病の管理に対して潜在的治療価値を有する可能性がある。

関連ブログ

アガーウッド(沈香)およびスパイクナードの鎮静作用

スパイクナード(ナルドの香油)精油認知症記憶障害改善?

|

« ネパール原産フユサンショウ精油成分分析表 | Main | スパイクナード抽出物の肝臓保護活性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ネパール原産フユサンショウ精油成分分析表 | Main | スパイクナード抽出物の肝臓保護活性 »