« 学名(属名)は同じだが(種小名)違う精油・フランキンセンス、ジュニパー | Main | パロサント(聖なる樹)精油の成分分析表 »

September 11, 2008

チャンパカAbs・精油

チャンパカAbs・精油

学名:Michelia Champaca

科名:モクレン科 オガタマノキ属 

和名:キンコウボク

原産地:インド

抽出部位:花

抽出方法:溶剤抽出

植物の特徴
常緑の高木。樹高30mに達する。東南アジア原産。熱帯、亜熱帯でよく見かける花木で、花は黄色。花から精油が蒸留され、香水原料にされる。材は軽く柔らかで、家具や一般的な構造材に利用され、インドでは植林もされている。またヒンドゥー寺院などに栽植され、神聖な木とされる。

安全性:人によりアレルギー反応があることがある。

主要成分
リナロール(76%)、2-フェネチルアルコール(6.38%),アンスラニル酸メチル,インドール、酢酸ベンジル、オイゲノール、シンナミルアルコール、安息香酸、フェニル酢酸

作用
催淫、抗うつ、利尿、エモリエント、通経、刺激、健胃、強壮

アロマセラピー使用

チャンパカ精油は香水として高く評価されていますが優れた治療的使用もがあります。痛風、リウマチ、無月経および月経困難症に使用されます。]

リンドは、異国情緒の官能的な香りは自尊心および自信を元気づけ、満足させ、心地よくさせ、高めると記述しています。

皮膚をクーリングさせて保湿をして、皮膚熱にお勧めです。

イラニは、怒り、躁うつ病およびそのグランディング作用のために勧めています。

その他

インドでチャンパカの花は神および女神へのささげ物として使用されます。インドの民話で、富と繁栄の女神・ラクシュミの化身と考えられています。

資料

世界有用植物事典
The Complete Guide Aromatherapy(Second Edition)より翻訳

チャンパカAbs・精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« 学名(属名)は同じだが(種小名)違う精油・フランキンセンス、ジュニパー | Main | パロサント(聖なる樹)精油の成分分析表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学名(属名)は同じだが(種小名)違う精油・フランキンセンス、ジュニパー | Main | パロサント(聖なる樹)精油の成分分析表 »