« August 2008 | Main | October 2008 »

September 30, 2008

ホホバオイルについて

Jojoba Oil

ホホバオイル

For soapmaking, we recommend jojoba oil. Over time the use of Jojoba oil significantly changes the appearance of pore size and moisturizes the skin. It also makes a great makeup base. Jojoba oil has some amazing properties since it is suitable for all skin types and penetrates the skin readily and for this reason is frequently used in skincare and cosmetic products.

石鹸作りのために、ホホバオイルを鮨を推奨する。時間とともに、ホホバオイル使用は有意に毛穴の大きさの外観を変化させて皮膚を保湿する。また、優れメイクアップのベースになる。全ての皮膚タイプに適していて直ぐに皮膚に浸透し、このような理由でスキンケアおよび化粧品に多用されているのでホホバオイルは、幾つかの素晴らしい特性を有している。

Jojoba - the miracle oil for softening the skin is used to promote a softer more supple skin, while being non-greasy. Jojoba oil is easily absorbed by the skin and is great to promote a silky smooth skin. Jojoba oil will help to nourish the skin and prevent dryness. A fine penetrating odourless oil which has the consistency of a liquid wax.

ホホバ-皮膚を柔軟するためのミラクルオイルは、さらに柔軟なハリのある肌を促進するために使用される一方非油脂性である。ホホバオイルは皮膚に容易に吸収されてなめらかなシルキースキンを助長するのに優れています。液性ワックスの粘度を有する素晴らしい浸透力の無臭のオイル。

Jojoba Oil is stable and long lasting. It is a good conditioner for all skin types, especially mature skins. Jojoba is also effective for dryness and dandruf and can be massaged on its own into the hair and scalp. The best choice to use as a perfume base because it is the least greasy of the carrier oils.

ホホバオイルは安定して耐久性がある。全ての皮膚タイプ、特に壮年肌に対しての素晴らしいコンディショナーである。また、ホホバは乾燥およびふけに効果的であって髪および頭皮にホホバだけでマッサージすることができる。キャリアオイルの脂じみたが少ないためにパフューム ベースとして使用の最高の選択。

More about Jojoba

さらにホホバについて

In reality Jojoba oil is not an oil but a liquid wax, and is pronounced "ho-ho-ba", and only became important in the 1970s when whaling was banned, since Jojoba oil has almost the same properties as the oil obtained from the sperm whale.

実際にホホバオイルは油でなくて液状ワックスであって、ホホバと発音して、ホホバオイルが鯨から得られるオイルとほぼ同じ特性を有しているので、1970年代に捕鯨が禁止されて重要になったのである。

Since Jojoba oil is composed of wax esters, it is an extremely stable substance and does not easily deteriorate.

ホホバオイルがワックスエステルから構成されているため、極めて安定した物質であって、容易に劣化しない。

Analysis of jojoba oil

ホホバオイルの分析

The structure of jojoba oil closely resembles that of your own skin sebum, and because of this it has a natural affinity to the skin, and is readily absorbed without making the skin feel greasy or tacky nor does it clog the pores and helps to balance the production of sebum - your skin's own lubricating medium.

ホホバオイルの構造はヒトの皮膚の皮脂に極めて似ていて、このために、皮膚に対して自然の親和性があって、皮膚を脂性およびエトベトの感覚にしないで、または毛穴を塞がないで容易に吸収されて、皮脂産生(あなた自身の潤滑油)のバランスと取るのに役立てる。

A typical chemical analysis of jojoba oil includes palmitic, palmitoleic, stearic, oleic, linoleic, linolenic, and arachidic, eicosenoic, behenic, and erucic and lignoceric fatty acids. It contains myristic acid which also has an anti-inflammatory action. Jojoba oil has the ability to minimize fine lines and wrinkles, promoting skin suppleness while assisting with the rejuvenation of the skin and forms a non-greasy, non-tacky layer with exceptional trans-epidermal water control.

典型的なホホバオイルの化学分析成分は、パルミチン酸、パルミトレン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、および アラキン酸、エイコサン酸、ベヘン酸、およびエルカ酸とリグノセリン酸である。また、抗炎症作用があるミルスチン酸を含有している。ホホバオイルにはファインラインおよびシワを最小限にする能力があり、肌の柔軟性を促進する一方、肌の若返りを助けて優れた皮膚水分コントロールで非油脂性のベトツキのない皮膚層を形成する。

Jojoba oil is well tolerated by people with skin problems and does not aggravate acne, and also helps to break down sebum in plugged-up pores.

ホホバオイルは皮膚疾患患者に十分耐えられてニキビを悪化させなくて、塞がれた毛穴の皮脂を分解するのを助ける。

Dermatological tests on jojoba oil

ホホバオイルにかんする皮膚科学テスト

In dermatological tests done, using jojoba oil, by Christensen and Packman, it was shown that jojoba oil increases the skin's suppleness by 45% and after 8 hours the effect was still present.It was also found that jojoba oil softens and smoothes the skin with fine line reduction. In one test 20 women's skin compliance increased with 37% after 30 minutes and remained for a hour.Continued use of jojoba oil results in reducing superficial facial lines. Reduction of such lines was 26%, 18% and 11% after 1, 4 and 8 hours in conducted tests.

Christensen と Packmanによって、ホホバオイルを用いて行われた皮膚科学テストで、ホホバオイルが皮膚のハリを45%まで増加させて、8時間後効果はまだ存在していた。また、ホホバオイルはフィアンラインの減少を伴って皮膚を柔軟およびなめらかにすることを解明した1つの試験では、女性20人の皮膚コンプライアンスは30分後に37%で増加して1時間そのままであった。ホホバ使用の継続は結果的に外見のフェイスラインの減少になった。そのようなラインの減少は、行われたテストで26%,18%
および1.4時間と8時間後11%であった。

Jojoba oil was also tested for hypoallergenic reactions. Two out of 50 people with known allergic skin types showed reactions to Jojoba. This reaction on the inherently hyper-allergic skins cleared completely after 24 hours.

また、ホホバオイルの低アレルギー反応の検査が行われた。既知のアレルギー皮膚タイプ患者50人の内2人がホホバオイルに対してアレルギー反応を示した。生まれつきの過度のアレルギー性皮膚に対するこの反応は24時間後に完全になくなった。

関連ブログ

ホホバオイルの抗炎症作用

フィトアロマホホバオイル100ml(化粧油)のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 29, 2008

ホホバオイルの皮膚への治癒作用

Pure Jojoba Oil can be used to assist in fighting wrinkles and extra dry and old skin as well as skin plagued with many other ailments or problems. It assists in minimizing lines and wrinkles and will actually help rejuvenating the skin and new cell growth as well sorting out problem skin, without clogging the skin with greasy mess.

ピュアーホホバオイルは、シワ、超乾燥肌およびオールドスキンと同様に多くの他の疾患または症状に悩まされた皮膚の予防の助けに使用することが出来る。ラインおよびシワの最小化の助けになって、ごちごちゃした脂肪で皮膚を塞ぐことなく、実際に、皮膚症状を改善すると同様に皮膚および新しい増殖を若返ることを助ける。


It is suspected that jojoba oil "tricks" the skin into stopping the production of sebum through somehow mimicking sebum. This also means that jojoba oil will assist in breaking down sebum in plugged-up pores. Sebum and jojoba oil will mix readily without sealing off the skin pores.

ホホバオイルは、皮膚を騙してともかくも皮脂の模倣を通して皮脂の産生を止めと思われる。また、これは、また、ホホバオイルが塞がれた皮脂腺の皮脂を分解する際に助けになることを意味する。皮脂およびホホバオイルは皮膚の毛穴を塞ぎことなくすぐに混ざる。

Dermatologists have also reported jojoba oil's non-irritating use for acne. Other materials such as mineral oil can cause anaerobic microbial growth and inflammation redness and swelling in and around pores. Jojoba oil will not cause blackheads that contribute to acne.

皮膚科医はニキビに対するホホバオイルの非刺激性使用も報告している。鉱物油などの他の成分は腺の中および周りに嫌気性微生物の増殖、炎症による発赤およびむくみを引き起こすことになる。ホホバオイルは二キビの一因となる吹き出物を生じさせない。

As a result jojoba oil and sebum will form a non-greasy, non-tacky layer with exceptional trans-epidermal water control. How great, jojoba oil will therefore assist in fighting wrinkles as well as dry, or oily skin.

結果として、ホホバオイルと皮脂は優れた表皮水分コントロールで非油脂性、べたべたしない層を形成する。なんとすごい、従って、ホホバオイルは、シワ同様に乾燥肌または脂性肌の予防を助けることになる。

Sperm whale oil was used for decades as an oil for fighting wrinkles. Jojoba oil is composed of liquid wax esters which makes up 25 - 30% of our skin's surface layer called sebum. As we age our rate of wax esters production steadily decreases, particularly in women. It has been reported that jojoba oil also has the ability to retard sebum excretion in people with oily skins.

鯨蝋(げいろう)はシワ予防のオイルとして何十年も使用されていた。ホホバオイルは、皮脂とよばれる皮膚の表皮層の25-30%構成する液性ワックスエステルで成り立っている。年齢を重ねるにつれて、特に女性にワックスエステル量が確実に減少します。また、ホホバオイルが脂性肌の人の皮脂分泌を遅延させる能力があると報告された。

Professor Zille of Port Elizabeth University carried out further studies on the anti-bacterial effects of jojoba oil and the results were presented at a Coshem Congress held at Mintek. Tests at Michigan University showed that five of the most common skin bacteria plus certain skin fungi couldn't survive in jojoba oil.

ポートエリザベス大学、Zille教授はホホバオイルの抗菌作用に関する研究さらに行って、その結果はMintekで行われたCoshem Congress で提示された。ミシガン大学試験は、最も一般的な皮膚細菌の5つプラス特定の皮膚真菌はホホバオイルの中で生きることができなかったことをしました。

Studies on jojoba oil at the University of Michigan supports the conclusion that 5 of the most common bacteria, including staphylococcus aureus and pseudomonas aeruginosus as well as the fungus candida albicans were not capable of growing in jojoba oil.

ミシガン大学のホホバオイル研究は、黄色ブドウ状球菌および緑膿菌を含む最も一般的な細菌の5つと同様にカンジダ・アルビカンスはホホバオイルで増殖出来なかった結論を支持する。

The medicinal working of jojoba oil was studied at the Pharmaceutical Department at the University of Port Elizabeth and found that jojoba oil destroys the bacteria staphylococcus and pseudomonas within 1 hour and 15 minutes. Studies on jojoba oil at the Ben Gurion University in Israel have shown that jojoba oil relieves the symptoms of psoriases.

ホホバオイルの薬理作用は、ポートエリザベス大学の薬学部で研究されて、ホホバオイルが1 時間 と15分以内で黄色ブドウ状球菌および緑膿菌を破壊することを解明した。イスラエルのBen Gu大学のホホバオイル研究が乾癬の症状を和らげることを示した。

フィトアロマホホバオイル100ml(化粧油)のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (1)

September 28, 2008

料理の写真アップロードできず

今日は野菜たまご炒めを作りました。昼食に良く野菜中心の炒め物を作ります。

材料は、干しシラス、ニラ、ブロッコリー、シイタケ、冷凍むきエビ、ブロッコリー、庭でとれたバジル、シソの葉と卵をオリーブオイルで炒めました。干しシラスで塩味がでるので調味料は入れてません。

出来上がった料理の写真を取ってアップロードをしたら、次の文章が表示されましたがどのような意味だか分からずできませんでした。どのようにしたらアップできるのでしょうか?

画像をアップロード時にこのページが出る方は、画像の容量をご確認ください。
ココログでは1アップロードあたり1MBを超える容量のファイルをアップロードすることはできません。

| | Comments (1)

September 27, 2008

リモネンおよびペリリルアルコールなどのモノテルペンによるガンの化学予防および治療

Cancer chemoprevention and therapy by monoterpenes

モノテルペンによるガンの化学予防および治療

PUBNEDより

Environ Health Perspect. 1997 Jun

Gould MN.

Department of Human Oncology, University of Wisconsin, Madison 53792, USA. gould@humonc.wisc.edu

ヒト腫瘍学学科、ウイスコン大学

Monoterpenes are found in the essential oils of many plants including fruits, vegetables, and herbs. They prevent the carcinogenesis process at both the initiation and promotion/progression stages. In addition, monoterpenes are effective in treating early and advanced cancers.

モノテルペンは、果物、野菜およびハーブを含む多くの植物精油にみられる。それらはイニシエーション(初期段階)およびプロモーション(促進段階)・プログレッション(進行段階)で発ガン過程を予防する。さらに、モノテルペンは初期ガンおよび進行ガンの治療に有効である。

advanced cancers 進行ガン

Monoterpenes such as limonene and perillyl alcohol have been shown to prevent mammary, liver, lung, and'other cancers. These compounds have also been used to treat a variety of rodent cancers, including breast and pancreatic carcinomas.

リモネンおよびペリリルアルコールなどのモノテルペンは乳ガン、肝臓ガン、肺ガンおよび他のガンを予防することが示された。また、これらの成分は乳ガンおよび膵臓ガンを含む様々なげっ歯類動物のガン治療に用いられた。

perillyl alcohol:ペリリルアルコール
rodent cancers:げっ歯類動物ガン

In addition, in vitro data suggest that they may be effective in treating neuroblastomas and leukemias. Both limonene and perillyl alcohol are currently being evaluated in phase I clinical trials in advanced cancer patients.

さらに、生体外で、それらは神経芽腫および白血病治療に有効であるかもしれないことをデータは示唆している。リモネンおよびペリリルアルコールの両方は現在進行がん患者の第I相臨床試験で評価されている。

neuroblastomas 神経芽腫
phase I clinical trials:第I相臨床試験,

The monoterpenes have several cellular and molecular activities that could potentially underlie their positive therapeutic index. The monoterpenes inhibit the isoprenylation of small G proteins. Such inhibitions could alter signal transduction and result in altered gene expression. The results of a new gene expression screen-subtractive display have identified or confirmed several up- or downregulated genes in regressing mammary carcinomas.

モノテルペンは、潜在的にその実証的な治療指数を基礎となることができた幾つかの細胞および分子の活性を有している。モノテルペンは低分子量Gタンパク質のイソプレニル化を阻害する。そのような阻害はシグナル伝達を変異することになり、結果的に遺伝子発現を変異させた。新遺伝子発現・スクリーン減産デスプレー結果は退行性乳ガンで幾つかの発現遺伝子または抑制遺伝子を特定または確認した。

therapeutic index: 治療指数
isoprenylation :イソプレニル化
small G proteins:  低分子量Gタンパク質
signal transduction: シグナル伝達
subtractive :減じる、引く
screen-subtractive display:正確な訳語はわからないので意味不明の訳になっています。
regressing mammary carcinomas:退行性乳ガン
up-regulated genes: 発現遺伝子
downregulated genes:抑制遺伝子

For example, these regressing tumors overexpress the mannose 6-phosphate/IGF II receptor. The product of the gene both degrades the mammary tumor mitogen IGF II and activates the cytostatic factor TGF-beta. These and other alterations in the gene expression of mammary carcinomas lead to a G1 cell cycle block, followed by apoptosis, redifferentiation, and finally complete tumor regression in which tumor parenchyma is replaced by stromal elements.

たとえば、これらの退行性腫瘍はマンノース 6- リン酸/ IGF II(インスリン様成長因子II)受容体を過剰発現する。両方の遺伝子発現生成物(リモネンおよびペリリルアルコール)は、乳腺腫瘍マイトジェン(細胞分裂誘起物質)IGF IIを退化させて細胞分裂停止因子TGF-beta(トランスフォーミング増殖因子-β)を活性化する。乳ガンの遺伝子発現でこれらおよび他の変異はG1期の細胞周期ブロックをもたらして、アポトーシス、再分化に続いて、良性の腫瘍が間質成分に取り替わることで最後に完全な腫瘍退行になる。

regressing tumors:退行性腫瘍
mannose 6-phosphate:マンノース 6-リン酸
IGF・Insulin-like growth factor:インスリン様成長因子
mammary carcinomas:乳腺腫瘍
mitogen:マイトジェン(細胞分裂誘起物質)
cytostatic factor:細胞分裂停止因子
TGF・Transforming Growth Factor:トランスフォーミング増殖因子
G1 cell cycle block:G1期の細胞周期ブロック
redifferentiation 再分化
tumor parenchyma 良性腫瘍
stromal elements 間質成分

It is likely that monoterpenes prevent mammary cancer during their progression stage by mechanisms similar to those that occur during therapy. In contrast, prevention of mammary cancer by polycyclic hydrocarbons such as 7,12-dimethylbenz[a]anthracene occur by the induction of detoxifying phase II hepatic enzymes.

おそらく、モノテルペンが治療期間中に生ずるものと同じようなメカニズムによってガンの進行段階の間乳がんを予防することになる。対照的に、7,12-7ジメチルベンゾアントラセンような多環式炭化水素による乳がん予防は第2相解毒酵素誘導によって生じる。

induction of detoxifying phase II hepatic enzymes:第2相解毒酵素誘導

考えたこと

リモネンのことを昨日書き、そのときに見つけた記事を翻訳してみましたが一部のフレーズに関しては調べてみたが適切な名称が見つからなかった。ガンを抑えるメカニズムの記事ですが十分理解できていなくて訳してる部分もあります。精油成分がガンの抑制に働くとはとても素晴らしいことです。精油の香りを楽しみながらガンの予防ができれば素晴らしいことです。これからの健康に役に立つ精油の記事を探すつもりです。

 

| | Comments (0)

September 26, 2008

リモネン含有量(%)精油の一覧表(フィトアロマ研究所発売精油)

リモネン含有量(%)精油の一覧表(フィトアロマ研究所発売精油)

1.オレンジ:93.87%

2.グレープフルーツ:92.86%

3.柚子:75.69%

4.マンダリン:68.94%

5.レモン:68.68%

6.パロサント(聖なる樹):63.03%

7.ベルガモット:42.71%

8.ライム:(42.5-50.3%)

9.ネロリ:(9-18%)

10.シトロネラ:(9.54%)

()かっこの成分%は資料からです。その他は取引先よりの成分分析表よりです。

尚、リモネンは体内に吸収されてから代謝してガン予防の作用を発生させると言われています。

関連ブログ

乳がん化学予防におけるモノテルペン(リモネン)

リモネン体内代謝産物の抗腫瘍作用

リモネン、ピネンこのネン何やネン 精油の化学

お客様からの問い合わせでリモネン含有量の多い精油はどれですかとの問い合わせがありましたので表を作成しました。

精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 25, 2008

創傷ケアのキャリアオイル

創傷ケアのキャリアオイル

固定油

固定油は合併症のない創傷を治癒を助けるために重要な役割を果たします。創傷が感染しているならば、水溶性ベースの使用は精油のリリースを早めるのでさらに効果的である。

創傷治癒の主要固定油は、月見草、ボラジ、ローズヒップシード、カロフィラム(タマヌ)およびニームのオイルです。

リノール酸およびリノレン酸などの多価不飽和脂肪酸の豊富な固定油はプロスタグランジンおよびロイコトリエンの形成を阻害することを助けるので、塗布すると抗炎症作用を産生します。多価不飽和脂肪酸は細胞修理メカニズムにとって必須である。多価不飽和脂肪酸の豊富なオイルの経口投与量は局所塗布と同じように示された。月見草、ボラジ、ローズヒップなどの固定油は多価不飽和脂肪酸が豊富に含有しています。

固定油、ニームは伝統的および研究エビデンスの両方で創傷治癒に寄与しています。顕著な抗菌作用があるので創傷が感染していると特に有効である。その強烈な匂いは一部の人にとっては避けるかも知れません。

カロフィラムオイルは伝統的に細胞再生に使用されてきた。1950年代からの研究で、タマヌオイルには、瘢痕形成、抗炎症、抗酸化、鎮痛および抗菌の作用があることが確認されている。私の経験では、このオイルの鎮痛作用は特に帯状疱疹における水疱形成などの痛みの創傷および他の損傷にたいして有用である。

お客様から静脈瘤潰瘍(varicose ulcer)に有効な精油がないですかとの問い合わせがあって調べてみていたら雑誌、International Journal of Clinical Aromatherapyの特集、Wound Care 創傷ケアにRhiannon HarrisさんのAromatice approach to wound care 創傷ケアへのアロマ的アプローチの記事を思い出して読んでみました。そこにキャリアオイルのことが出ていてタマヌオイルのことが出ていたので訳してみました。

また、他の資料にタマヌオイルのケーススタディ記事が出ていてそれを訳してみました。

ケーススタディ

57歳の女性は、治癒しない足の大きな壊疽性潰瘍でパリの病院に入院した。通常、足は切断された。足は定期的にカロフィラムオイルで包帯されて治療して、治癒が7月以内で徐々に発現した。なめらかな平らな瘢痕だけを残して、完全に治癒した。

| | Comments (0)

September 24, 2008

精油の化学講座お知らせ

精油の化学講座(10回)

今回10月より、月1回、三上 杏平先生をお招きして精油の化学講座を開催することにしました。日頃の精油の化学に対する疑問点を解決するために講座を利用して頂きたいです。精油を科学的に理解してトリートメントに活かして頂きたいです。また、参加者同士のコミュニケーションを図り情報交換の場になれば良いかと思っています。

日時:毎月、第二週の水曜日、18時30分〜20時30分

開始日:10月8日(水曜日)、

場所:フォーラム・スリー  東西線早稲田駅下車

講義内容
10月8日(水) ①精油化学基礎その①、11月5日(水) ②精油化学基礎その②と異性体
12月10日(水)③炭化水素類、1月7日(水)  ④アルコール類
2月11日(水) ⑤フェノール類、アルデヒド類、酸化物類、3月11日(水)⑥フェノール・エーテル類
4月8日(水))⑦ケトン類、5月7日(水)⑧ラクトン類、
6月10日(水)⑨エステル類、7月8日(水)⑩不飽和脂肪酸類

尚、三上杏平先生作成の資料を講座開始前にお渡しします。資料に基づき講義されます。

受講料は、1回4,620円になります。
 
三上杏平先生 
ナード・アロマセラピー協会顧問、前会長。アロマセラピー界における精油の化学研究の第一人者。

【著書】

アロマテラピストのための『最近の精油科学ガイダンス』フレグランスジャーナル社等

『エッセンシャルオイル総覧2007』フレグランスジャーナル社

『ケモタイプ精油事典』(ナード・ジャパン編)

お申込・お問い合わせ:フィトアロマ研究所

| | Comments (0)

September 22, 2008

ドロッパーから精油がでてこない

先日の癒しフェアで購入したローズマリーCO2精油を使ってみよとして、開封したら\精油が出てこないいので、ドロッパーを外してみたら、中身が固まっていた。とのメールを頂きました。

こちらのミスで販売時にドロッパーはついているが固形になっているので小さなスプーンみたいので取るとか、または、温めて液状にして使用するとか説明をしなかったためにお客様に迷惑をかけてしまいました。使用方法を納得してから購入していただくべきでし

以前に溶剤抽出のピンクロータスも同じ用にペースト状になっていてドロッパーから出てこないとメールを頂きました。そのときには同じくスプーンみたいなもので取って頂きました。

二酸化炭素抽出CO2にはトータルとセレクトがあります。トータルには表皮ワックスなどが含有されていて固形状態になっています。ローズマリーCO2はトータルになります。

ジンジャーCO2とフランキンセンスCO2はセレクトで液状になっています。尚、手元にあるマグノリアリリーCO2は液状でも粘性が高いです。

精油の状態に関して同じ二酸化炭素CO2および溶剤抽出でも形状が違う場合があるのでお買い求めいただく前にきちんと説明しておくことが大切であることを学ぶことができました。

ブログ

ローズマリーCO2・精油新発売

ローズマリー成分カルノシン酸アルツハイマー予防効果

上記ブログにRON GUBA先生のQ&A 二酸化炭素抽出(CO2)精油について掲載してます。


| | Comments (0)

September 21, 2008

シベリアモミ精油

シベリアモミ 

学名:Abies sibirica

科名:マツ科 アビエス属

抽出部位:球果

抽出方法:水蒸気蒸留法

原産国:ロシア


安全性:敏感肌の方に皮膚刺激あり

主要成分

エステル

酢酸ボルニル:28.01

モノテルペン炭化水素

カンフェン:22.76、α-ピネン:13.39、δ-3-カレン:13.08、d-リモネン:5.54、β-フェランドレン:3.04、トリサイクレン:2.09、β-ピネン:2.01、サンテン:1.98、テルピノレン:1.54、β-ミルセン:0.64

モノテルペンアルコール

ボルネオール:1.48、テルピネン-4-ol:1.05

作用

空気清浄、抗気管支炎、抗炎症、抗アレルギー、去痰、刺激、強壮、アセチルコリンエステラーゼ活性抑制

適用

呼吸器系:気管支炎、咳、鼻炎、

循環器系、筋肉、関節:関節炎、筋肉痛、リウマチ

免疫系:風邪、インフルエンザ、

相性の良いオイル
サイプレス、シダーウッド、ジャーマンカモミール、ジュニパーベリー、ティートリー、ヘリクリサム、ユーカリ、ラベンダー、ローズマリー

サトルアロマセラピー効果

セルフイメージおよびアイデンティティーを強力に促進
感情的に活性化する
許しおよび自己受容をもたらす
ポジティヴなエネルギーを増加

参考資料
エッセンショナルオイル総覧2007
The Aromatherapy Practitioner Reference Manual

| | Comments (0)

September 20, 2008

カプールカチャリ(山奈)・精油新発売

カプールカチャリ(山奈)・精油

学名:Hedychium spicatum

和名:山奈

アユールヴェーダ名:Kapur Kachari(カプールカチャリ

科名:ショウガ科 シャクシャ属

原産地:インド

植物の特徴

ヒマラヤから中国南部の山岳地域に分布し、根茎を輪切りにし乾燥したものが漢方の山奈で、辛味と芳香を有し健胃剤などに用いられ、また料理にも使われる。

抽出部位:根茎

抽出方法:水蒸気蒸留

主要成分
1.8シネオール、β-ピネン、リナロール

下記の資料は薬草として使用された記事です。

Medicinal Uses

薬用使用

Carminative; Digestive; Emmenagogue; Expectorant; Stimulant; Stomachic; Tonic; Vasodilator.

駆風、消化、通径、去痰、刺激、健胃、強壮、血管拡張の作用

The rootstock is carminative, emmenagogue, expectorant, stimulant, stomachic and tonic. It is useful in the treatment of liver complaints, and is also used in treating fevers, vomiting, diarrhoea, inflammation, pains and snake bite. The root is used in Tibetan medicine, it is said to have an acrid taste and heating potency.It is digestive, stomachic and vasodilator. It is used in the treatment of indigestion and poor circulation due to thickening of the blood

根茎には、駆風、消化、通径、去痰、刺激、健胃、強壮の作用があります。肝臓病の治療に有効で、また、熱、嘔吐、下痢、炎症、痛みおよびヘビのかみ傷の治療に使用されます。根はチベット医学で使用され、辛味があるので熱効能があると言われている。消化作用および血管拡張作用があります。消化不良および血管壁の肥厚による血液循環の不良の治療に使用されます。

Pharmacology

薬理学

In preliminary pharmacological studies the drug is found to have a vasodilatory effect on coronary vessels, mild hy-potensive property and a non-specific antispasmodic effect on smooth muscles.

予備薬理学的研究において、本剤が冠血管への血管拡張作用、軽度の降圧作用および平滑筋への非特異的抗けいれん作用を有することが解明された。

Studies on the essential oil of the rhizomes of Hedychium spicatum reveal that these oils possess a mild tranquilizing effect of short duration.

カプールカチャリ(山奈)根茎精油に関する研究でこれらの精油が短期間の軽度な鎮静効果を有していることが明らかになっています。  
      
They depressed the conditioned avoidance response, rotarod performance and potentiated pento-barbitone hypnosis and morphine analgesia in rats.

精油は、ラットで、回避反応状態、異常行動を弱めて、ペントバルビタールの催眠作用およびモルヒネの鎮痛作用を増強させた。

カプールカチャリ(山奈)・精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 19, 2008

リキッドスマッジ:スイートグラスハイドロゾル

リキッドスマッジ:スイートグラスハイドロゾル

ネイティヴアメリカンが聖なるハーブとして使用してきた甘い香りがするスィートグラスを蒸留してできた芳香蒸留水です。クマリンの香りがして桜餅の葉のような香りがします。スィートグラスグラスはスウェット・ロッジ儀式中に浄化のために使用されます。

スィートグラス

学名:Hierochloe odorata 

和名:コウボウ、

英名:Sweet Grass、Holy Grass

科名:イネ科 

原産地:カナダ

抽出部位:全草 

抽出方法:水蒸気蒸留

植物の特徴

丘陵地や山地の草地にみられる多年草。茎の高さ30cmくらいで細く、葉は3枚くらいで、長さ10cmくらい線形、白っぽい緑色で、細い毛がまばらに生える。

植物体の芳香は含まれる精油のクマリンのためといわれる。ユーラシア、北米など北半球の温帯に広く分布し、アメリカ・インディアンはコウボウで籠(Sweet-Grass Basket)を編む。また、葉をウオッカに入れて芳香をつけたり、中国では穂(芳香花)を薬用とする。胃を温め、嘔吐を鎮めるのに効がある。

また、もう一つの英名Holy Grassは新聖なる草の意味のラテン語の属名の直訳で、北ヨーロッパではキリスト教徒の祭日に協会のまわりにこの草をまいた、かっての習慣に由来する。 世界有用植物事典より

スイートグラスの香り

クマリン含有のため桜餅のような香りがします。ネティヴアメリカンはスイートグラスをスマッジに使用して浄化します。また、スイートグラスはThe hair of Mother Earth・母なる大地の髪と呼ばれています。最も女性性を表すハーブで良いエネルギーをもたらすと言われています。

ハイドロゾルについて

ハイドロソルは精油のホメオパシー版であると考えられることができます。ハイドロソルの秘教的および形態学的な使用は積極的に研究されていて、これらの素晴らしいウォーターの豊富なエネルギー作用を伝えてくれます。ハイドロソルは植物の蒸留過程の産物です。植物の水溶性成分が含有されていて、それが香りおよび治癒的作用をもたらします。また、水溶性成分の精油が含まれています。ハイドロソルは弱酸性です。

浄化について

全ての北米ネティブ・アメリカンは、セージ、シダー、スイートグラスおよびジュニパーをスマッジに使用します。スマッジは、聖なる儀式または瞑想の前、重要な会議の始まる前または救済法またはヒーリングを捧げる前に場を浄化するために行われます。また、新築の家またはアパートに入居する前、空間の浄化を保つために健康センターで、および事件が起きた場所(盗み、暴力など)を浄化するために使用された。

スィートグラス50ml・ハイドロゾル(フローラルウォーター)のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ


| | Comments (0)

September 18, 2008

ロッキーマウンテンジュニパー精油新発売

ロッキーマウンテンジュニパー精油

学名:Juniperus scopulorum

Juniperus:西洋ネズ(西洋ビャクシン)ような
scopulorum:岩の多い

和名:コロラドビャクシン

科名:ヒノキ科 ネズミサシ属

原産地:米国

抽出部位:葉

抽出方法:水蒸気蒸留

ノート:ミドルノート 惑星:太陽 エレメント:火

成分表(取引先より)

モノテルペン炭化水素

α-ピネン:40.45、サビネン:34.11、リモネン:3.29、γ-テルピネン:2.28、δ-3-カレン:2.15、テルピノレン:1.69、α-テルピネン:1.36、、ミルセン:0.87、α-ツヨネン:0.77、β-ピネン:0.61、パラサイメン:0.49、カンフェン:0.39、β-フェランドレン:0.35、トランス-β-オシメン:0.22、トリシクレン:0.15,α-フェランドレン:0.15、α-フェンケン:0.14,シス-β-オシメン:0.01

セスキテルペン炭化水素

ツヨプセン:0.64、β-ブルボネン:0.04、β-エレメン:0.02、β-クベベン;0.01

モノテルペンアルコール

リナロール:0.16、トランス・ツヤノール:0.06、シス・ツヤノール:0.03、テルピネン-4-ol:、

エステル

酢酸ボニル:0.38、酢酸フェンキル:0.02、カプリル酸エチル:0.01


その他

テルピネン-4-ol+β-カリオフィレン:3.08、α-フムレン+セスキテルペン:0.17、トランス・ピノカルベノール+α-ヒマカレン:0.05、脂肪族アルコール:0.02


ロッキーマウンテンジュニパー精油に関して調べましたがアロマセラピーでの使用に関して現在のところないです。香には身体、心およびスピリットを浄化する作用があります。

ロッキーマウンテンジュニパー精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ


| | Comments (0)

September 17, 2008

ロッキーマウンテンジュニパー精油

ロッキーマウンテンジュニパー精油

今日は一日外出をしていて、帰宅したら郵便受けに“郵便物等お預かりのお知らせ”が入っていました。国際小包・EMSでした。これは、今回輸入したロッキーマウンテンジュニパーとフランキンセンス、Boswellia Frereana、ソマリア産の荷物です。

同じジュニパーでも学名、産地が違うと香り作用も違ってきます。ロッキーマウンテンジュニパーはネティヴアメリカンの人々が儀式や治療に使用していた植物です。

以前、輸入したネパージュニパー精油にはお客様からとてもヒーリング効果のある精油だと言われました。上に登る感じで上とつながり、ビジョンが見える感じで眠くなる。上に登って目の前に雲が見えた。安心感をもたらす香りだと言われました。

このロッキーマウンテンジュニパー精油にも何かスピリチュアルな効果があるのではないかと期待をしています。

また、精油の成分分析表が届いているので他のジュニパーとの成分違いを調べてみたいと思ってます。

| | Comments (0)

September 16, 2008

ヨーロッパモミ精油

ヨーロッパモミ

学名:Abies alba

科名:マツ科モミ属

植物の特徴
高さ30-50mになる高木。ヨーロッパ中・南部に分布し、西ドイツ、フライブルク近郊のシュワルツワルトSchwarzwald(黒い森)に多くみられる。樹脂や葉から蒸留した精油(Silver Pine Needle Oil)は浴用に使われ、また、室内の芳香剤や、薬用に利用する。このモミがヨーロッパで標準的なクリスマス・ツリーである。

原産地:オーストリア

抽出部位:葉

抽出方法:水蒸気蒸留

成分分析表(取引先より)

モノテルペン炭化水素

α-ピネン:36.65、β-ピネン:19.29、リモネン:19.28、カンフェン:13.46、トリシクレン:1.15、テルピノレン:0.54、サンテン:0.38, β-フェランドレン:0.37、フェンケン:0.35、γ-テルピネン:0.22、パラサイメン:0.19、α-テルピネン:0.13、ミルセン:0.10、サビネン:0.08、δ-3-カレン:微量 

セスキテルペン炭化水素

ロンギフォレン:0.52、カジネン:0.19、α-フムレン:0.10、α-コパイエン:0.05、

ケトン

カンファー:微量 

モノテルペンアルコール

α-テルピネオール:0.26、ボルネオール:0.09、パラサイン-8-ol:0.09、ミルテノール:0.07 

酸化物

カリオフィレンオキサイド:0.12 

その他

テルピネン-1-ol-4+β-カリオフィレン:3.65

作用

抗菌、抗痙攣、抗真菌、防虫、鎮痛、消毒、鎮咳(肺)、消臭、去痰、引赤、刺激、強壮


適用

循環器系、筋肉、関節:関節炎、筋肉痛、リウマチ

呼吸器系:気管支炎、咳、鼻炎

免疫系:風邪、熱、インフルエンザ

相性の良いオイル

ガルバナム、ラブダナブ、ラベンダー、ローズマリー、レモン、パイン、マジョウラム

資料
The Illustrated Encyclopeida Of Esserntial Oils
The Aromatherapy Practioner Reference Manual
世界有用植物事典

ヨーロッパモミ精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 15, 2008

バッタの親子onシソの葉写真

上記の表題でデジカメで撮影した写真をアップロードしようとしたができませんでした。

今日、シソの葉を摘みに庭にでたら、シソの葉の上に親バッタの背中に子バッタが乗っているを撮影しました。それを掲載しようとしたができませんでした。原因は分からないです。

関連ブログ

シソの葉とバッタ

| | Comments (0)

September 14, 2008

横浜三溪園中秋の名月

今日は中秋の名月に日なのでお月さまを観月したくなり近くの横浜の三溪園に行くことにしました。ネットで調べてみると今年の観月会として、三溪園の三大夜間イベントのひとつである「観月会」が9月13日から17日の5日間にわたり開催されます。と出ていました。ライトアップされた三重の塔の横に月が輝いている写真が出ていました。

向かう途中に空を眺めてみると美しい月を眺めることができましたが三溪園の入口に着いたら雲に隠れてしまっていました。やめようかと思いましたが折角きたので入ることにしました。園内を歩いていると運良くお月さまが顔を出してくれました。ベンチに座りながら眺めていました。こんな時間を過ごすのはひさしぶりでした。ただ眺めているだけで気分がよかったです。

三溪園は周りが樹木の茂った岡に囲まれていて、園内には池があり鯉が泳いでいます。月を眺める場所によって
手前の風景が違ってくるので趣が違ってきます。いつも月を眺めるときは屋根越しに見ています。

この雰囲気のある風景を写真に取るべくデジカメを持参して撮影しましたが上手く撮れませんでした。上等なカメラが必要と思いました。

月光浴をしたことによって何かパワーを頂いたような気がしました。

| | Comments (0)

September 13, 2008

アレルギー性接触皮膚炎を引き起こす精油化学成分名と精油

Fourteen ingredients found inn essential oils and used in skin care, of the 26 fragrance ingredients highlighted as causes of contact allergies by the EC Scentific Committee on Cosmetic and Non-food Productsの資料より

化粧品・非食品製品に関するEC科学委員会によると、アレルギー性接触皮膚炎の原因として明らかにされた26の芳香成分について、精油にみられる14の成分およびスキンケアに使用されるアブソリュート。

化学成分名と皮膚刺激作用のある精油例

ベンジルアルコール:イランイラン、ジャスミン

安息香酸 ベンジル:イランイラン、シナモン

桂皮酸シンナミル:ベンゾイン

サリチル酸ベンジル:イランイラン

シンナミルアルコール:

ケイ皮アルデヒド:シナモン

シトラール:レモングラス、メイチャン、メリッサ

シトロネロール:シトロネラ

オイゲノール:シナモン、ツリーバジル、クローブ

ファネソル:ネロリ、ローズ

ゲラニオール:パルマローザ、ゼラニウム

イソオイゲノール:イランイラン

d-リモネン:シトラス系、パイン、ミントの精油

リナロール:ローズウッド、カンファー、コリアンダー、ラベンダー

資料
AROMADERMATOLOGY 51ページより

関連ブログ

精油成分の皮膚刺激とタイガーバームの反対刺激

精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (1)

September 12, 2008

パロサント(聖なる樹)精油の成分分析表

フィトアロマ研究所の精油には成分分析表のある精油とないのがあります。精油によっては文献を調べるとどのような成分が含有されているかわかるのもあります。

しかし、希少精油になると成分がはっきりしないものがあります。また、主要成分はわかるが他にどのような成分が含有されているかとなるとわからなくなります。

今まではネパールの精油に関しては成分内容が分かりませんでしたが今回から化学分析表を頂けることになって紹介ができました。ネティヴアメリカン関連の精油にも化学分析表を入手できるようになりました。

精油もできるかぎり化学分析表付きの精油にしていくつもりです。

尚、一部の希少精油に関しては成分分析表入手が困難なのでこちらで調べることができないかと考えていましたところフランスで分析をしてくれるとこが見つかりお願いすることにしました。

幸せを呼ぶ香りとして知られているパロサント(聖なる樹)の精油をフランスで分析してもらいました。

グラフと調べた成分名(112種類)が送られてきました。

パロサント・精油

学名:Bursera Graveolens

科名:カンラン科 (フランキンセンスはカンラン科)

抽出部位:木部 抽出方法:水蒸気蒸留 原産地:エクアドル


フランスで分析した成分化学分析表

モノテルペン炭化水素

リモネン:63.03%、パラシメン:0.59%、β-ミルセン:0.12%、α-ピネン:0.07%、β-ピネン:0.02%

モノテルペンアルコール

α-テルピネオール:8.19%、トランス-ピノカルベオール:1.20%、リナロール:0.12%、テルピネン-4-ol:0.05%、
δ-テルピネオール:0.02%

エステル

メントフラン:9.66%、

ケトン

カルボン:1.72% プレゴン:1.22%、イソメントン:0.20%、メントン:0.16%

セスキテルペン炭化水素

ゲルマクレンD:1.20%、γ-ムウロレン:0.67%、β-エレメン:0.44%、α-ファルネセン:0.40%、δ-カジネン0.28%、γ-カジネン:0.28%、ツヨプセン:0.24%、β-ビザボレン:0.24、β-クベベン:0.16%,α-コパイエン;0.15%、
α-クルクメン:0.12%、β-フェランドレン:0.09%,テルピノレン:0.01%


アルデヒド

ネラール:0.38%、ペリルアルデヒド:0.06%


酸化物

1.8シネオール:0.14%

パロサント(聖なる樹)精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ


| | Comments (0)

September 11, 2008

チャンパカAbs・精油

チャンパカAbs・精油

学名:Michelia Champaca

科名:モクレン科 オガタマノキ属 

和名:キンコウボク

原産地:インド

抽出部位:花

抽出方法:溶剤抽出

植物の特徴
常緑の高木。樹高30mに達する。東南アジア原産。熱帯、亜熱帯でよく見かける花木で、花は黄色。花から精油が蒸留され、香水原料にされる。材は軽く柔らかで、家具や一般的な構造材に利用され、インドでは植林もされている。またヒンドゥー寺院などに栽植され、神聖な木とされる。

安全性:人によりアレルギー反応があることがある。

主要成分
リナロール(76%)、2-フェネチルアルコール(6.38%),アンスラニル酸メチル,インドール、酢酸ベンジル、オイゲノール、シンナミルアルコール、安息香酸、フェニル酢酸

作用
催淫、抗うつ、利尿、エモリエント、通経、刺激、健胃、強壮

アロマセラピー使用

チャンパカ精油は香水として高く評価されていますが優れた治療的使用もがあります。痛風、リウマチ、無月経および月経困難症に使用されます。]

リンドは、異国情緒の官能的な香りは自尊心および自信を元気づけ、満足させ、心地よくさせ、高めると記述しています。

皮膚をクーリングさせて保湿をして、皮膚熱にお勧めです。

イラニは、怒り、躁うつ病およびそのグランディング作用のために勧めています。

その他

インドでチャンパカの花は神および女神へのささげ物として使用されます。インドの民話で、富と繁栄の女神・ラクシュミの化身と考えられています。

資料

世界有用植物事典
The Complete Guide Aromatherapy(Second Edition)より翻訳

チャンパカAbs・精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 10, 2008

学名(属名)は同じだが(種小名)違う精油・フランキンセンス、ジュニパー

フランキンセンス精油でも学名、産地が変わると香りが違ってきます。現在、Boswellia carterii  ソマリア産とBoswellia sacra オマーン産をフィトアロマ研究所では販売しています。最近、ソマリアの山岳地域に生育しているBoswelia frereanaの精油があることを知りました。甘い樹脂のようでレモンのような香りがすると紹介されていました。治癒的効果は高くお値段も高いですが興味があるので注文をしました。

また、ジュニパーに関しては、ディエットアロマのオーガニック、ジュニパーベリー、Junperus communis、ボスニア産と最近発売したジュニパーネパール、Juniperus spp.、ネパール産があります。ネティヴアメリカンのジュニパーを探してましたら購入先が見つかり購入することにしました。ロッキーマウンティンジュニパー、正式和名コロラドビャクシン、Juniperus scopulorumになります。成分表も入手可能なので3種類のジュニパーの成分の違いを調べてみたいです。

また、ピニオンパイン・Pinus edulis精油も近いうちに購入したいと思ってます。これが揃うとネティヴアメリカン関連の精油がそろうことになりますが、まだ、スイートグラス精油は入手できてないです。

精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 09, 2008

ジャスミン アブソリュート・精油

ジャスミン アブソリュート・精油

学名:Jasminum grandiflorum

Jasminum:アラビア語の植物名ysmynのラテン語化 
grandiflorum:大きい花の

和名:オオバナソケイ

植物の特徴
花は大きく、径3.5cmくらい。世界有用植物事典より

科名:モクセイ科 ソケイ属  

抽出部位:花 

抽出方法:溶剤抽出 

産地:インド 

安全性:人によってアレルギー症状および皮膚感作作用

主要化学成分(エッセンシャルオイル総覧2007より)

酢酸ベンジル(15-60%)、ヘネコサン(10%)、イソフィトール(10%)、酢酸フィティル(9%)、フィトール(7%)、酢酸リナリル(7%)、ベンジルアルコール(6%)、安息酸ベンジル(4.5-12%)、リノレン酸メチル(4.5%)、ジャスモン酸メチル(3.8)、安息酸cis-3-ヘキセニル、リナロール、オイゲノール、cis-ジャスモン、インドール、アンスラニル酸メチル他、多数の成分が含まれる。

作用

鎮痛、抗うつ、抗炎症、消毒、鎮痙、催淫、駆風、はんこん形成、去痰、子宮強壮

適用

皮膚:乾燥肌、脂性肌、かゆみ

循環器系、筋肉、関節:筋肉の痙攣、捻挫

呼吸器系:カタル症状、咳

泌尿器系:月経困難症、不感症

神経系:うつ病、神経疲労、ストレス症状

相性の良い精油

クラリーセージ、サンダルウッド、ローズ、シトラス系精油

ジャスミンの香り

ジャスミンの花の香り成分はそれぞれの産地、収穫時期、収穫時間によって異なる。例えば気温が比較的低いグラース地方のジャスイミンはIndole含有量は少なく香調は繊細かつ芳醇であるが、イタリア、モロッコ、エジプトと気温がたかまるにつれて、Indole含有量が増加し、香調が荒々しくなる。

花は日没後に開花し夜半すぎに満開となるので、香りがもっとも調和した午前5時~9時までに収穫するのが好ましく、それ以前にいってもIndole香気と他の香気成分の調和が不十分であり、それ以降では香気成分の蒸散が始まりいずれも良質なアブソリュートを得ることができない。香料と調香の基礎知識 中島基貴編著 産業図書

ジャスミンの精神的な作用

With Jasmine we are helped to understand that there is no division between physical and Divine Love.

ジャスミンで、肉体と神聖な愛との間には境目がないことを理解することに役に立ちます。

In common with Rose, this is an aroma favoured by the Angels. If you smell Jasmine when you know there is none nearby, an Angel has almost certainly passed your way. Conversely, if you wish to draw angelic beings toward you , use one drop of Jasmine with suitable affairmation or Visualization.

ローズと同様に、ジャスミンの香りはエンジェルに好まれています。周りに誰も居ない時にジャスミンの香りを嗅ぐと、エンジェルがほぼ確実にあなたのそばを通り過ぎた。反対に、エンジェルをあなたに引き寄せたいならば、一滴のジャスミンを用いて、適切なアファーメーションまたはビジュアライゼーションを行ってください。

Subtle Aromatherapy Patricia Davisより

ジャスミンの脳刺激

Professor Shizuo Torii and coleagues at Toho University School of Medicine in Tokyo, showed that jasmine increase alertness by stimulating beta brain-wave activity and the CNV(contingent negative variable), both attention brainwaves, as measured by EEG(electroencephalogram) or CNV amplitude.

東邦大学医学部の鳥居鎮夫教授らは、脳電図EEGまたは電位変動(CNV)の振幅による測定で、ジャスミンが両方の注意の脳波、脳のベーター波活性および電位変動(CNV)を刺激することによって覚醒を増大させることを示した。 Aromatherapy Scent Psyche ,Peter & Kate Damian著より

精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 08, 2008

ジュニパーベリー精油について

Commercial juniper oil is produced by two methods: the best oil is steam distilled from the crushed, dried or partially dried, ripe berries. Occasionally water distillation is used. The greater part of all commercial juniper oil, however, is derived from the fermented fruits as a byproductof central European juniper brandy manufacture.

販売されているジュニパー精油は2つの方法によって抽出される:最高品質の精油は、砕いて、乾燥または一部乾燥し熟した液果から蒸留される。時々、水蒸留法は用いられる。しかし、全ての販売用ジュニパー精油の大部分は中央ヨーーロッパのジュニパー・ブランディー製造の副産物としての発酵した液果から由来する。

It should be noted that juniper berries contain certain amounts of fixed oil, occasionally called juniper oil. Juniper oil is a water white or very pale yellow, mobile oil, having a fresh, yet warm, rich balsamic, woody sweet and pine-needle like odour.

ジュニパーの液果はある量の固定油(不揮発性油)を含有していて、時々、ジュニパー精油と呼ばれていることを留意する必要がある。ジュニパー精油はウォーターホワイトまたはすごく淡い黄色、液体、新鮮で、さらに温かみ、
濃いバルサミック、木の甘みおよびパインニードルのような香りである。

In fact, the oil of Pinus pumilio resembles juniper oil very much in odour characteristics. The oil derived from the fermented fruits usually has a more turpentine like, pinene like odour and little or no balsamic sweetness. It's tenacity is inferior to that of the true oil. Cade oil (huile de cade), or juniper tar oil is made by the dry distillation of the heartwood.

ジュニパーの液果はある量の固定油(不揮発性油)を含有していて、時々、ジュニパー精油と呼ばれていることを留意する必要がある。事実、ドゥオーフパイン精油は香りの特徴でジュニパー極めて似ている。発酵した液果から得られた精油は通常よりテルピンチンのようでピネンような香りでほんのすこしまたはバルサミックの甘さがないです。その粘性は本物のジュニパー精油より劣っている。ケード精油、またはジュニパー・タール精油は心材の乾留によって得られる。

dry distillation:乾留

尚、上記の翻訳はジュニパーに関しての資料の一部です。全文に関しては翻訳ができ次第掲載します。香りと色の翻訳は難しいです。

精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 07, 2008

洋書エックハルト・トーレ"A New Earth"読書会

今日はエックハルト・トーレ"A New Earth" 読書会&勉強会:横浜に参加しました。

前回、ブログで紹介しましたが"A New Earth"の洋書を読みながら勉強する会です。講 師は、ハートランド・ジェームズ先生はウィルヘルム・ライヒの心理学を勉強されたと言っていました。

以前にライヒの本を読んだことがあり精神の緊張が肉体の緊張、コリになり病気のもとになるそうです。心の緊張を解放することにより病気を予防することができるそうです。

感情の怒り、悲しみなどが肉体の緊張を生み、本に出ていたことですが怒りの解放できない女性は乳がんになる確率が高いです。この勉強会で感情と病気との関係も勉強できるかもと思いました。

今日は、EGO・エゴーIDENTIFICATION(自己認識)の関係について勉強しました。エゴに関しての基本的認識がないと真実でないものを自分だと認識してしまいます。エゴがあなたに代わってあなたのようにふるまい、あなたとは別人になってしまいます。

この事実に目覚めて認識をすることです。意識を高めることで覚醒という認識を手にいれることができます。

自分がしていることはエゴに基づいて行っているのかとも考えました。エゴにはいつも“私”“私の”が付きまとってきます。今日勉強してこのエゴについて少しかんがえました。

興味にあるかたは下記のホームページ

AWAKE NATURE -アウェイク・ネイチャー

| | Comments (0)

September 06, 2008

精油・パロサント・聖なる樹は素晴らしいヒーリングオイルを産生する

Essential Oils - Palo Santo - A Holy Wood Yields A Phenomenal Healing Oil

精油・パロサント・聖なる樹は素晴らしいヒーリングオイルを産生する

Palo Santo (Bursera graveolens) is in the frankincense family of essential oils and comes today from Ecuador. We get the oil through steam distillation of the dried bark, wood and branches. Palo Santo is a relatively new oil that is being distilled from the limbs of the trees which have fallen to the earth. Although the oil is present in young trees and saplings, the highest quality is distilled from the aged heartwood. Palo Santo oil is golden yellow, with a fresh and intense citrus aroma. Under the lemon top notes are subtle resinous wood notes and a slight medicinal pungency, which give the oil an intriguing complexity. The trees are now protected by the government to prevent over harvesting.

パロサント(Bursera graveolens)は精油フランキンセンスの科で今日ではエクアドル産になります。精油は乾燥した樹皮および枝を水蒸気蒸留して得られます。パロサントは比較的新しい精油で地面に落ちた木の枝から蒸留されます。精油は若木および古木に存在しますけれど最高品質は古木の心材から蒸留される。パロサント精油はゴールデンイエローで新鮮で強い柑橘系の香りです。レモンのトップノートの次は、微妙な樹脂系ノートおよびすこしばかりの医薬品の刺激性の香りで、精油に不思議な複雑性を与えています。パロサントの木は、現在、過剰な伐採を防ぐために政府によって保護されています。

Traditionally, Palo Santo was known to the native peoples of Latin America as a spiritual oil. Tradition goes all the way back to the Incas who used it to purify and cleanse the air of negative energies. Its Spanish name even tells us it was considered holy or sacred. Palo Santo is one of the most important trees used in traditional ethno-botanical medicine of South America. It is widely used as an incense for repelling mosquitoes. The wood is cooked into decoction and taken for fevers, infections, and skin diseases. It is still widely used by shamans of the Andes in curing ceremonies.

伝統的に、パロサントはスピリチュアルのオイルとしてラテンアメリカの原住民の人々に知られていた。
伝統はインカの時代までさかのぼって、ネガティヴなエネルギーの空気を浄化し清めるために使用した。そのスペイン語の名前でさえ神聖または聖なる物せであるとみなされたと述べています。パロサントは、南アメリカの伝統的な民族植物の薬剤で使用される最も重要な木のうちの1つである。蚊を忌避するためにインセンスとして広く使用されています。木は煎剤にされて、熱、感染症および皮膚疾患のために服用される。アンデスのシャーマンによって儀式の悪霊を取り除くのに今なお広く使用されています。

How Can Palo Santo Help Us Today?

パロサントは今日どのようにして我々を助けること出来るか?

As for modern uses, people are still discovering how beneficial this oil can be. It is in the frankincense family but found on another continent. Its fragrance can lift you to a spiritual place just as frankincense does. Testimonials have included cases where it has been found to be anti-tumoral, anti-bacterial, anti-viral, helpful for sciatic pain, and bone healing.

最新の使用法に関しては、人々はまだこの精油がどのくらい有益であるかを発見しづけています。フランキンセンスと同じ科であるが別の大陸で発見された。フランキンセンスがするようにその香りはあなたをスピリチュアルな場所へ引き上げてくれることができる。 証明には、抗腫瘍、抗菌、抗ウイルス、坐骨神経痛および骨の治癒に役立つことを解明した症例がある。

Analysis of Palo Santo oil reveals that it contains high levels of limonene, a monoterpene compound that has been found to have chemo-preventive and chemo-therapeutic effects against several types of cancer. In medical aromatherapy the oil can be used to counteracts panic attacks and anxiety, a respiratory remedy for cough, colds, and asthma, for headaches and migraines, and in massage therapy for pain and inflammation of the muscles and joints. In spiritual aromatherapy it can be beneficial for meditation, concentration, and for enhancing creativity and learning.

パロサント精油の分析で、モノテルペン炭化水素成分のリモネンを高濃度含有していることが明らかになり、リモネンはいくつかのタイプのガンにたいして化学的予防および化学療法効果があるとわかった。メディカルアロマセラピーで、精油は、パニック発作および不安の緩和、咳、風邪および喘息にたいする呼吸器治療、頭痛および編頭痛、マッサージセラピーで、筋肉および関節の痛みと炎症に使用することができます。スピリチュアルアロマセラピーで、瞑想、集中、および創造性および学習の向上に対して有益であり得ます。

You can diffuse or apply Palo Santo topically. Until you know how your skin will react, it is best to dilute Palo Santo 50-50 with a vegetable oil. As for safety, this is a non-toxic, non-irritating and non-sensitizing oil. Since this is such a relatively new oil on the market, it is best to consult a physician if pregnant.

パロサントを拡散または局所に塗布することができます。皮膚がどのように反応するかを知るまで、植物油にパロサントを50-50で希釈することが最良です。安全性に関しては、精油は無毒、非刺激、非感作であります。この精油は市場でそのように比較的新しい精油なので、妊娠しているならば、医師に意見を聞くことは最良である。

パロサント(聖なる樹)精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 05, 2008

フランジュパニーについて

フランジュパニーについて

Magical use

マジカルな使用:

The essence of this fragrance epitomizes divine perfection. It can be used for meditation on perfect love and perfect trust. It is a perfect offering to the Gods and lends scented wings to your prayers. Its divine scent may inspire divine benevolence and mercy. Frangipani can also be used in funeral rites. It blesses the soul of the departed and reminds those left behind of the immortal nature of the soul and its long journey through the many cycles of life. Frangipani is perfect for blessing a sacred union or hand-fasting, to invoke the highest form of spiritual and sensual love.

フランジュパニーの香りエッセンスは神の完全を物語っています。完全な愛および完全な信頼基づいて瞑想に使用することができる。全てを神に捧げて祈りに香りのついた翼を加えます。その神の香りは慈悲と寛容をもたらすかもしれない。フランジュパニーは葬式に使われることともできる。故人の魂を祝福して残された人々に魂の永遠な本質および輪廻を通してのその長い旅を思い出させる。フランジュパニーは聖なる結合または婚約を祝福するには完全であって、最高の形のスピリチュアルおよび官能の愛を呼び起こします。

Scent:

香り

A rich, sweet, heady, floral scent. Blends well with Vetivert, Agarwood, Ylang Ylang and Sandalwood

豊潤で甘く目がくらむような花のかおり。相性のよい精油:ベチバー、沈香、イランイランおよびサンダルウッド

Aromatherapy

アロマセラピー

Frangipani is particularly valued for its emotionally uplifting properties. It soothes many emotional problems and can help those who working through psychological blockages associated with love and sexual fulfilment. It can be used in aromatherapy perfumes and skin care preparations to lend a beautiful fragrance to your blends.

フランジュパニーは特に感情を高揚させる作用があることで評価されています。多くの感情的問題を和らげて愛情および性的満足に関連する心理的ブロックを克服する人々に役にたつことができます。素晴らしい香りをブレンドに付加するためにアロマセラピーの香水およびスキンケア製品で使用されることができる。

フランジュパニー精油をお買いもとめのお客様から効能に関しての問い合わせがあらい調べたところ上記な文章を見つけたので訳しました。精油に関する記事を探しましたがなかなか見つかりませんでした。

精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ


| | Comments (0)

September 04, 2008

ネイティヴアメリカンの精油

現在、ネイティヴアメリカンの精油として、ホワイトセージ・学名:Salvia apiana・シソ科、デザートセージ・学名:Artemisia tridenta・キク科を販売しています。

ネイティヴアメリカンの儀式には、スイートグラス、学名:Hierochloe odorata・イネ科、ピニオンパイン・Pinus edulis・マツ科、ロッキーマウンティンジュニパー・Juniperus scopulorum・ヒノキ科が使用されていいることを知りました。

これらの精油があることを知りましたが入手先がまだ特定できていないです。これらの精油にはスピリチュアルナ作用がある香りだと思います。

先日、ジュニパーネパールを入手してお客様からスピリチュアルナスピリチュアルナ効果がある精油だと言われました。ロッキーマウンティンジュニパーにも同じような作用があるかと思います。

また、これらの植物にかんしても調べてみたいと思ってます。

ネイティヴアメリカン&インカ精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 03, 2008

マスティック・精油

マスティック

学名:Pistacia lentiscus

科名:ウルシ科

原産国:モロッコ(野生)

抽出方法:水蒸気蒸留 

抽出部位:樹幹の樹脂

エレメント:空気、

占星術:太陽

主要成分

α-ピネン、ミルセン、リオモネン、カンフェン、β-カリオフィレン、

作用

静脈鬱滞除去、リンパ腺鬱滞除去、抗菌、去痰、利尿、防虫、抗痙攣

適用

皮膚:切り傷、吹き出物、白癬、虫よけ

呼吸器系:気管支炎、カタル症状、百日咳

筋肉、骨格:関節炎、リウマチ、痛風、坐骨神経痛

消化器系:鼓腸、しゃっくり、大腸炎

泌尿器系:膀胱炎、こしけ、尿道炎

免疫系:風邪

神経系:神経痛 

参考資料
エッセンショナルオイル総覧2007
The Aromatherapy Practitioner Reference Manual
The Illustrated Encyclopedia of Essential Oils

マスティック精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 02, 2008

カブリューバ・精油

カブリューバ・精油

学名:Myrocarpus fastigiatus

科名:マメ科  

原産国:南アメリカ 

抽出方法:水蒸気蒸留 

抽出部位:木部

主要成分

ネロリドール(約80%)、ファーネソル(2.5%),ビザボール

作用:抗炎症、消毒、傷痕形成、

適用

皮膚:切り傷、傷痕、アトピー性皮膚炎

呼吸器系:喘息、気管支炎、咳

筋肉、骨格:関節炎、リウマチ

神経系:神経緊張、

相性の良いオイル:ローズ、カシア、ミモザ、シダーウッド

カブリューバ・精油お求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0)

September 01, 2008

スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性(2)

スパイクナード(ナルドの香油)精油の健康有益性(2)

•Anti Inflammatory: This property of Spikenard, which in inherited by its essential oil too, makes it fight nearly all sorts of inflammations, be it nervous, be it in the digestive system or be it in the respiratory system.

抗炎症作用

精油にも継承されているスパイクナードの抗炎症作用もまた、神経、消化器系または呼吸器系のほぼ全ての種類の炎症と戦います。

•Deodorant: The earthy and wet soil like mossy fragrance of Essential Oil of Spikenard is really a pleasure to the nostrils and the mind. It is very soothing on nerves and mind and gives a comfortable feeling. So, no wonder that such a fragrance would be used as a deodorant. Further, it is not harsh and does not give you headaches or allergies like many synthetic deodorants do.

デオドラント作用
スパイクナード精油の土のようで苔のような湿った土壌の匂いはまさに鼻孔および心への喜びである。神経および心を非常に和らげて心地よい感覚を与える。それで、そのような香りがデオドラントとして使われるのも不思議ではない。更に、香はどきつくなけて、頭痛または多くの合成デオドラントが引き起こすアレルギーを与えない。

•Laxative: The constipation or improper excretion is the root to almost seventy percent of ailments we suffer from. It is mentally and psychologically disturbing too. Laxatives are there to help you out, but many of them (particularly the synthetic ones) are very harsh on the entire digestive and excretory system and dry out the inner walls of food pipe, intestines and excretory tracts by washing out the mucus membrane.

緩下作用

便秘または排泄の乱れは苦しめている病気のほぼ70%の根源である。また、精神的および心理的に妨害するものである。緩下薬はあなたに役に立ちますが、多くの薬(特に合成薬品)は全ての消化器系および排泄系に極めて厳しくて、粘膜を洗いおとすことによって食道、腸管および排泄管の内壁を乾かす。

•Sedative: It is a well known sedative and helps maintain physical, mental and psychological balance. It sedates inflammations in digestive and nervous system, irritations, nervous afflictions, convulsions, depression, stress and feelings like anxiety, anger, panic etc. It also sedates cardiac problems such as abnormal palpitations, restlessness etc. This sedating and relaxing also helps patients of insomnia to get sleep.

鎮静作用

鎮静作用は良く知られていて身体、精神および心理のバランス維持に役に立ちます。消化器系および神経系、刺激、神経症、痙攣、うつ病、ストレスおよび不安のような感覚、怒り、パニック、その他での炎症を鎮静させる。また、 異常な動悸、落ち着かない、その他などの心疾患を鎮静させる。また、この鎮静およびリラックスは不眠患者が眠れることに役立ちます。

•Uterine: This oil is used as depurative for the uterus and the ovaries. It stimulates uterus and ovaries and secretion of hormones like estrogen and progesterone which help maintain proper health and reproductive capabilities of these organs.

子宮作用

スパイクナード精油は子宮および卵巣の浄化剤として使用されている。精油は子宮、卵巣、適切な健康およびこれらの器官の生殖能力の維持に役立つエストロゲンおよびプロゲステロンようなホルモン分泌を刺激する。

•Other Benefits: It can be used to treat allergies, fever, haemorrhoids, varicose veins, pain of angina etc. and for aiding regeneration of cells, healing of wounds, circulation of blood & lymph and secretion of hormones and enzymes. In aromatherapy, this oil is employed for inducing mental peace, harmony, truthfulness etc.

その他の有益性

アレルギー、熱、痔、静脈瘤、狭心症の痛みなどの治療に使用が出来て、細胞再生、創傷治癒、血液およびリンパの循環とホルモンおよび酵素の分泌を補助するために使用できます。アロマセラピーで、スパイクナード精油は精神的な平和、調和、真実などを誘発するために用いられる。

varicose veins 静脈瘤
angina 狭心症

•Few Words of Caution: No threats. This oil is non irritant and non toxic.

注意事項

身体の危害はない。スパイクナード精油は刺激的でなくて有毒ではないです。

•Blending: The essential oils of frankincense, lavender, myrrh, orange, petit grain, rose and sage blend well with the Essential Oil of Spikenard.

相性のよい精油

フランキンセンス、ラベンダー、ミルラ、オレンジ、プチグレイン、 ローズ、セージとスパイクナードのブレンドは良いです。

| | Comments (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »