« ジュニパーベリー精油について | Main | 学名(属名)は同じだが(種小名)違う精油・フランキンセンス、ジュニパー »

September 09, 2008

ジャスミン アブソリュート・精油

ジャスミン アブソリュート・精油

学名:Jasminum grandiflorum

Jasminum:アラビア語の植物名ysmynのラテン語化 
grandiflorum:大きい花の

和名:オオバナソケイ

植物の特徴
花は大きく、径3.5cmくらい。世界有用植物事典より

科名:モクセイ科 ソケイ属  

抽出部位:花 

抽出方法:溶剤抽出 

産地:インド 

安全性:人によってアレルギー症状および皮膚感作作用

主要化学成分(エッセンシャルオイル総覧2007より)

酢酸ベンジル(15-60%)、ヘネコサン(10%)、イソフィトール(10%)、酢酸フィティル(9%)、フィトール(7%)、酢酸リナリル(7%)、ベンジルアルコール(6%)、安息酸ベンジル(4.5-12%)、リノレン酸メチル(4.5%)、ジャスモン酸メチル(3.8)、安息酸cis-3-ヘキセニル、リナロール、オイゲノール、cis-ジャスモン、インドール、アンスラニル酸メチル他、多数の成分が含まれる。

作用

鎮痛、抗うつ、抗炎症、消毒、鎮痙、催淫、駆風、はんこん形成、去痰、子宮強壮

適用

皮膚:乾燥肌、脂性肌、かゆみ

循環器系、筋肉、関節:筋肉の痙攣、捻挫

呼吸器系:カタル症状、咳

泌尿器系:月経困難症、不感症

神経系:うつ病、神経疲労、ストレス症状

相性の良い精油

クラリーセージ、サンダルウッド、ローズ、シトラス系精油

ジャスミンの香り

ジャスミンの花の香り成分はそれぞれの産地、収穫時期、収穫時間によって異なる。例えば気温が比較的低いグラース地方のジャスイミンはIndole含有量は少なく香調は繊細かつ芳醇であるが、イタリア、モロッコ、エジプトと気温がたかまるにつれて、Indole含有量が増加し、香調が荒々しくなる。

花は日没後に開花し夜半すぎに満開となるので、香りがもっとも調和した午前5時~9時までに収穫するのが好ましく、それ以前にいってもIndole香気と他の香気成分の調和が不十分であり、それ以降では香気成分の蒸散が始まりいずれも良質なアブソリュートを得ることができない。香料と調香の基礎知識 中島基貴編著 産業図書

ジャスミンの精神的な作用

With Jasmine we are helped to understand that there is no division between physical and Divine Love.

ジャスミンで、肉体と神聖な愛との間には境目がないことを理解することに役に立ちます。

In common with Rose, this is an aroma favoured by the Angels. If you smell Jasmine when you know there is none nearby, an Angel has almost certainly passed your way. Conversely, if you wish to draw angelic beings toward you , use one drop of Jasmine with suitable affairmation or Visualization.

ローズと同様に、ジャスミンの香りはエンジェルに好まれています。周りに誰も居ない時にジャスミンの香りを嗅ぐと、エンジェルがほぼ確実にあなたのそばを通り過ぎた。反対に、エンジェルをあなたに引き寄せたいならば、一滴のジャスミンを用いて、適切なアファーメーションまたはビジュアライゼーションを行ってください。

Subtle Aromatherapy Patricia Davisより

ジャスミンの脳刺激

Professor Shizuo Torii and coleagues at Toho University School of Medicine in Tokyo, showed that jasmine increase alertness by stimulating beta brain-wave activity and the CNV(contingent negative variable), both attention brainwaves, as measured by EEG(electroencephalogram) or CNV amplitude.

東邦大学医学部の鳥居鎮夫教授らは、脳電図EEGまたは電位変動(CNV)の振幅による測定で、ジャスミンが両方の注意の脳波、脳のベーター波活性および電位変動(CNV)を刺激することによって覚醒を増大させることを示した。 Aromatherapy Scent Psyche ,Peter & Kate Damian著より

精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« ジュニパーベリー精油について | Main | 学名(属名)は同じだが(種小名)違う精油・フランキンセンス、ジュニパー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ジュニパーベリー精油について | Main | 学名(属名)は同じだが(種小名)違う精油・フランキンセンス、ジュニパー »