« チャンパカAbs・精油 | Main | アレルギー性接触皮膚炎を引き起こす精油化学成分名と精油 »

September 12, 2008

パロサント(聖なる樹)精油の成分分析表

フィトアロマ研究所の精油には成分分析表のある精油とないのがあります。精油によっては文献を調べるとどのような成分が含有されているかわかるのもあります。

しかし、希少精油になると成分がはっきりしないものがあります。また、主要成分はわかるが他にどのような成分が含有されているかとなるとわからなくなります。

今まではネパールの精油に関しては成分内容が分かりませんでしたが今回から化学分析表を頂けることになって紹介ができました。ネティヴアメリカン関連の精油にも化学分析表を入手できるようになりました。

精油もできるかぎり化学分析表付きの精油にしていくつもりです。

尚、一部の希少精油に関しては成分分析表入手が困難なのでこちらで調べることができないかと考えていましたところフランスで分析をしてくれるとこが見つかりお願いすることにしました。

幸せを呼ぶ香りとして知られているパロサント(聖なる樹)の精油をフランスで分析してもらいました。

グラフと調べた成分名(112種類)が送られてきました。

パロサント・精油

学名:Bursera Graveolens

科名:カンラン科 (フランキンセンスはカンラン科)

抽出部位:木部 抽出方法:水蒸気蒸留 原産地:エクアドル


フランスで分析した成分化学分析表

モノテルペン炭化水素

リモネン:63.03%、パラシメン:0.59%、β-ミルセン:0.12%、α-ピネン:0.07%、β-ピネン:0.02%

モノテルペンアルコール

α-テルピネオール:8.19%、トランス-ピノカルベオール:1.20%、リナロール:0.12%、テルピネン-4-ol:0.05%、
δ-テルピネオール:0.02%

エステル

メントフラン:9.66%、

ケトン

カルボン:1.72% プレゴン:1.22%、イソメントン:0.20%、メントン:0.16%

セスキテルペン炭化水素

ゲルマクレンD:1.20%、γ-ムウロレン:0.67%、β-エレメン:0.44%、α-ファルネセン:0.40%、δ-カジネン0.28%、γ-カジネン:0.28%、ツヨプセン:0.24%、β-ビザボレン:0.24、β-クベベン:0.16%,α-コパイエン;0.15%、
α-クルクメン:0.12%、β-フェランドレン:0.09%,テルピノレン:0.01%


アルデヒド

ネラール:0.38%、ペリルアルデヒド:0.06%


酸化物

1.8シネオール:0.14%

パロサント(聖なる樹)精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ


|

« チャンパカAbs・精油 | Main | アレルギー性接触皮膚炎を引き起こす精油化学成分名と精油 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« チャンパカAbs・精油 | Main | アレルギー性接触皮膚炎を引き起こす精油化学成分名と精油 »