« スパニッシュセージ精油新発売 | Main | フランキンセンス(乳香)オイル膀胱がん細胞を殺す(2) »

March 26, 2009

フランキンセンス(乳香)オイル膀胱がん細胞を殺す

Frankincense oil derived from Boswellia carteri induces tumor cell specific cytotoxicity 学名ボスウエリア カルテリ由来のフランキンセンス(乳香)オイルは腫瘍細胞に特異的な細胞毒性を誘発する Background Originating from Africa, India, and the Middle East, frankincense oil has been important both socially and economically as an ingredient in incense and perfumes for thousands of years. Frankincense oil is prepared from aromatic hardened gum resins obtained by tapping Boswellia trees. 背景 アフリカ、インドおよび中東原産のフランキンセンス(乳香)オイルは、数千年の間も香料および香水の原料として、社会的および経済的の両方で重要だった。フランキンセンスオイルはボスウェリア属の樹木に刻み目をつけることによって得られる芳香の固形ガム樹脂から作られる。 One of the main components of frankincense oil is boswellic acid, a component known to have anti-neoplastic properties. The goal of this study was to evaluate frankincense oil for its anti-tumor activity and signaling pathways in bladder cancer cells. フランキンセンスオイル(乳香油)の主要成分のひとつはボスウェリア酸で抗悪性腫瘍特性を有する成分として知られている。本研究の目的は、膀胱がん細胞で抗腫瘍作用およびシグナル伝達経路に対するフランキンセンス(乳香)オイルを評価することであった。 anti-neoplastic properties:抗悪性腫瘍特性 anti-tumor activity:抗腫瘍作用 signaling pathways:シグナル伝達経路 bladder cancer cells:膀胱がん細胞 Method Frankincense oil-induced cell viability was investigated in human bladder cancer J82 cells and immortalized normal bladder urothelial UROtsa cells. Temporal regulation of frankincense oil-activated gene expression in bladder cancer cells was identified by microarray and bioinformatics analysis. 方法 フランキンセンスオイル誘発の生細胞数がヒト膀胱がんJ82細胞で研究されて正常膀胱尿路上皮UROtsa細胞を不滅にした。膀胱がん細胞でフランキンセンスオイル活性による遺伝子発現の時間制御はマイクロアレイおよび生物情報学分析によって確認された。 cell viability 生細胞数 Urothelial Cells:尿路上皮細胞. microarray analysis:マイクロアレイ分析 bioinformatics analysis 生物情報学分析 Results Within a range of concentration, frankincense oil suppressed cell viability in bladder transitional carcinoma J82 cells but not in UROtsa cells. Comprehensive gene expression analysis confirmed that frankincense oil activates genes that are responsible for cell cycle arrest, cell growth suppression, and apoptosis in J82 cells. However, frankincense oil-induced cell death in J82 cells did not result in DNA fragmentation, a hallmark of apoptosis. 結果 濃度の範囲内で、フランキンセンスオイル(乳香油)は膀胱移行上皮がんJ82細胞で生細胞数を抑制したがUROtsa細胞では抑制しなかった。包括的遺伝子発現分析は、フランキンセンスオイルがJ82 細胞で細胞周期停止、細胞増殖抑制、およびアポトーシス を誘導する遺伝子を活性化することを確認した。しかし、フランキンセンスオイル誘発のJ82細胞での細胞死はアポトーシスの特徴であるDNA断片化の結果でなかった。 transitional carcinoma cells 移行上皮がん Comprehensive gene expression 包括的遺伝子発現 cell cycle arrest:細胞周期停止 cell growth suppression:細胞増殖抑制 apoptosis:アポトーシス Conclusion Frankincense oil appears to distinguish cancerous from normal bladder cells and suppress cancer cell viability. Microarray and bioinformatics analysis proposed multiple pathways that can be activated by frankincense oil to induce bladder cancer cell death. Frankincense oil might represent an alternative intravesical agent for bladder cancer treatment. 結論 フランキンセンスオイル(乳香油)は、正常な膀胱細胞とがん細胞を区別してがんの生細胞数を抑制する。マイクロアレイおよび生物情報学分析は膀胱がん細胞死を誘導するフランキンセンスオイルによって活性化できる複数の経路を提案した。乳香油は膀胱がん治療の代替膀胱内注入剤を表現しているかものしれない。 intravesical agent 膀胱内注入剤 上記の記事ではどこで研究されたが書いていないので下記の記事で紹介します。 H.K. Lin and his team at the University of Oklahoma Health Sciences Center and Oklahoma City VA Medical Center evaluated frankincense oil for its anti-tumor activity in bladder cancer cells. 米国オクラハマ州立大学、ライフサイエンスセンターおよびオクラハマシティー・メディカルセンターのH.K. Linおよびそのチームが膀胱がん細胞で抗腫瘍作用対してのフランキンセンス(乳香)オイルを評価した。 フランキンセンス成分ボスウェリア酸皮膚疾患に有効 フランキンセンスCO2精油成分酢酸インセンスオールl、うつ病および不安に効果? フランキンセンス成分酢酸インセンスオール脳を活性http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2008/10/post-4cbd.html 帝京大学、医真菌研究センター、井上 重治先生の抗菌アロマセラピー入門講座募集中 抗菌アロマセラピー講座3月29日(日曜日)お知らせ 井上重治先生は、フレグランスジャーナル社よりー〈サイエンスの目で見る〉ハーブウォーターの世界ーを出版されます。

|

« スパニッシュセージ精油新発売 | Main | フランキンセンス(乳香)オイル膀胱がん細胞を殺す(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スパニッシュセージ精油新発売 | Main | フランキンセンス(乳香)オイル膀胱がん細胞を殺す(2) »